三橋美智也の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 三橋美智也
  3. 三橋美智也の歌詞一覧

三橋美智也の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月24日

56 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

五木の子守唄

三橋美智也

歌詞:おどま盆ぎり盆ぎり 盆から先ァおらんど 盆が早よ来りゃ 早よもどる

武田節

三橋美智也

作詞: 米山愛紫

作曲: 明本京静

歌詞:甲斐の山々 陽に映えて われ出陣に うれいなし おのおの馬は

古城

三橋美智也

歌詞:松風騒ぐ 丘の上 古城よ独り 何偲ぶ 栄華の夢を

哀愁列車

三橋美智也

作詞: 横井弘

作曲: 鎌多俊与

歌詞:惚れて 惚れて 惚れていながら 行く俺に 旅をせかせる

達者でナ

三橋美智也

作詞: 横井弘

作曲: 中野忠晴

歌詞:わらにまみれてヨー 育てた栗毛 今日は買われてヨー 町へ行くアーアー オーラ

岩手の和尚さん

三橋美智也

作詞: 矢野亮

作曲: 吉田矢健治

歌詞:大寒 小寒 山からこがらし 降りて来た 岩手の和尚さん

村祭

三橋美智也

歌詞:村の鎮守の神様の 今日はめでたい御祭日 どんどんひゃらら どんひゃらら どんどんひゃらら

男涙の子守唄

三橋美智也

歌詞:木枯し寒く 夜は更けて 月はさゆれど 身は悲し 坊やよい子だ

快傑ハリマオの歌(快傑ハリマオ OP)

三橋美智也

作詞: 加藤省吾

作曲: 小川寛興

歌詞:まっかな太陽 燃えている 果てない南の 大空に とどろきわたる

流れ星だよ

三橋美智也

作詞: 矢野亮

作曲: 前田伸一

歌詞:暗い夜空に ちらりと消えた 流れ星だよ 幸福なんて しょせんは別れにゃ

赤い夕陽の故郷

三橋美智也

作詞: 横井弘

作曲: 中野忠晴

歌詞:(おーい) 呼んでいる 呼んでいる 赤い夕陽の 故郷が

いいじゃありませんか

三橋美智也

作詞: 望田市郎

作曲: 川辺真

歌詞:あっというまだね かあさん(はあ) 驚いちゃうね(まったく) 子は親を見てそだつとか(とか) 子をみりゃ親がよくわかるとか(とか)

