1. 歌詞検索UtaTen
  2. 野口五郎
  3. 野口五郎の歌詞一覧

野口五郎の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年6月6日

99 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

愛のラルゴ

野口五郎

作詞:麻生香太郎

作曲:東海林修

歌詞:真綿のような あなたの愛のなかで わたしは今 赤ん坊に帰る まぶしすぎる

ダイヤル177

野口五郎

作詞:伊藤アキラ

作曲:山中涼平

歌詞:お前が別れたいと 言うのなら いいだろ そうするしかないだろな

告白

野口五郎

作詞:千家和也

作曲:馬飼野俊一

歌詞:何をためらうの 僕を前にして 愛のあやまちは 誰にもあることさ 細い指先を

裏切り小僧

野口五郎

作詞:伊藤アキラ

作曲:宇崎竜童

歌詞:またお前を 泣かせてしまった また今度も ぼくのしくじりらしい

私鉄沿線

野口五郎

作詞:山上路夫

作曲:佐藤寛

歌詞:改札口で君のこと いつも待ったものでした 電車の中から 降りて来る 君を探すのが好きでした

青いリンゴ

野口五郎

作詞:橋本淳

作曲:筒美京平

歌詞:心 こころをしばりあい 二人 ふたりで傷ついた あれは

歌がある限り

野口五郎

作詞:麻生香太郎

作曲:東海林修

歌詞:たとえ涙が 流れる日でも 歌があるから 生きてゆける もしも悲しみ

光の道

野口五郎

作詞:小渕健太郎

作曲:小渕健太郎

歌詞:幾重の時を 駆け抜けながら 列車がここに 帰って来るように あの日と同じ

涙憶

野口五郎

作詞:伊勢正三

作曲:伊勢正三

歌詞:涙が心の雫なら こみ上げる時の通り道を また一つ君の胸に 作ってしまいそうな夜

甘い生活

野口五郎

作詞:山上路夫

作曲:筒美京平

歌詞:あなたと揃いの モーニング・カップは このまま誰かにあげよか 二人で暮すと はがきで通知を

若き獅子たち

野口五郎

作詞:阿久悠

作曲:三木たかし

歌詞:太陽に向い歩いてるかぎり 影を踏むことはないそう信じて生きている あなたにもそれを わからせたいけど 今は何にも告げず

19:00の街

野口五郎

作詞:伊藤薫

作曲:筒美京平

歌詞:霧雨降る ガラス越しに 19:00の街 低い雲 たち込めて

女になって出直せよ

野口五郎

作詞:阿久悠

作曲:筒美京平

歌詞:昔見た歳月は もうここで終った マシュマロのベッドでは 愛にはならない

むさし野詩人

野口五郎

作詞:松本隆

作曲:佐藤寛

歌詞:繁華街から静かな道へ あなたの涙たどって行くよ 灯りの浮かぶ公衆電話 今はあなたの影も見えない むさし野公園ひとりきり

箱舟の帰還

野口五郎

作詞:麻生香太郎

作曲:東海林修

歌詞:一枚のオリーブを くわえて鳩は舞い戻る 洪水は終わったと 翼を白く はためかす

コーラス・ライン

野口五郎

作詞:麻生香太郎

作曲:東海林修

歌詞:くよくよしていたって しあわせは来ないさ だれだって迷ってる 僕も同じさ

熱い砂

野口五郎

作詞:山上路夫

作曲:筒美京平

歌詞:忘れたろあなたはとうに 夏の日の出来事などは 僕は今でも体に 熱い砂をかんじてる めぐり逢い愛した夏は

針葉樹

野口五郎

作詞:麻生香太郎

作曲:筒美京平

歌詞:あなたのかなしみは 雪で出来ている 僕を凍らせる 白いためいきだ まっすぐ行くがいい

あなたがいたから僕がいた

野口五郎

作詞:橋本淳

作曲:筒美京平

歌詞:あなたがいたから僕がいた こころの支えをありがとう あなたの小さな裏切りを 憎んだけれども許したい 夏の朝も秋の夜も

ジョニィへの伝言

野口五郎

作詞:阿久悠

作曲:都倉俊一

歌詞:ジョニィが来たなら伝えてよ 二時間待ってたと 割と元気よく 出て行ったよと お酒のついでに話してよ

さすらい気分

野口五郎

作詞:山上路夫

作曲:筒美京平

歌詞:青空見てたら どこかに行きたくなったよ 机にお金 並べてみた 遠くは行けないね

グッド・ラック

野口五郎

作詞:山川啓介

作曲:筒美京平

歌詞:この腕の中を 泳ぎ疲れて お前は眠る 何も知らずに ブラインド降ろし

襟裳岬

野口五郎

作詞:岡本おさみ

作曲:吉田拓郎

歌詞:北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やしはじめてるらしい 理由のわからないことで 悩んでいるうち

