野口五郎の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 野口五郎
  3. 野口五郎の歌詞一覧

野口五郎の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月24日

99 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

女になって出直せよ

野口五郎

作詞: 阿久悠

作曲: 筒美京平

歌詞:昔見た歳月は もうここで終った マシュマロのベッドでは 愛にはならない

青いリンゴ

野口五郎

作詞: 橋本淳

作曲: 筒美京平

歌詞:心 こころをしばりあい 二人 ふたりで傷ついた あれは

オレンジの雨

野口五郎

作詞: 吉田栄子

作曲: 筒美京平

歌詞:そんなこと どうでもいいじゃない いつだって 愛してるじゃない オレンジの雨の中

君が美しすぎて

野口五郎

歌詞:美しすぎて 君が恐い 美しすぎて 愛が恐い 何故君は

ダイヤル177

野口五郎

歌詞:お前が別れたいと 言うのなら いいだろ そうするしかないだろな

これが愛と言えるように

野口五郎

作詞: 松井五郎

作曲: 森正明

歌詞:陽のあたる場所に ふと手を翳せば 時はその先を 尋ねてくる

少女よ(5等になりたい)

野口五郎

歌詞:少女よ 野に咲く花を剥くな指先で そっと手折れば心が散るよ 少女よ 生きているから血が通うから

若き獅子たち

野口五郎

作詞: 阿久悠

作曲: 三木たかし

歌詞:太陽に向い歩いてるかぎり 影を踏むことはないそう信じて生きている あなたにもそれを わからせたいけど 今は何にも告げず

19:00の街

野口五郎

作詞: 伊藤薫

作曲: 筒美京平

歌詞:霧雨降る ガラス越しに 19:00の街 低い雲 たち込めて

フライトボード

野口五郎

作詞: 秋元康

作曲: 筒美京平

歌詞:わりと冷めた感じの二人 さよならを 空港のロビー キザな事は言えない 今は

私鉄沿線

野口五郎

作詞: 山上路夫

作曲: 佐藤寛

歌詞:改札口で君のこと いつも待ったものでした 電車の中から 降りて来る 君を探すのが好きでした

私鉄沿線02

野口五郎

作詞: 山上路夫

作曲: 佐藤寛

歌詞:改札口で君のこと いつも待ったものでした 電車の中から降りて来る 君を探すのが好きでした 悲しみに心とざしていたら

別れても好きな人 / 研ナオコ

野口五郎

作詞: 佐々木勉

作曲: 佐々木勉

歌詞:別れた人に会った別れた渋谷で会った 別れたときとあんなじ雨の夜だった 傘もささずに原宿 思いで語って赤坂 恋人同士にかえってグラスかたむけた

コーラス・ライン

野口五郎

歌詞:くよくよしていたって しあわせは来ないさ だれだって迷ってる 僕も同じさ

博多みれん

野口五郎

作詞: 鳳司哲夫

作曲: 荒井英一

歌詞:恋を拾って また捨てて いつも泣くのは 女だけ 夜の博多の

消えたハリケーン

野口五郎

作詞: 山川啓介

作曲: 筒美京平

歌詞:男どうしの話ってやつは 海を見ながら するに限るぜ 馬鹿なやつだな 遠慮するなよ

光の道

野口五郎

歌詞:幾重の時を 駆け抜けながら 列車がここに 帰って来るように あの日と同じ

風になった彼女

野口五郎

作詞: 藤公之介

作曲: 深町純

歌詞:わかっているさ だらしないことは 今夜は見ないふりで ほっといてくれよ にがい酒

愛のラルゴ

野口五郎

歌詞:真綿のような あなたの愛のなかで わたしは今 赤ん坊に帰る まぶしすぎる

愛が生まれた日 / 早見優

野口五郎

作詞: 秋元康

作曲: 羽場仁志

歌詞:恋人よ今受け止めて あふれる想いあなたの両手で 恋人よ今瞳を閉じて 高鳴る胸が2人の言葉

めぐり逢う青春

野口五郎

歌詞:愛は謎のように ぼくに問いかける 昨日の悲しみが 喜びに変わるとき きみがはじめての

もしかして PARTⅡ / 小林幸子

野口五郎

作詞: 榊みちこ

作曲: 美樹克彦

歌詞:もしかして もしかして 私の他にも誰か いい女が いるのなら

グッド・ラック

野口五郎

作詞: 山川啓介

作曲: 筒美京平

歌詞:この腕の中を 泳ぎ疲れて お前は眠る 何も知らずに ブラインド降ろし

針葉樹

野口五郎

歌詞:あなたのかなしみは 雪で出来ている 僕を凍らせる 白いためいきだ まっすぐ行くがいい

青い日曜日

野口五郎

歌詞:何もしたくない 淋しい日曜日 ギターも弾かない 歌もいらない ひとりの部屋で

AM11:00 / callme

野口五郎

作詞: TUN

作曲: TUN

