石川さゆりの歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 石川さゆり
  3. 石川さゆりの歌詞一覧

よみ:いしかわさゆり
石川さゆりの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2023年6月7日

226 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

津軽海峡・冬景色

石川さゆり

作詞: 阿久悠

作曲: 三木たかし

歌詞:上野発の 夜行列車 おりた時から 青森駅は 雪の中

天城越え

石川さゆり

作詞: 吉岡治

作曲: 弦哲也

歌詞:隠しきれない 移り香が いつしかあなたに 浸みついた 誰かに盗られる

愛されるために君は生まれた

石川さゆり

作詞: KREVA ..

作曲: KREVA ..

歌詞:目覚めた世界のどこかで 今日もまた産声が上がる 眩しい朝陽と喜びに包まれながら ようこそ新たな命

風の盆恋歌

石川さゆり

歌詞:蚊帳の中から 花を見る 咲いて はかない 酔芙蓉

ウイスキーが、お好きでしょ

石川さゆり

作詞: 杉真理

作曲: 田口俊

歌詞:ウイスキーがお好きでしょ もう少ししゃべりましょ ありふれた 話でしょ それで

波止場しぐれ

石川さゆり

作詞: 吉岡治

作曲: 岡千秋

歌詞:波止場しぐれが 降る夜は 雨のむこうに 故郷が見える ここは瀬戸内

約束の月

石川さゆり

作詞: Kinuyo

作曲: 三木たかし

歌詞:あれこれと思う事 夜空を見上げて冬の月 忘れない 約束は 百年たって逢いましょう

残雪

石川さゆり

歌詞:夜明け直近の北の空は 渡る鳥さえ凍りつく 渡る鳥さえ凍りつく 遠くに見える山並みに かすかに白く残雪光る

東雲節

石川さゆり

歌詞:何をくよくよ川端柳 焦がるるなんとしょ 水の流れを見て暮らす 東雲のストライキ さりとはつらいね

飢餓海峡

石川さゆり

作詞: 吉岡治

作曲: 弦哲也

歌詞:ちり紙につつんだ 足の爪 後生大事に 持ってます あんたに逢いたくなったなら

刈干切唄

石川さゆり

歌詞:ここの山の 刈干しゃすんだよ あすはたんぼで 稲かろかよ

能登半島

石川さゆり

作詞: 阿久悠

作曲: 三木たかし

歌詞:夜明け間近 北の海は 波も荒く 心細い旅の女 泣かせるよう

南部俵積み唄

石川さゆり

歌詞:ハアー 春の始めに この家旦那様サ 七福神がお供して コラ

人間模様

石川さゆり

作詞: 阿久悠

作曲: 杉本眞人

歌詞:上手に口説いて くれたなら 今すぐ返事が 出来るのに 大事な時には

春の雪

石川さゆり

作詞: 吉岡治

作曲: 岡千秋

歌詞:愛してなくて よかったと たたく背中の いとしさ憎さ こぶしの

昔美しゃ 今美しゃ

石川さゆり

作詞: BEGIN

作曲: BEGIN

歌詞:昔おじいがよ サバニにゆられてよ 渡るこの海の 海の美しゃよ

斉太郎節

石川さゆり

歌詞:松島のサーヨー瑞巌寺ほどの 寺もないトエー アレワエーエエトソーリャ 大漁だエー

ちゃんと言わなきゃ愛さない(ルパン三世(第4シリーズ) ED)

