1. 歌詞検索UtaTen
  2. 石川さゆり

石川さゆり

関連ハッシュタグ

石川 さゆり(いしかわ さゆり)は、1958年熊本県出身の演歌歌手である。
小学1年生の時に島倉千代子の歌謡ショーに感動したことをきっかけに歌手を志す。1972年フジテレビ系列番組「ちびっ子歌謡大会」への出場をきっかけに事務所に所属することとなる。1973年から1997年まではホリプロに所属していたが、1997年から現在は個人事務所株式会社さゆり音楽舎を設立し、独立している。レーベル契約は、1973年から1993年までは日本コロムビアと契約していたが、1993年からポニーキャニオンに移籍し、また2000年からテイチクエンタテインメントに移籍し、現在に到っている。
1973年には「かくれんぼ」をリリースし、アイドル歌手としてのデビューを果たす。1977年に前年に発売されたアルバム『365日恋もよう』からシングルカットされた「津軽海峡・冬景色」で72.7万枚を売り上げ、大ブレイクを成し遂げる。これにより、同年末のTBSテレビ系「第19回日本レコード大賞」歌唱賞や、フジテレビ系列「FNS歌謡祭」グランプリ・最優秀歌唱賞・最優秀視聴者賞を受賞するなど、数多くの音楽賞を受賞し、第28回NHK紅白歌合戦への初出場を果たした。これ以降も、「天城越え」などの多くのヒット曲を生み出し、日本を代表する女性演歌歌手となり、現在NHK紅白歌合戦に最も出場している女性歌手である。(2018年)。
2015年にはTBSテレビ「第57回日本レコード大賞」日本作曲家協会奨励賞を受賞、2018年には芸術選奨文部科学大臣賞を受賞するなど、日本の音楽界を今なお引っ張る存在感を放っている。

石川さゆりの特集

石川さゆりの関連動画

全て見る

石川さゆりのニュース

石川さゆりの歌詞一覧

全て見る

タイトル アーティスト 歌い出し

津軽海峡・冬景色

石川さゆり 上野発の 夜行列車 おりた時から 青森駅は 雪の中

天城越え

石川さゆり 隠しきれない 移り香が いつしかあなたに 浸みついた 誰かに盗られる

大阪つばめ

石川さゆり 雨の降る夜は 人恋しくて 夢がぬれます ネオンがしみる とんでゆきたい

大阪のおんな

石川さゆり お酒飲まなきゃ いい人なのに いい人なのに 酒があんたを また変える

夫婦人情

石川さゆり 通天閣まで 泣き出すような 浪花の町に にわか雨 止まない雨など

恋しゅうて

石川さゆり 男はいつも 嘘をつくのが下手だから やさしさがいつも この胸えぐってた 海は荒波

花が咲いている

石川さゆり 花が咲いている 風にゆれながら ほほえみをあなたへとつなぐために いつまで 歩くの

波止場しぐれ

石川さゆり 波止場しぐれが 降る夜は 雨のむこうに 故郷が見える ここは瀬戸内

火の国へ

石川さゆり あなた なしでも 生きられる そんな女に なりたいと

こゝろ花

石川さゆり はらり ほろり 白雪纏い はらり ほろり

暗夜の心中立て

石川さゆり 好きと云はれりや誰にでも からだをひらくをんなだと 世間がわちきを嘲笑ふのを 知らぬわけではありんせん だけどこの命

夏うれしいね

石川さゆり 夏は、あまく すっぱい林檎飴 赤い鼻緒で駆けてきた 私の額をひとさし指で あなた

春夏秋冬

石川さゆり きらきらり 春 あぜ道 漕ぎ出した自転車 あなたの手から離れ

風の盆恋歌

石川さゆり 蚊帳の中から 花を見る 咲いて はかない 酔芙蓉

十六夜円舞曲

石川さゆり 季節を幾つ 重ねても 体を幾夜 重ねても こころ縛れた

人間模様

石川さゆり 上手に口説いて くれたなら 今すぐ返事が 出来るのに 大事な時には

うたかた

石川さゆり のれん しまって あなたのそばで お酒をつぎたい つがれたい

ちゃんと言わなきゃ愛さない(ルパン三世(第4シリーズ) ED)

