1. 歌詞検索UtaTen
  2. 石川さゆり

石川さゆりの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

津軽海峡・冬景色

上野発の 夜行列車 おりた時から 青森駅は 雪の中

花が咲いている

花が咲いている 風にゆれながら ほほえみをあなたへとつなぐために いつまで 歩くの

天城越え

隠しきれない 移り香が いつしかあなたに 浸みついた 誰かに盗られる

人間模様

上手に口説いて くれたなら 今すぐ返事が 出来るのに 大事な時には

夫婦人情

通天閣まで 泣き出すような 浪花の町に にわか雨 止まない雨など

オリーブの島

海をわたって 乾いた風が オリーブの花 揺らして行くわ あなたが育った

酔って候

笑っちゃいますか 浮気されて 笑っちゃいますか 涙ウルウル 許しちゃうのが女だと?

朝花

夏は過ぎ 胸に残る唄ひとつ あのひとと 唄った 唄がひとつ

恋しゅうて

男はいつも 嘘をつくのが下手だから やさしさがいつも この胸えぐってた 海は荒波

風の盆恋歌

蚊帳の中から 花を見る 咲いて はかない 酔芙蓉

ちゃんと言わなきゃ愛さない(ルパン三世(第4シリーズ) ED)

やめて やめないで ちょっと待って ちゃんと星空に誓って

あぁ… あんた川

夢の続きが あるのなら 連れて逃げると 言った人 川の流れが

名うての泥棒猫

泥棒猫呼ばわりか 人聞きの悪い事を 云うじゃあないか 箆棒め言い掛りよ あのひとは春猫さ

酒供養

ふったふられたのって ぐちゃぐちゃ言っても切ないし ここでしょげてちゃ 日本の明日はどうなるの 飲んじゃえ

波止場しぐれ

波止場しぐれが 降る夜は 雨のむこうに 故郷が見える ここは瀬戸内

暗夜の心中立て

好きと云はれりや誰にでも からだをひらくをんなだと 世間がわちきを嘲笑ふのを 知らぬわけではありんせん だけどこの命

十六夜円舞曲

季節を幾つ 重ねても 体を幾夜 重ねても こころ縛れた

大阪のおんな

お酒飲まなきゃ いい人なのに いい人なのに 酒があんたを また変える

能登半島

夜明け間近 北の海は 波も荒く 心細い旅の女 泣かせるよう

千年逃亡

娘儚く女一色 貴方はいつもの過去語り… 心さんざめく忘れな草 本当の幸せなんですか?

だいこんの花

賑やかに 笑って一生 泣くのも一生 どちらかというなら 笑って暮らす

お酒をダブルで

酔ったみたいと 揺れながら ガラスの街の とまり木で おとぎばなしも

星の旅びと

やさしさを求めて この町まできたの ほんとの自分を さがすため 鳥や風の歌に

春夏秋冬

きらきらり 春 あぜ道 漕ぎ出した自転車 あなたの手から離れ

花は咲く

真っ白な 雪道に 春風香る わたしは なつかしい

港唄

貼り紙ひとつで 港の酒場に 荷物をほどいて もう六月 小雪がちらちら

ウイスキーが、お好きでしょ

ウイスキーがお好きでしょ もう少ししゃべりましょ ありふれた 話でしょ それで

ほたる

言葉に出したら 心が逃げる 逢って下さい 夕顔どきに 一度だけ

飢餓海峡

ちり紙につつんだ 足の爪 後生大事に 持ってます あんたに逢いたくなったなら

百年の抱擁

人の言葉は当てにならない 流す涙も仮面の涙 ああ 抱擁の時の時ー くらり

全て見る

関連ハッシュタグ