1. 歌詞検索UtaTen
  2. 五木ひろし

五木ひろしの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

VIVA・LA・VIDA!~生きてるっていいね!~

青空 そよ風 桜の香り 恋人 口付け

山河

人は皆 山河に生まれ、 抱かれ、挑み、 人は皆 山河を信じ、

九頭竜川

大河もたどれば 滴から 心の旅路も 一歩から 二度とない

めぐり逢い

おまえにだけは ほんとうの 男のこころ 話したい グラス片手に

バックミラー

もう終わりなんだね ほどけた指先 なにも言わずに 涙もさらってゆくのか そっと街の明かりが

女の酒場

今にも降りそな 空のよう溜まった涙 あふれ出す 人が見るのも 構わずに

想いで迷子

愛に溺れて あなたに疲れ 生きることにも ため息ついて ひとり口紅

みれん

雨のうら街 ギターがツンと みれん 爪びきゃ あの夜が恋し

暖簾

心にポツンと 寂しさの明りが灯る やさしい人に逢いたい こんな夜には温たかな 言葉にふれたい

夜明けのブルース

このグラス飲みほせば帰ると 言えばお前がからみつくから すねてる肩をそっと引き寄せれば 膝にもたれて耳元ささやく

吾亦紅

マッチを擦れば おろしが吹いて 線香がやけに つき難い さらさら揺れる

汽笛

粉雪舞い込む 北国の駅 襟を立てても こころに積もる 貴方は夢を

おまえとふたり

わたしは 不幸ぐせ とれない女と この胸に か細い手をそえて

夜空

あの娘 どこに 居るのやら 星空の続く あの町あたりか

のぞみ(希望)

ここから出たら 母に会いたい おんなじ部屋で ねむってみたい そしてそして

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは 書き入れる 窓の外

いつでも夢を

星よりひそかに 雨よりやさしく あの娘はいつも 歌ってる 声がきこえる

べにばな

女ごころを やさしく抱いて 染めてください べにのいろ 忍び恋なら

よこはま・たそがれ

よこはま たそがれ ホテルの小部屋 くちづけ 残り香

千曲川

水の流れに 花びらを そっと浮かべて 泣いたひと 忘れな草に

待っている女

(Hey Hey Hey Hey Hey

おふくろの子守歌

おどま盆ぎり 盆ぎり 盆から先きゃ おらんど 盆が早よくりゃ

愛しつづけるボレロ

ありふれた結末で あなたと別れ 何日か過ぎた後 死にたくて ただひとり

細雪

泣いて あなたの 背中に投げた 憎みきれない 雪の玉

おしどり

夢でかくした 心の寒さ 春の陽ざしを 待ってるお前 右手の細さは

北の旅人

たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを

酒ひとり

面影に 飲む酒なのか 未練を捨てる 酒なのか わざと冷たく

流れのままに

名もなき儚ない 花でさえ 無情の雨に 耐えている 誰れもが

酔みれん

人と別れて 呑む酒は 雨の屋台が お似合いだろう

ゆめかぜ

髪を押さえる 小指の白さ 胸の思いが 言えなくて そっと別れた

全て見る

関連ハッシュタグ