歌詞:「目を覚ましてよ」君の声が 僕を包み Yeah 窓を開けてそよ風が君の髪をなびく 部屋から出る僕の腕をつかみながら君は

熱い砂

野口五郎

作詞: 山上路夫

作曲: 筒美京平

歌詞:忘れたろあなたはとうに 夏の日の出来事などは 僕は今でも体に 熱い砂をかんじてる めぐり逢い愛した夏は

Smoke Gets In Your Eyes

野口五郎

作詞: Otto Harbach

作曲: Jerome Kern

歌詞:They asked me how I

風の駅

野口五郎

作詞: 喜多條忠

作曲: 筒美京平

歌詞:僕の帰りを暗い駅のベンチで 君は待ってた 赤いサンダル 紙の袋にこぼれそうなミカンを 大事そうに抱きしめて

愛さずにいられない

野口五郎

作詞: 阿久悠

作曲: 馬飼野俊一

歌詞:だからもう つらい過去などいわないで うつむいたままで 暮らして何になる 好きならば

ロンリー・チャップリン / LiLiCo

野口五郎

歌詞:遠くを見る目に 風が映る いつかそんなことがあったね 窓辺にもたれた あなたの顔

夕暮れギター

野口五郎

作詞: 山上路夫

作曲: 筒美京平

歌詞:夕暮れ誰かが ギターを弾くよ ちょっと前流行った 愛の歌を 僕にも想い出

感情曲線

野口五郎

歌詞:あなたの吐息は 仕掛けられた罠だよ 知ってて落ちこむ あわれなこの歓び 夜明けになる音

少し抱かれて

野口五郎

歌詞:胸に住みつく悲しみ 別れてあげればいい 恋は泣くことじゃなくて 同じ夢の中へ 少し抱かれて恋しく

さすらい気分

野口五郎

作詞: 山上路夫

作曲: 筒美京平

歌詞:青空見てたら どこかに行きたくなったよ 机にお金 並べてみた 遠くは行けないね

送春曲

野口五郎

作詞: 阿久悠

作曲: 筒美京平

歌詞:春は行く 春は行く ぼくらの春は行く びしょ濡れの髪が 額にはりつき

泣き上手

野口五郎

作詞: 岡田冨美子

作曲: 佐藤寛

歌詞:そんなに泣くなよ よけい可愛いくなるじゃないか 淋しがりやの 男はみんな 身勝手なんだよ

沈黙

野口五郎

作詞: 松本隆

作曲: 筒美京平

歌詞:はじめから あなたは愛を 戯れとわりきっていた 香水のかおり残して ぼくの手を

涙憶

野口五郎

作詞: 伊勢正三

作曲: 伊勢正三

歌詞:涙が心の雫なら こみ上げる時の通り道を また一つ君の胸に 作ってしまいそうな夜

箱舟の帰還

野口五郎

歌詞:一枚のオリーブを くわえて鳩は舞い戻る 洪水は終わったと 翼を白く はためかす

今だから / 小野賢章・信近エリ

野口五郎

作詞: 財津和夫 ..

作曲: 財津和夫 ..

歌詞:今だからわかる あの夏の海の眩しさ せつないくらい灼きついたのは あなたの横で見ていたせい

銀座の恋の物語 / ひとみ

野口五郎

作詞: 大高ひさを

作曲: 鏑木創

歌詞:心の底まで しびれるような 吐息が切ない 囁きだから 泪が思わず

Rainy~会えない週末

野口五郎

作詞: つんく♂

作曲: つんく♂

歌詞:贅沢なランチタイムを楽しんだり わがままとわかっていても試してみたり ある夜は遅い時間に唄歌って 翌朝は少し寝不足心地よし わかってる

裏切り小僧

野口五郎

歌詞:またお前を 泣かせてしまった また今度も ぼくのしくじりらしい

青春の一冊

野口五郎

作詞: 伊藤アキラ

作曲: 佐藤寛

歌詞:ここに一冊の本がある 君に借りたまま 返せない本がある 苦い想い出の文字がある

Sweet Rain

野口五郎

作詞: 松尾潔

作曲: 筒美京平

歌詞:19:00の街を濡らす 甘い雨なら 約束を守れぬ君 赦すでしょうか 夜が降りたら

女友達

野口五郎

作詞: 山上路夫

作曲: 佐藤寛

歌詞:君に電話を かけても今では どこに越したか 行方は知れない なぜかうつろで

歌がある限り

野口五郎

歌詞:たとえ涙が 流れる日でも 歌があるから 生きてゆける もしも悲しみ

愛の奇跡 / 沢田知可子

野口五郎

歌詞:淋しげな 雨に濡れた君の くちびるが 忘れられなくて 別れても

東京ナイト・クラブ / 板野友美

野口五郎

作詞: 佐伯孝夫

作曲: 吉田正

歌詞:なぜ泣くの 睫毛がぬれてる 好きになったの もっと抱いて 泣かずに踊ろよ

野口 五郎(のぐち ごろう、1956年2月23日 - )は、日本の歌手、俳優である。本名、佐藤 靖(さとう やすし)。岐阜県美濃市出身。オフィス・ジー所属。新御三家の一人として、1970年代の日本を代表する男性アイドルである。血液型はA型。妻はタレントの三井ゆり。子供は一女一男。実兄は作曲家の佐藤寛。 wikipedia