1. 歌詞検索UtaTen
  2. 松原のぶえ
  3. 松原のぶえの歌詞一覧

松原のぶえの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月17日

74 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

雨降り酒

松原のぶえ

作詞:麻こよみ

作曲:弦哲也

歌詞:消したつもりの 面影が 酔えばフラリと 顔を出す 恋をして

枯葉

松原のぶえ

作詞:松原のぶえ

作曲:小松勇仁

歌詞:枯葉舞う 夕暮れは 街行く人も 足早に 誰か待つ

あなただけ

松原のぶえ

作詞:松原のぶえ

作曲:弦哲也

歌詞:遠回りの道を 歩いて迷い あの頃はあの時は 二人若過ぎて 些細なことで

春待さくら草

松原のぶえ

作詞:下地亜記子

作曲:岡千秋

歌詞:泣いちゃいけない くじけちゃダメよ 転べば起きましょ 何度でも 苦労に負けたら

愛をありがとう

松原のぶえ

作詞:髙畠じゅん子

作曲:中川博之

歌詞:あなたの笑顔に いつも支えられ あしたを信じて 強く生きてきた 世界にひとつの

男なら

松原のぶえ

作詞:吉岡治

作曲:岡千秋

歌詞:悔し涙を噛みしめて それでも肩を落とさない 見栄が男の つっかい棒と からから辛い

母と娘

松原のぶえ

作詞:たかたかし

作曲:浜圭介

歌詞:針もつ姿がちいさく見えます 白髪もこの頃 めだってきましたね 子供を育てるためにだけ 生きてきたよなあなたです

演歌みち

松原のぶえ

作詞:吉岡治

作曲:岡千秋

歌詞:爪先あがりの この坂を 誰が名づけた 浮世坂 風が背をおす

みれん岬

松原のぶえ

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:過ぎたあの日に 戻れない 知っていながら 振り返る 未練

おんなの出船

松原のぶえ

作詞:山田孝雄

作曲:船村徹

歌詞:涙 涙 涙 涙 涙枯れても

十勝厳冬

松原のぶえ

作詞:幸田りえ

作曲:徳久広司

歌詞:一夜でやつれる 別れのつらさ あなたはきっと わからない どんなに涙を

なみだの棧橋

松原のぶえ

作詞:杉紀彦

作曲:市川昭介

歌詞:どこへ行くとも 言わないで 夜明け あの人 船の上

夏…あの日の夢

松原のぶえ

作詞:Non

作曲:小松勇仁

歌詞:もう泣かない… そう決めたの あなたに別れ告げた あの日 甘えるのも

能登みれん

松原のぶえ

作詞:ないとうやすお

作曲:渡辺勝彦

歌詞:別れた後の 淋しさを 初めて知った 宵灯り 今日で涙と

夫婦坂

松原のぶえ

作詞:松原のぶえ

作曲:松原のぶえ

歌詞:苦労七坂 あなたを信じ 越えて来ました 今日まで二人 雨の降る夜は

ほおずき

松原のぶえ

作詞:津城ひかる

作曲:弦哲也

歌詞:はぐれないように この手を 引いて 夢をまっすぐ 生きるひと

愛冠岬

松原のぶえ

作詞:田中うめの

作曲:三木たかし

歌詞:遠く涙の 岬を染めて 沈む夕陽に 浜が哭く 波のうねりに

祖谷の恋唄

松原のぶえ

作詞:たかたかし

作曲:船村徹

歌詞:祖谷の七谷 今年も暮れて 空がふるえて 雪になる この胸の

松原のぶえ

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:はぐれ蛍が よりそって しあわせ手さぐり 夢さぐり きれいごとでは

バラの花束

松原のぶえ

作詞:みなみらんぼう

作曲:みなみらんぼう

歌詞:愛に挫けて 街を離れた 別れもいわずに 部屋をとび出した 古里に戻って

女の明日

松原のぶえ

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:私が選んだ 道だから 決してくじけて 泣いたりしない 辛くても