石川さゆり

作詞: つんく

作曲: 大野雄二

歌詞:やめて やめないで ちょっと待って ちゃんと星空に誓って

夫婦三昧

石川さゆり

作詞: 吉岡治

作曲: 弦哲也

歌詞:勝った敗けたと 世間はいうが 生きてりゃ山あり 谷もある どんなときにも

木曽節~会津磐梯山

石川さゆり

歌詞:木曽のナー 仲乗りさん 木曽の御嶽さんは ナンジャラホイ 夏でも寒い

湯の花KOUTA

石川さゆり

作詞: 吉岡治

作曲: 杉本眞人

歌詞:ひとつコタツに 情けのふとん ふたつ違いの 妻ある人と 三月三年

春夏秋秋

石川さゆり

作詞: 阿久悠

作曲: 三木たかし

歌詞:ああ 私 もう冬に 生きたくありません 春夏秋秋

ちいさな秘密

石川さゆり

作詞: 吉岡治

作曲: 市川昭介

歌詞:あなたに逢った その日のうちに あげてもいいと 思ってた いいじゃない

長崎ぶらぶら節

石川さゆり

歌詞:長崎名物 はた揚げ 盆まつり 秋はお諏訪のシャギリで 氏子がぶうらぶら

合縁坂

石川さゆり

作詞: 吉岡治

作曲: 弦哲也

歌詞:赤い糸が 見えますか 女と男の 針仕事 もつれて

恋しゅうて

石川さゆり

作詞: 喜多條忠

作曲: 杉本眞人

歌詞:男はいつも 嘘をつくのが下手だから やさしさがいつも この胸えぐってた 海は荒波

続・夕焼けだんだん

石川さゆり

作詞: 吉岡治

作曲: 杉本眞人

歌詞:谷中銀座のお店屋さんに 買物ついでに寄り道したと 練馬の叔母ちゃん いつだって ちょんまげ芋と見合いの写真

暖流

石川さゆり

作詞: 阿久悠

作曲: 三木たかし

歌詞:私これで帰りますと 席を立った 急にたずね すみませんと 頭下げた

深川

石川さゆり

歌詞:猪牙で サッサ 行くのは深川通い サテ あがる桟橋を

ラブ・スコール

石川さゆり

作詞: 槇小奈帆

作曲: 大野雄二

歌詞:Love squall It's my love

昭和夢つばめ

石川さゆり

歌詞:(セリフ) 私たち 昭和から飛んできた つばめなのね…

一茶でがんばれ!

石川さゆり

歌詞:痩蛙 まけるな一茶 是に有り 泣くな嘆くな

会いたい

石川さゆり

作詞: 沢ちひろ

作曲: 財津和夫

歌詞:ビルが見える教室で ふたりは机、並べて 同じ月日を過ごした 少しの英語と、バスケット、そして 私はあなたと恋を覚えた

人生かぞえうた

石川さゆり

歌詞:ゼロでおぎゃあと叫んで泣いて 裸一貫 始めた人生 五つになるまで愛しか知らず 立って歩いて箸持つだけで

しあわせに・なりたいね

石川さゆり

作詞: Kinuyo

作曲: 箭内道彦

歌詞:空は青く続くのに なぜか悲しくて あの鳥のように もっと自由に飛びたいと 心は叫んでいるけれど…

ストトン節

石川さゆり

歌詞:ストトン ストトンと通はせて 今さら厭とは胴慾な 厭なら厭だと最初から言へば ストトンで

鴎という名の酒場

石川さゆり

作詞: 阿久悠

作曲: 中村泰士

歌詞:黒地に白く 染めぬいた つばさをひろげた 鴎の絵 翔んで行きたい

夏娘

石川さゆり

作詞: 垂水佐敏

作曲: 杉本眞人

歌詞:あなたの隣に くっついて ひまわり色の シャツを着て 無口なヒトねと

あぁ… あんた川

石川さゆり

作詞: 吉幾三

作曲: 吉幾三

歌詞:夢の続きが あるのなら 連れて逃げると 言った人 川の流れが

酔って候

石川さゆり

作詞: 吉岡治

作曲: 杉本真人

歌詞:笑っちゃいますか 浮気されて 笑っちゃいますか 涙ウルウル 許しちゃうのが女だと?

越前竹舞い

石川さゆり

作詞: 吉岡治

作曲: 弦哲也

歌詞:白山おろしの 風にのり 雪ふり虫がきたという 愛しい人の その胸に

夫婦善哉

石川さゆり

作詞: 吉岡治

作曲: 弦哲也

歌詞:浮草ぐらしと あなたが笑う 肩に舞うよな 露地しぐれ なにも

みちゆき博多発

石川さゆり

作詞: 阿久悠

作曲: 川口真

歌詞:右に街の灯 左に玄海 夜をひき裂く 汽車が行く 顔をかくして

奴さん

石川さゆり

歌詞:エー奴さん どちらゆく 旦那を迎えに さても寒いのに 供揃

名うての泥棒猫

石川さゆり

作詞: 椎名林檎

作曲: 椎名林檎

歌詞:泥棒猫呼ばわりか 人聞きの悪い事を 云うじゃあないか 箆棒め言い掛りよ あのひとは春猫さ

みち 今もなお夢を忘れず

石川さゆり

作詞: 阿久悠

作曲: 千住明

歌詞:この道ときめて歩いて 悔いのない時の流れを この胸に強く抱きしめ 今もなお夢を忘れず ああ吹く風に季節を感じて

琥珀

石川さゆり

作詞: 阿木燿子

作曲: 宇崎竜童

歌詞:起き抜けに あなたの名を呼び 苦笑する 春あけぼのの夢枕

木遣りくずし

石川さゆり

歌詞:格子づくりに 御神燈さげて 兄貴ゃうちかと 姐御に問えば 兄貴ゃ二階で

三味線ブギウギ

石川さゆり

作詞: 佐伯孝夫

作曲: 服部良一

歌詞:三味線ブギーで シャシャリツシャンシャン さあさ 踊ろよブギウギ浮き浮き 浮いた浮いたよ

あいあい傘

石川さゆり

作詞: 阿久悠

作曲: 三木たかし

歌詞:壁に描いたいたずら書き あいあい傘の 下に並ぶ 金釘文字 二人の名前

石川 さゆり(いしかわ さゆり、1958年1月30日 - )は、日本のアイドル・演歌歌手・女優。本名・石川 絹代(いしかわ きぬよ)。熊本県飽託郡飽田村(現・熊本市南区)出身。堀越高等学校卒業。所属音楽レーベルはテイチクエンタテインメント、所属事務所は個人事務所さゆり音楽舎。 wikipedia