1. 歌詞検索UtaTen
  2. パク・ジュニョン
  3. パク・ジュニョンの歌詞一覧

パク・ジュニョンの歌詞一覧

公開日:2015年10月27日 更新日:2021年5月13日

86 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

風の吐息

パク・ジュニョン

作詞:かず翼

作曲:HANZO

歌詞:季節はいつか ひと回り 枯れ葉舞う 並木道 悲しみだけが

カスマプゲ

パク・ジュニョン

作詞:鄭斗守

作曲:朴椿石

歌詞:タンシングァ ナサイエ チョバダガ オブソッダミョン スラリン

街は黄昏

パク・ジュニョン

作詞:かず翼

作曲:HANZO

歌詞:秋風が 心のすき間 通りすぎてく 帰り道 あの人の面影が

無条件

パク・ジュニョン

作詞:ハン・ソル

作曲:パク・ヒョンジン

歌詞:チャラチャラ チャチャチャ チャラチャラ チャチャチャ ムジョコン

酒よ今夜は

パク・ジュニョン

作詞:数丘夕彦

作曲:HANZO

歌詞:泣きたいときには 泣けばいい 泣けない男は 酒を飲む こらえて

ゴンドゥレマンドゥレ

パク・ジュニョン

作詞:チェ・ビリョン

作曲:イ・スンハン

歌詞:곤드레만드레나는취해버렸어 너의사랑의향기속에빠져버렸어 가진것은없다지만사랑으로감싸줄게 진심어린마음하나나는너를사랑해

サラン・ケセラセラ(愛・ケセラセラ 韓国語バージョン)

パク・ジュニョン

作詞:浜 圭介..

作曲:浜 圭介

歌詞:살다가 보면 이런 저런 일

My Memory

パク・ジュニョン

作詞:Ryu

作曲:パク・ジョンウォン

歌詞:My Memory モドゥ キオケヨ ク

その男

パク・ジュニョン

作詞:ウォン・テヨン

作曲:チョン・ヘヨン

歌詞:ハム ナムジャガ クデルル サランハムニダ ク

河口湖

パク・ジュニョン

作詞:石原信一

作曲:浜圭介

歌詞:覚えてますか 別れの涙 夕映え染めた みずうみホテル たどりつけない

織江の唄

パク・ジュニョン

作詞:五木寛之

作曲:臼井正史

歌詞:遠賀川 土手の向こうにボタ山の 三つならんで見えとらす 信ちゃん 信介しゃん

ブリキの玩具

パク・ジュニョン

作詞:松井五郎

作曲:浜圭介

歌詞:霧雨の街角 あなたは来ない バーに流れる あの日聴いた歌 こんな終わりも

昼も夜も真夜中も

パク・ジュニョン

作詞:紙中礼子

作曲:HANZO

歌詞:長い髪 かきあげながら 僕を見つめる 涼しい瞳 僕の知らない

夕霧挽歌

パク・ジュニョン

作詞:鈴木紀代

作曲:HANZO

歌詞:釧路駅から 北大通り 足が覚えた 道を行く おまえに逢える

チャラ

パク・ジュニョン

作詞:渡辺なつみ

作曲:浜圭介

歌詞:あなたが欲しいと思うとき いつも私はそこにいる 抱き合いたいと思うとき いつもひとつになっている 都会は

サラン、ク ヤクソク(哀愁の雨 韓国語バージョン)

パク・ジュニョン

作詞:渡辺なつみ..

作曲:浜 圭介

歌詞:잊어야 하기에 지킬수 없기에 보내야만

小樽のひとよ

パク・ジュニョン

作詞:池田充男

作曲:鶴岡雅義

歌詞:逢いたい気持ちが ままならぬ 北国の街は つめたく遠い 粉雪まいちる

J

パク・ジュニョン

作詞:イ..

作曲:イ..