大分慕情

松原のぶえ

作詞:松原のぶえ

作曲:小松勇仁

歌詞:別府八湯 湯どころめぐり 町にたなびく 湯けむりよ 地獄めぐりに

にごり川

松原のぶえ

作詞:津城ひかる

作曲:弦哲也

歌詞:ついてゆきたい あんたとならば 地獄の果てでも ついてゆく ばかねばかね

波止場

松原のぶえ

作詞:梶野真澄

作曲:船村徹

歌詞:さよならを 言う前に 抱いて下さい も一度 淋しくて

港宿

松原のぶえ

作詞:蛭田まさに

作曲:桜田誠一

歌詞:鴎どり啼いて 啼いてョー ここはみちのく港宿 あなたを忘れる 旅なのに

夕霧岬

松原のぶえ

作詞:石本美由起

作曲:市川昭介

歌詞:誰を愛して ここまで来たと やせた私を 霧が抱く 未練でしょうか・・・

螢火の宿

松原のぶえ

作詞:鎌田かずみ

作曲:弦哲也

歌詞:去年あなたと 訪ねた宿は 螢火舞い飛ぶ 夢の宿 やさしく腕に

白い花

松原のぶえ

作詞:松原のぶえ

作曲:小松勇仁

歌詞:真白き花に想いを 託してみたけれど あなたはもう 誰かと暮らしてるのね 日ごと夜ごと

窓灯り

松原のぶえ

作詞:松原のぶえ

作曲:小松勇仁

歌詞:空にひらひら 粉雪が舞い 心さみしくなる 夜更け 人は誰でも

合掌街道

松原のぶえ

作詞:喜多條忠

作曲:小田純平

歌詞:雪の白さに あなたとの 想い出埋める 旅ですね 合掌作りの

泣かせて

松原のぶえ

作詞:松原のぶえ

作曲:小松勇仁

歌詞:泣かせてください あなたの胸で 叶わぬ想いと 知ってはいても このままで

夢しぐれ

松原のぶえ

作詞:松原のぶえ

作曲:小松勇仁

歌詞:小雪まじりの 冷たい雨が くもりガラスを 打つ夜更け 寒い冬です…

泣きぼくろ

松原のぶえ

作詞:下地亜記子

作曲:市川昭介

歌詞:捨ててゆくなら 優しさなんて 胸に残して ゆかないで あなた寒いわ

雪国夜景

松原のぶえ

作詞:滝沢富次

作曲:遠藤勝美

歌詞:夜汽車の窓の すきまから しのびこむ雪の 冷たさに 片道だけの

あさきゆめみし

松原のぶえ

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:徒然に 三十一文字で 人を恋うるつらさ 綴ります 夢の浮橋

惚れとったんや

松原のぶえ

作詞:仁井谷俊也

作曲:岡千秋

歌詞:惚れおうて連れ添うた あのひと今ではいないけど 通天閣さえ ひとり者 負けへんわ…

ありんこ

松原のぶえ

作詞:津城ひかる

作曲:弦哲也

歌詞:いつも女に かまけていたら 世の中に足を すくわれる だからしばらく

夢の星屑

松原のぶえ

作詞:堀越そのえ

作曲:宮崎慎二

歌詞:北風 ためいき 眠れない夜 くもり硝子に 冬の星座

夢見草

松原のぶえ

作詞:津城ひかる

作曲:弦哲也

歌詞:今に見てろと 啖呵を切って 夢を追いかけ 走るひと 無理をしないで

不知火挽歌

松原のぶえ

作詞:仁井谷俊也

作曲:藤竜之介

歌詞:沖でゆれてる 不知火は イカ釣り船の 漁火か いいえ愛しい

風みなと

松原のぶえ

作詞:やしろよう

作曲:伊藤雪彦

歌詞:泣いて通れば この恋に 二度と逢えなくなるという それでも涙が止まらない 波止場道

さよなら港

松原のぶえ

作詞:たかたかし

作曲:市川昭介

歌詞:忘れちゃいやよ また来てね 駈けて桟橋ヨー 後追いかける 好きになっても

涙の海峡

松原のぶえ

作詞:たかたかし

作曲:徳久広司

歌詞:あなた叱って よわむしと むかしのように 髪を撫で 宿の二階で

離愁… 秋から冬へ

松原のぶえ

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:右に若狭の海を見て 宮津すぎれば 丹後半島 あなた忘れて生きるには 強いこころが

朝顔

松原のぶえ

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:ねぇ、あなた 無理して飲む酒は たとえ酔えても 心はだませない そばにわたしがいるじゃない

維新のおんな

松原のぶえ

作詞:たかたかし

作曲:三木たかし

歌詞:明日もわからぬ 契りとしって ほどけば泣けます 紅の帯 戦はだれのためですか

待ちわびて

松原のぶえ

作詞:松原のぶえ

作曲:小松勇仁

歌詞:男は海を 渡る船 女は見守る 灯台あかり 来る日も来る日も

おんなの暦

松原のぶえ

作詞:たきのえいじ

作曲:若草恵

歌詞:睦月 如月 弥生が過ぎて 春は名ばかり 行くばかり

面影橋

松原のぶえ

作詞:海老原秀元

作曲:岡千秋

歌詞:岸のさくらも ほころんで 窓に咲く日も もう近い 別れたあなたの

ありがとう

松原のぶえ

作詞:松原のぶえ

作曲:小松勇仁

歌詞:ふるさと離れ いつの日か 長い月日が たちました 女としての