積木の部屋

野口五郎

作詞:有馬三恵子

作曲:川口真

歌詞:いつの間にか君と 暮らしはじめていた 西日だけが入る せまい部屋で二人 君に出来ることは

送春曲

野口五郎

作詞:阿久悠

作曲:筒美京平

歌詞:春は行く 春は行く ぼくらの春は行く びしょ濡れの髪が 額にはりつき

夕立ちのあとで

野口五郎

作詞:山上路夫

作曲:筒美京平

歌詞:夕立ちのあとの街は きれいに洗われたようで 緑の匂いが よみがえります 忘れようと

風になった彼女

野口五郎

作詞:藤公之介

作曲:深町純

歌詞:わかっているさ だらしないことは 今夜は見ないふりで ほっといてくれよ にがい酒

されど青春

野口五郎

作詞:麻生香太郎

作曲:東海林修

歌詞:人ごみに流されて 歩くのは いやですね あなたが かわいそうで

愛の奇跡 / 沢田知可子

野口五郎

作詞:中村小太郎

作曲:田辺信一

歌詞:淋しげな 雨に濡れた君の くちびるが 忘れられなくて 別れても

再会タイムマシン

野口五郎

作詞:秋元康

作曲:筒美京平

歌詞:地下鉄の駅 すれ違って振り向く 聞き覚えある その声にはっとした

また、めぐり逢うために

野口五郎

作詞:ちあき哲也

作曲:すぎもとまさと

歌詞:暫くでいい暇をくれ 深い訳などないのさ 胸でのたうち続けるもうひとりの俺 嵐に放ちに行くだけ… うわの宙の近頃何かと疑っていたのは

あずさ2号 featuring 布施明

野口五郎

作詞:竜真知子

作曲:都倉俊一

歌詞:明日 私は旅に出ます あなたの知らないひとと二人で いつか あなたと行くはずだった

過ぎ去れば夢は優しい

野口五郎

作詞:売野雅勇

作曲:筒美京平

歌詞:誰の胸にも 忘れられない女がいる 時の岸辺に立って 色あせぬまま

きらめき

野口五郎

作詞:山上路夫

作曲:筒美京平

歌詞:ここの街へとあなたと僕は これまで行く度 訪ねたろ二人 店の名も街の角も 今はどれも馴染み

美しい愛のかけら

野口五郎

作詞:山上路夫

作曲:佐藤寛

歌詞:忘れてほしいと あなたはどうして云えるのか 両手に抱いても 静かに僕の手すりぬける あの時あなたは

めぐり逢う青春

野口五郎

作詞:大日方俊子

作曲:馬飼野俊一

歌詞:愛は謎のように ぼくに問いかける 昨日の悲しみが 喜びに変わるとき きみがはじめての

これが愛と言えるように

野口五郎

作詞:松井五郎

作曲:森正明

歌詞:陽のあたる場所に ふと手を翳せば 時はその先を 尋ねてくる

ロンリー・チャップリン / LiLiCo

野口五郎

作詞:岡田ふみ子

作曲:鈴木雅之

歌詞:遠くを見る目に 風が映る いつかそんなことがあったね 窓辺にもたれた あなたの顔

少女よ(5等になりたい)

野口五郎

歌詞:少女よ 野に咲く花を剥くな指先で そっと手折れば心が散るよ 少女よ 生きているから血が通うから

Rainy~会えない週末

野口五郎

作詞:つんく♂

作曲:つんく♂

歌詞:贅沢なランチタイムを楽しんだり わがままとわかっていても試してみたり ある夜は遅い時間に唄歌って 翌朝は少し寝不足心地よし わかってる

青春の一冊

野口五郎

作詞:伊藤アキラ

作曲:佐藤寛

歌詞:ここに一冊の本がある 君に借りたまま 返せない本がある 苦い想い出の文字がある

でも好きだよ

野口五郎

作詞:松井五郎

作曲:森正明

歌詞:すれ違う人の影 流される花のような あのときの君が いまもふりかえる

僕をまだ愛せるなら

野口五郎

作詞:松井五郎

作曲:森正明

歌詞:風を受け落ちた葉は もう同じ枝に戻れないのに さみしさを埋めたがる ふたりで繋いだ思い出ばかり

冬木立

野口五郎

作詞:喜多條忠

作曲:筒美京平

歌詞:君は覚えているだろうか 冬木立の見える窓を エプロンかけた まだあどけない君は君は 桜いろのマニキュアをしていた

愛をとめたまま

野口五郎

作詞:荒木とよひさ

作曲:筒美京平

歌詞:あなたのことは 爪の先まで 小さな癖も 憶えてる お酒を飲めば

感情曲線

野口五郎

作詞:有馬三恵子

作曲:筒美京平

歌詞:あなたの吐息は 仕掛けられた罠だよ 知ってて落ちこむ あわれなこの歓び 夜明けになる音

遠い夏

野口五郎

作詞:山上路夫

作曲:筒美京平

歌詞:あなたと別れて 季節が知らずに 僕の前を過ぎる あなたがいない町に

風の駅

野口五郎

作詞:喜多條忠

作曲:筒美京平

歌詞:僕の帰りを暗い駅のベンチで 君は待ってた 赤いサンダル 紙の袋にこぼれそうなミカンを 大事そうに抱きしめて

愛さずにいられない

野口五郎

作詞:阿久悠

作曲:馬飼野俊一

歌詞:だからもう つらい過去などいわないで うつむいたままで 暮らして何になる 好きならば

君が美しすぎて

野口五郎

作詞:千家和也

作曲:馬飼野俊一

歌詞:美しすぎて 君が恐い 美しすぎて 愛が恐い 何故君は

野口 五郎(のぐち ごろう、1956年2月23日 - )は、日本の歌手、俳優である。本名、佐藤 靖(さとう やすし)。岐阜県美濃市出身。オフィス・ジー所属。新御三家の一人として、1970年代の日本を代表する男性アイドルである。血液型はA型。妻はタレントの三井ゆり。子供は一女一男。実兄は作曲家の佐藤寛。 wikipedia