石川さゆり やめて やめないで ちょっと待って ちゃんと星空に誓って

長崎ぶらぶら節

石川さゆり 長崎名物 はた揚げ 盆まつり 秋はお諏訪のシャギリで 氏子がぶうらぶら

湯の花KOUTA

石川さゆり ひとつコタツに 情けのふとん ふたつ違いの 妻ある人と 三月三年

北の女房

石川さゆり 海が時化れば 眠りも浅い まして オンボロ オンボロ船だよ

オリーブの島

石川さゆり 海をわたって 乾いた風が オリーブの花 揺らして行くわ あなたが育った

酔って候

石川さゆり 笑っちゃいますか 浮気されて 笑っちゃいますか 涙ウルウル 許しちゃうのが女だと?

長良の萬サ

石川さゆり 出がけ半升 上がって二升 長良の萬サ 仕事酒 土手のさくらが

三味線ブギウギ

石川さゆり 三味線ブギーで シャシャリツシャンシャン さあさ 踊ろよブギウギ浮き浮き 浮いた浮いたよ

あいあい傘

石川さゆり 壁に描いたいたずら書き あいあい傘の 下に並ぶ 金釘文字 二人の名前

心の酒

石川さゆり 楚々と飲む 心づくしの酒もあり ぐいと飲む 心満たしの酒もある 思い出を

夫婦善哉

石川さゆり 浮草ぐらしと あなたが笑う 肩に舞うよな 露地しぐれ なにも

ニヒルに愛して

石川さゆり ぎゅっと腕を絡めていても 別々の景色を見てる だけど二人 何度生まれ変わっても同じ...

Ra.n.se

石川さゆり 諦めようとしました 忘れる…ためらいました あなたは誰かを愛し 私はカゲロウになる

酒供養

石川さゆり ふったふられたのって ぐちゃぐちゃ言っても切ないし ここでしょげてちゃ 日本の明日はどうなるの 飲んじゃえ

なごり雨

石川さゆり ふたりの名前を ボトルに描いた 相合傘は まだありますか 逢いたいの

人生情け舟

石川さゆり 渡る世間の 冷たさつらさ こぼす涙の しょっぱさにがさ なんのかんのと

純・情歌

石川さゆり これが最後と知りながら 深くあなたと結ばれて あの日から愛せない あなた以外誰も

春夏秋秋

石川さゆり ああ 私 もう冬に 生きたくありません 春夏秋秋

百年の抱擁

石川さゆり 人の言葉は当てにならない 流す涙も仮面の涙 ああ 抱擁の時の時ー くらり

名うての泥棒猫

石川さゆり 泥棒猫呼ばわりか 人聞きの悪い事を 云うじゃあないか 箆棒め言い掛りよ あのひとは春猫さ

夫婦三昧

石川さゆり 勝った敗けたと 世間はいうが 生きてりゃ山あり 谷もある どんなときにも

商売やめた

石川さゆり 船が港に 着いた夜は 街に立つ女には 書き入れ時なの ミンクを襟に

不忍恋歌

石川さゆり いくつか恋もしました 傷付いた日もあります 次に恋するなら気楽な 深入りしないものをと 決めてた筈が駄目です

飢餓海峡

石川さゆり ちり紙につつんだ 足の爪 後生大事に 持ってます あんたに逢いたくなったなら

傷だらけの恋

石川さゆり 愛の歓び 花にして かぎりを知らぬ 夢を編み 天のおくつき

あぁ… あんた川

石川さゆり 夢の続きが あるのなら 連れて逃げると 言った人 川の流れが

ウイスキーが、お好きでしょ

石川さゆり ウイスキーがお好きでしょ もう少ししゃべりましょ ありふれた 話でしょ それで

沈丁花

石川さゆり 降りしきる 雨の吐息に 濡れて傾く 沈丁花 許されぬ

私でよければ

石川さゆり 私にいけない ところがあれば 直してみせます 望むまま 愛する人に

一茶でがんばれ!

石川さゆり 痩蛙 まけるな一茶 是に有り 泣くな嘆くな

ラブ・スコール

石川さゆり Love squall It's my love

千年逃亡

石川さゆり 娘儚く女一色 貴方はいつもの過去語り… 心さんざめく忘れな草 本当の幸せなんですか?

朝花

石川さゆり 夏は過ぎ 胸に残る唄ひとつ あのひとと 唄った 唄がひとつ

全て見る