ああ新撰組

三橋美智也

作詞: 横井弘

作曲: 中野忠晴

歌詞:加茂の河原に 千鳥が騒ぐ またも血の雨 涙雨 武士という名に

おんな船頭唄

三橋美智也

作詞: 藤間哲郎

作曲: 山口俊郎

歌詞:嬉しがらせて 泣かせて消えた 憎いあの夜の 旅の風 思い出すさえ

いいもんだな故郷は

三橋美智也

作詞: 高杉治朗

作曲: 川口真

歌詞:すっかり陽気が良くなりまして ハァ 俺らがの方にも出掛けて来いや 裏山にはわらびも出たで なんて便りもやって来る

旅愁

三橋美智也

歌詞:更け行く秋の夜 旅の空の わびしき思いに ひとりなやむ 恋しやふるさと

石狩川悲歌

三橋美智也

歌詞:君と歩いた 石狩の 流れの岸の 幾曲り 思い出ばかり

リンゴ花咲く故郷へ

三橋美智也

作詞: 矢野亮

作曲: 林伊佐緒

歌詞:生れ故郷を 何で忘れてなるもんか 昨夜も夢見て しみじみ泣いた そろそろお山の

リンゴ村から

三橋美智也

作詞: 矢野亮

作曲: 林伊佐緒

歌詞:おぼえているかい 故郷の村を たよりもとだえて 幾年過ぎた 都へ積み出す

島の船唄

三橋美智也

作詞: 矢野亮

作曲: 渡久地政信

歌詞:茜流して もう陽が沈む 胸の思いも つい燃える エッサホイ

木曽恋がらす

三橋美智也

歌詞:大手振っては 帰れぬものと きめていながら 草鞋をはいた 乙な文句に

おさらば東京

三橋美智也

作詞: 横井弘

作曲: 中野忠晴

歌詞:死ぬほどつらい 恋に破れたこの心 泣き泣き行くんだただひとり 思い出消えるところまで あばよ東京おさらばだ

ご機嫌さんよ達者かね

三橋美智也

作詞: 高野公男

作曲: 船村徹

歌詞:ご機嫌さんよ 達者かね 俺らも父さも 変りなく 朝も早よから

船頭小唄

三橋美智也

作詞: 野口雨情

作曲: 中山晋平

歌詞:おれは河原の 枯れすすき 同じお前も 枯れすすき どうせ二人は

縁があったらまた逢おう

三橋美智也

作詞: 矢野亮

作曲: 船村徹

歌詞:あばよさよなら 港の鴎 海が呼ぶから 俺らは行くぜ 親の代から

かすりの女と背広の男

三橋美智也

歌詞:かすりの女と 背広の男 指切りしていた 別れの港 小島の鴎も

君は海鳥渡り鳥

三橋美智也

作詞: 矢野亮

作曲: 真木陽

歌詞:海の鳥だと 承知で好いたにヨー なまじ翼が うらめしい いって聞かせてヨー

波浮の港

三橋美智也

作詞: 野口雨情

作曲: 中山晋平

歌詞:磯の鵜の鳥ゃ 日暮れにゃかえる 波浮の港にゃ 夕やけ小やけ あすの日和は

玄海船乗り

三橋美智也

歌詞:月のナ 月の出潮を 乱れて啼いて 何処ヘサ 何処へ飛んでく

美智也さのさ

三橋美智也

作詞: 藤間哲郎

作曲: 山口俊郎

歌詞:聞かせてネー 今夜はジックリ ほんとの胸を 聞けば言やせぬ 無理なんぞ

民謡酒場

三橋美智也

作詞: 矢野亮

作曲: 中野忠晴

歌詞:都夜ふけの 民謡酒場 太鼓たたきな 三味弾いておくれ ハー

星屑の町

三橋美智也

歌詞:両手を回して 帰ろ 揺れながら 涙の中を たったひとりで

ああ田原坂

三橋美智也

歌詞:雨は降る降る 人馬は進む かわい稚児どんが 濡れてゆく ああ

手まり数え唄

三橋美智也

歌詞:てんてんてんまり 手まりの里は 手まりのお里は 山のかげ からすカアと啼いて

泪と侍

三橋美智也

歌詞:泣くといわぬに 泪の奴め 武士の面を 濡らすとは 言語道断

おさげと花と地蔵さんと

三橋美智也

歌詞:指をまるめて のぞいたら 黙ってみんな 泣いていた 日昏れの空の

白い花の咲く頃

三橋美智也

歌詞:白い花が 咲いてた ふるさとの 遠い夢の日 さよならと

母恋吹雪

三橋美智也

作詞: 矢野亮

作曲: 林伊佐緒

歌詞:酔ってくだまく 父さの声を 逃げて飛び出しゃ 吹雪の夜道 つらい気持は

さすらい船

三橋美智也

作詞: 横井弘

作曲: 船村徹

歌詞:赤い夕陽が 侘びしじゃないか つらい掟に 追われる汐路 海の男にゃ

冬の花火

三橋美智也

作詞: 横井弘

作曲: 鎌多俊与

歌詞:夜汽車夜汽車を 乗りつぎながら 逢いに来た町 山あいの町 湯の香せせらぎ

夢で逢えるさ

三橋美智也

作詞: 矢野亮

作曲: 佐伯としを

歌詞:泣いたって しかたないさ いまさらどうにも ならない運命 何もいわずに

あの娘が泣いてる波止場

三橋美智也

作詞: 高野公男

作曲: 船村徹

歌詞:思い出したんだとさ 逢いたくなったんだとさ いくらすれても 女はおんな 男心にゃ

夕焼とんび

三橋美智也

作詞: 矢野亮

作曲: 吉田矢健治

歌詞:夕焼け空が マッカッカ とんびがくるりと 輪を描いた ホーイのホイ

あざみの歌

三橋美智也

作詞: 横井弘

作曲: 八洲秀章

歌詞:山には山の 愁いあり 海には海の 悲しみや ましてこころの

城ヶ島の雨

三橋美智也

作詞: 北原白秋

作曲: 梁田貞

歌詞:雨はふるふる 城ケ島の磯に 利久鼠の 雨が降る

花嫁人形

三橋美智也

歌詞:金襴緞子の 帯しめながら 花嫁御寮は なぜ泣くのだろ

お花ちゃん

三橋美智也

作詞: 矢野亮

作曲: 小町昭 ..

歌詞:名残り惜しいは お互いさ 涙は門出に 不吉だよ みんながジロジロ

一本刀土俵入り

三橋美智也

歌詞:角力名のりを やくざに代えて 今じゃ抱き寝の 一本刀 利根の川風

みんな達者でね

三橋美智也

歌詞:だらだら坂の石垣に 朝日が揺れるよ ホイヨー 背伸びをしても故郷は 見えない

荒城の月

三橋美智也

作詞: 土井晩翠

作曲: 滝廉太郎

歌詞:春高楼の花の宴 めぐる盃かげさして 千代の松が枝わけいでし むかしの光いまいずこ

三橋 美智也(みはし みちや)、本名・北沢 美智也、1930年11月10日 - 1996年1月8日)は北海道上磯郡上磯町峨朗(現・北斗市)生まれ、函館市育ちの演歌歌手。愛称「ミッチー」。民謡で鍛えた伸びやかな高音と絶妙のこぶし回しを持ち味に、昭和30年代の日本の歌謡界黄金期をリードし、数多くのミリオンセラーを連発した、昭和歌謡界を代表する男性歌手の一人。特に全盛期の昭和30年代前半は「三橋で明けて三橋で暮れる」と言われるほどの絶大な人気を誇った。 wikipedia