やなわらばーの歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. やなわらばー
  3. やなわらばーの歌詞一覧

よみ:やなわらばー
やなわらばーの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2024年5月21日

129 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

ありの歌(クレヨンしんちゃん ED)

やなわらばー

作詞: りお

作曲: りお

歌詞:ありは今日も 働いている ありは いつも 働いている

この広い野原いっぱい

やなわらばー

歌詞:この広い野原いっぱい 咲く花を ひとつ残らず あなたにあげる 赤いリボンの

島人ぬ宝

やなわらばー

作詞: BEGIN

作曲: BEGIN

歌詞:僕が生まれたこの島の空を 僕はどれくらい知ってるんだろう 輝く星も 流れる雲も 名前を聞かれてもわからない

遠い世界に

やなわらばー

歌詞:遠い世界に 旅に出ようか それとも 赤い風船に乗って 雲の上を

夢を見た

やなわらばー

作詞: ゆう

作曲: ゆう

歌詞:夢を見た 君がいなくなった夢だった… 淋しくて 悔しくて

TRAIN-TRAIN

やなわらばー

作詞: 真島昌利

作曲: 真島昌利

歌詞:栄光に向かって走る あの列車に乗って行こう はだしのままで飛び出して あの列車に乗って行こう 弱い者達が夕暮れ

みんな空の下

やなわらばー

作詞: 絢香

作曲: 絢香

歌詞:涙流さない どんなに辛くても 誰にも負けない強さ持ってるのは まわりを悲しませない あなたの優しさ

ママはフォークシンガーだった

やなわらばー

歌詞:ママはフォークシンガーだった 20年前は歌ってた 歌わずにいられない ただそれだけだった でもいつの間にかやめていたと言う

やなわらばー

作詞: 喜納昌吉

作曲: 喜納昌吉

歌詞:川は流れて どこどこ行くの 人も流れて どこどこ行くの そんな流れが

心音

やなわらばー

作詞: ゆう

作曲: NAOKI-T

歌詞:心に刻まれた沢山の傷 それは私の体の一部 例えば 心開いて

イラヨイ月夜浜

やなわらばー

作詞: 大島保克

作曲: 比嘉栄昇

歌詞:唄者達ぬ夜が更け 踊者達ぬ夜が更け 太陽ぬ上がるまでぃ舞い遊ば イラヨイマーヌ 舞い遊ば

童神-ヤマトグチ-

やなわらばー

歌詞:天からの恵み 受けてこの地球に 生まれたる我が子 祈り込め育て

空をこえて 海をこえて

やなわらばー

作詞: ゆう

作曲: ゆう

歌詞:小さい頃 よく通った 青い海に続く道 自転車で よく走った

カーチバイ~夏の風~

やなわらばー

歌詞:「夏が来たよ」と南風 吹いた みんな持っていたカーチバイ(夏至南風) 見上げれば入道雲が 高く高く空に伸びる

ふるさと(BS朝日「ふるさとバンザイ!」テーマソング)

やなわらばー

作詞: 東里梨生

作曲: 東里梨生

歌詞:薄れてしまう気持ちもある 止まったような街の中 何を見つめ 何を想い 何処へいくの?

2人なら

やなわらばー

歌詞:別々の 街に生まれ

はじめてのチュウ

やなわらばー

作詞: 実川俊晴

作曲: 実川俊晴

歌詞:眠れない 夜 君のせいだよ さっき 別れた

さよなら夏の日

やなわらばー

作詞: 山下達郎

作曲: 山下達郎

歌詞:波打つ夕立のプール しぶきを上げて 一番素敵な季節が もうすぐ終わる

夏空の下(「CHOYA夏梅」CMソング)

やなわらばー

歌詞:雨上がりの匂い 懐かしい道 この坂登れば 広がってる 景色を見に行こう

でもね・・・(テレビ朝日系木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌)

やなわらばー

作詞: 松井五郎

作曲: BOUNCEBACK

歌詞:ねぇ わたし いけない人 好きになったの そう

何もしなくていいよ

やなわらばー

作詞: 浅利進吾

作曲: 浅利進吾

歌詞:そっと想い起こす 過ぎた日々のページ まるで まだそこにあるようでも 遠い遠い記憶

思い出のアルバム

やなわらばー

作詞: 増子とし

作曲: 本多鉄磨

歌詞:いつのことだか 思い出してごらん あんなこと とんなこと あったでしょう

ガジュマルの樹

やなわらばー

作詞: りお

作曲: りお

歌詞:まぶたに焼き付いている 眩しい日に焼けた笑顔 手を引いたあなたの温もりは これからも 私と生きてゆく

日常の歌

やなわらばー

歌詞:気が付いたら いっぱいになった写真フォルダ 物語には出逢った人や夢 描かれている

アカユラ

やなわらばー

歌詞:美しゃ 田んぼに映る夕日 美しゃ 鍬持つ おじぃの影

いちごいちえ

やなわらばー

作詞: RYOJI

作曲: RYOJI ..