歌詞:J どこへゆくの? J この哀しみは night

霧の摩周湖

パク・ジュニョン

作詞:水島哲

作曲:平尾昌晃

歌詞:霧にだかれて しずかに眠る 星も見えない 湖にひとり ちぎれた愛の

逃がさない…渡せない…

パク・ジュニョン

作詞:松井五郎

作曲:浜圭介

歌詞:じゃれに 抱きしめるなら 全部が欲しい 逃がさない 逃がさない

さよならは言わせない

パク・ジュニョン

作詞:森坂とも

作曲:1601

歌詞:どうか話してほしい 君の心の傷 出てゆくつもりなんだろう その涙かかえて一人 別れの向こう側に

赤鼻のトナカイ

パク・ジュニョン

作詞:John Marks

作曲:John Marks

歌詞:真っ赤なお鼻の トナカイさんは いつも みんなの

愛は腕の中

パク・ジュニョン

作詞:大津あきら

作曲:浜圭介

歌詞:胸騒ぎ抱きとめて 夢の扉をあけて あなただけは 一秒ごとに 大切にしたい

火の国の女

パク・ジュニョン

作詞:たかたかし

作曲:猪俣公章

歌詞:肥後は火の国よ 恋の国 燃える中岳よ 胸こがす 一つしかないこの命

思案橋ブルース

パク・ジュニョン

作詞:川原 弘

作曲:川原 弘

歌詞:哭いているような 長崎の街 雨に打たれて ながれた ふたつの心は

長崎の夜はむらさき

パク・ジュニョン

作詞:古木花江

作曲:新井利昌

歌詞:雨にしめった 讃美歌の うたが流れる 浦上川よ 忘れたいのに

東京カチート

パク・ジュニョン

作詞:佐伯孝夫

作曲:吉田正

歌詞:(東京カチート・カチート・カチート) 赤い灯がつく 赤坂タウン 甘くながれる 夜の色

街の灯り

パク・ジュニョン

作詞:阿久悠

作曲:浜圭介

歌詞:そばに誰かいないと 沈みそうなこの胸 まるで潮がひいたあとの 暗い海のように

黄昏のビギン

パク・ジュニョン

作詞:永六輔

作曲:中村八大

歌詞:雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に

また逢う日まで

パク・ジュニョン

作詞:阿久悠

作曲:筒美京平

歌詞:また逢う日まで 逢える時まで 別れのそのわけは 話したくない なぜかさみしいだけ

オモニ~母へ~

パク・ジュニョン

作詞:石森ひろゆき

作曲:小田純平

歌詞:母が歌った あの歌が 黄昏の街 聞こえたら 溢れ流れる

黄昏のバラード

パク・ジュニョン

作詞:渡辺なつみ

作曲:浜圭介

歌詞:抱きしめたい もう一度 忘れるなんて出来ない 愛する人はあなたしかいない さよならなんて…

ラヴ・イズ・オーヴァー

パク・ジュニョン

作詞:伊藤薫

作曲:伊藤薫

歌詞:Love is over 悲しいけれど 終わりにしよう

涙からムーンライト

パク・ジュニョン

作詞:松井五郎

作曲:浜圭介

歌詞:テールランプ 流れる橋を 優しい肩越し 見ながら泣いた そうね

精霊流し

パク・ジュニョン

作詞:さだまさし

作曲:さだまさし

歌詞:去年のあなたの想い出が テープレコーダーからこぼれています あなたのためにお友達も 集まってくれました 二人でこさえたおそろいの

大空と大地の中で

パク・ジュニョン

作詞:松山千春

作曲:松山千春

歌詞:果てしない大空と 広い大地のその中で いつの日か幸せを 自分の腕でつかむよう 歩き出そう

東京・・・愛愁

パク・ジュニョン

作詞:いとう彩

作曲:浜圭介

歌詞:窓ガラス 曇るほど 泣きつづけたことが ありますか ビルとビルの

悲しい色やね

パク・ジュニョン

作詞:康珍化

作曲:林哲司

歌詞:にじむ街の灯を ふたり見ていた 桟橋に止めた 車にもたれて 泣いたらあかん

加茂の流れに

パク・ジュニョン

作詞:南こうせつ

作曲:南こうせつ

歌詞:やさしい雨の 祇園町 加茂の流れにうつる あなたの姿 あれは

ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー

パク・ジュニョン

作詞:鈴木道明

作曲:鈴木道明

歌詞:小雨降る夜は なぜか淋しくて しんみりあなたと お話ししたいの なんにも言わずに

原宿竹下通り

パク・ジュニョン

作詞:渡辺なつみ

作曲:浜圭介

歌詞:いつかおまえと 暮らした街は 賑やかな人で溢れ 今日も時は流れる あゝ抱き合い眠った

紅い落葉

パク・ジュニョン

作詞:浜圭介

作曲:浜圭介

歌詞:愛が 愛が 命だなんて あなたはどこまで嘘をつくの わたし一人

酒と泪と男と女

パク・ジュニョン

作詞:河島英五

作曲:河島英五

歌詞:忘れてしまいたいことや どうしようもない寂しさに 包まれたときに男は 酒を飲むのでしょう 飲んで飲んで

哀愁の雨

パク・ジュニョン

作詞:渡辺なつみ

作曲:浜圭介

歌詞:雨に濡れて 想うことは 今もあなたの ことばかり 行かないでよ

あやまち

パク・ジュニョン

作詞:渡辺なつみ

作曲:浜圭介

歌詞:泣かないで 泣かないで 泣かないで 泣いたら 嫌われてしまうから

クリスマス・イブ

パク・ジュニョン

作詞:山下達郎

作曲:山下達郎

歌詞:雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう Silent night,Holy night

海に語りて

パク・ジュニョン

作詞:伊藤美和

作曲:HANZO

歌詞:悲しい過去を 映したように 闇夜にとけてく 鈍色の海よ 何も見えない

海鳴り

パク・ジュニョン

作詞:坂口照幸

作曲:浜圭介

歌詞:海鳴り あれはおまえの声 暗く淀む彼方から 海鳴り あれはおまえの声

羽田発

パク・ジュニョン

作詞:石原信一

作曲:浜圭介

歌詞:別れたはずの あの人を 人混み探す 空港ロビー 最後の電話

追憶のブルース

パク・ジュニョン

作詞:石原信一

作曲:浜圭介

歌詞:飲んではしゃいで 涙を隠す そんなおまえが 眼に浮かぶ 泣かせてやりたい

パク・ジュニョン(朴 俊映・박준영・Park Junyoung、 1982年3月12日 - )は、韓国出身の歌手。 演歌歌手の山本譲二に見いだされ、2012年3月にデビューシングル『愛・ケセラセラ/あやまち』で、キングレコードから日本でデビューした。 wikipedia