歌詞:笑い続けてこれた出会いに愛を伝えよう 僕が努力する姿を 貴方が見てた つながり続けてゆける出会いに愛をたたえよう あなたが涙する姿を

雨が空から降れば

やなわらばー

作詞: 別役実

作曲: 小室等

歌詞:雨が空から降れば オモイデは地面にしみこむ 雨がシトシト降れば オモイデはシトシトにじむ

雪の華

やなわらばー

作詞: Satomi

作曲: 松本良喜

歌詞:のびた人陰を 舗道に並べ 夕闇のなかをキミと歩いてる 手を繋いでいつまでも ずっと

海岸通

やなわらばー

作詞: 伊勢正三

作曲: 伊勢正三

歌詞:あなたが船を選んだのは 私への思いやりだったのでしょうか 別れのテープは切れるものだとなぜ 気づかなかったのでしょうか 港に沈む夕陽がとてもきれいですね

サクラ

やなわらばー

作詞: りお

作曲: りお

歌詞:あぁ 桜色の時を歩こう つなぐ未来 そう ここから

自由

やなわらばー

作詞: ゆう

作曲: ゆう

歌詞:青いこの空 見上げたら 温かい涙 流れた 『がんばれ』と

あの素晴しい愛をもう一度

やなわらばー

作詞: 北山修

作曲: 加藤和彦

歌詞:命かけてと 誓った日から すてきな想い出 残してきたのに あの時

ささやかなこの人生

やなわらばー

作詞: 伊勢正三

作曲: 伊勢正三

歌詞:花びらが 散ったあとの 桜がとても 冷たくされるように 誰にも

秋でもないのに

やなわらばー

歌詞:秋でもないのに ひとこいしくて 淋しくて 黙っていると だれか私に

「いちご白書」をもう一度

やなわらばー

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:いつか君といった 映画がまた来る 授業を抜け出して 二人で出かけた 哀しい場面では

やなわらばー

歌詞:妹よ ふすま一枚隔てて今 小さな寝息をたてている妹よ お前は夜が夜が明けると 雪のような花嫁衣裳を着るのか

変わらぬ「青」

やなわらばー

作詞: りお

作曲: りお

歌詞:光る波と澄んだ風は 永遠にずっと 見守っている 久しぶりに会う人たち

ぷれぜんと

やなわらばー

作詞: 白川英司

作曲: 白川英司

歌詞:初めて出会ってから いくつもの季節を重ね いつのまにか君たちは 次のステージヘ 確かに過ぎた時を

やなわらばー

作詞: ゆう

作曲: ゆう

歌詞:風の中 輝いていた 君が流した涙 隠してた孤独や痛みが ほほを伝ったあの日

君にサヨナラ

やなわらばー

作詞: りお

作曲: りお

歌詞:本当なら、こんな晴れた日は 気分がいいはずなのに… 電車の窓から見える好きな景色も 色あせて見えるよ

愛してる

やなわらばー

作詞: ゆう

作曲: ゆう

歌詞:こんなに近くにいるのに 気づいてもくれない 私の存在は きっと友達にすぎない

今日という日を歌にして

やなわらばー

作詞: RYOJI

作曲: RYOJI

歌詞:夢を追う事を選んでみたけど 夢を掴む場所がいまだ解らなくて 歌を唄う事を続けて来たけど BEGINの様に上手く唄えなくて

花キラキラ

やなわらばー

作詞: ゆう

作曲: ゆう

歌詞:風が吹き抜ける坂道 ガードレールの先に広がる 街並み この街にも大好きな海が見える

太陽の下で

やなわらばー

作詞: ゆう

作曲: ゆう

歌詞:光る太陽の下に広がる 温かな生活 覚えてきた 今は

おかえり

やなわらばー

歌詞:ねぇ笑っていますか? 人波にただよって 四角い空 横切る飛行機 想い馳せてみて

想い

やなわらばー

歌詞:夕暮れの海 一人眺めている 叶うことの無い

悲しくてやりきれない

やなわらばー

歌詞:胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす

恋人もいないのに

やなわらばー

歌詞:恋人もいないのに バラの花束だいて いそいそ出かけて行きました 空はいつになく 青く澄んで

まばたき

やなわらばー

作詞: 加藤哉子 ..

作曲: 宮崎誠

歌詞:もしも 君が泣くのなら その涙 両手で 受け止めてあげるよ

旅の途中

やなわらばー

作詞: 東里梨生

作曲: L-m-T

歌詞:行き先も決めずに 乗り込んだ各駅停車 いろんな思い抱え 運ばれてゆく先は それぞれで

やなわらばーは、日本の女性2人組デュオユニット。パパイヤれこーど(販売元はエイベックス・マーケティング株式会社)所属。 wikipedia