1. 歌詞検索UtaTen
  2. 服部浩子
  3. 服部浩子の歌詞一覧

服部浩子の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年4月8日

49 曲中 1-49 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

小倉恋ごよみ

服部浩子

作詞:松井由利夫

作曲:叶弦大

歌詞:夜の帳が 裾野を包む 入日がにじむ 小倉山 逢いみての

風花港

服部浩子

作詞:石原信一

作曲:徳久広司

歌詞:指の先まで ひとすじに 愛したことが 邪魔ですか もたれる背中の

哀愁北岬

服部浩子

作詞:麻こよみ

作曲:影山時則

歌詞:哀しい恋の 傷跡に 潮風が飛沫が 沁みて行く なんで

海峡わかれ町

服部浩子

作詞:池田充男

作曲:西條きろく

歌詞:霧笛 おまえは おんなの胸に なんで冷めたく 突き刺さる

雨の宿

服部浩子

作詞:麻生香太郎

作曲:聖川湧

歌詞:「ついておいで」と誘われ 「だめ」といえずにうなずいた また…逢ってしまったの 恋と不義理に渡した橋の たもとで揺れる迷い傘

上海ボレロ

服部浩子

作詞:荒木とよひさ

作曲:西條キロク

歌詞:夜霧の波止場 嘆きのボレロ 誰がために 歌うや 愁いの麗人よ

明日香川 恋歌

服部浩子

作詞:松井由利夫

作曲:叶弦大

歌詞:なみだ笹舟 花の露 乗せて流れる 明日香川 人恋う夜更けは

御神火月夜

服部浩子

作詞:横山賢一

作曲:聖川湧

歌詞:島の椿の花影は カモメも知らない夢のあと 船はいつ来るあなたの船は 帰り潮路のどのあたり あー逢いたさにあー泣けてくる

おんなの情歌

服部浩子

作詞:田久保真見

作曲:あらい玉英

歌詞:最後の夜に 夜になりそうで 一番好きな 紅を引く 女って女って

あんたの酒

服部浩子

作詞:菅麻貴子

作曲:影山時則

歌詞:土砂降り雨に 頭から 濡れてふたりで 駆け込んで 肩を並べて

わすれ傘

服部浩子

作詞:わたなべ泰彦

作曲:影山時則

歌詞:邪魔になったら 何処かに捨てて どうせお店の わすれもの 言って差しだし

旅路の花

服部浩子

作詞:池田充男

作曲:伊藤雪彦

歌詞:裾をはしょって 駆けこむ船に 港しぐれが 追いすがる とめないで

志摩の磯笛

服部浩子

作詞:馬場登代光

作曲:桧原さとし

歌詞:砂をにぎれば ぽろぽろと つかみきれない 儚さよ 潮の匂いが

ひとひらの伝言

服部浩子

作詞:菅麻貴子

作曲:浅野佑悠輝

歌詞:春にはぐれ 散る花哀し 女ごころ 去りゆく夢のよに この町で恋をして

海峡つばめ

服部浩子

作詞:たきのえいじ

作曲:西條キロク

歌詞:霧に隠れて 行く船の 波が別れの 文字になる 追えばあなたを

北の女房

服部浩子

作詞:吉岡治

作曲:岡千秋

歌詞:海が時化れば 眠りも浅い ましてオンボロ オンボロ船だよ 帰れば

紅筆哀歌

服部浩子

作詞:石原信一

作曲:徳久広司

歌詞:紅をひと筆 引く手の重さ 来ないあなたを 待つ夜更け 化粧鏡に

女の裏通り

服部浩子

作詞:麻こよみ

作曲:影山時則

歌詞:嘘も言います 女です 意地もあります 女です 渡る世間の

波の花海岸

服部浩子

作詞:麻こよみ

作曲:徳久広司

歌詞:岩に砕ける 波の花 そっとあなたに 身を寄せる 捨てて来ました何もかも

夢ほたる

服部浩子

作詞:とき・たけし

作曲:ムロマサノリ

歌詞:誰を呼ぶのか ほたる火よ 消すに消せない 恋慕火か いく夜逢う瀬を

三日月海峡

服部浩子

作詞:田久保真見

作曲:岡千秋

歌詞:女の胸には 海がある 夢さえ溺れる 涙の海に 憎さ恋しさ

明日花~あしたばな~

服部浩子

作詞:たきのえいじ

作曲:桧原さとし

歌詞:雨に打たれて 寄り添いながら 花も咲く日を 待ちわびる 逢えて良かった

未練のなみだ

服部浩子

作詞:池田充男

作曲:徳久広司

歌詞:泣いても泣いても 堰を切る なみだよどうして あふれるの よわい女と

夢追い草紙

服部浩子

作詞:たきのえいじ

作曲:弦哲也

歌詞:月のしずくは 涙のしずく つなげば未練の 恋文になる かりそめの

はまゆう哀花

服部浩子

作詞:たきのえいじ

作曲:聖川湧

歌詞:人目ふれずに 咲き誇る 咲いて哀しい 花の群れ あなたと重ねた

余花の雨

服部浩子

作詞:菅麻貴子

作曲:浅野佑悠輝

歌詞:あなたを あなたを あなたを探している 舞い落ちる花びら ああ

むらさき日記

服部浩子

作詞:松井由利夫

作曲:叶弦大

歌詞:ときめく夢の 日捲りは 春がこぼれて 秋になる 十二単の

倖せ通りゃんせ

服部浩子

作詞:菅麻貴子

作曲:桧原さとし

歌詞:雨降る こんな日は 相合傘で 風吹く 夕暮れは

波止場

服部浩子

作詞:横山賢一

作曲:聖川湧

歌詞:岬がくれの 船の灯よりも 揺れてせつない 恋ごころ 霧笛泣け泣け

さくら さくら

服部浩子

作詞:菅麻貴子

作曲:西條キロク

歌詞:女ですもの こぼれた花を 両手に包んで また散らす 惚れた数から

越前恋歌

服部浩子

作詞:秋浩二

作曲:伊藤雪彦

歌詞:哀しい恋の歳月を 知ってるように海風に 抱かれて眠る 波も麗な若峡の湾よ あなたを捜し浜辺を歩けば

北山しぐれ

服部浩子

作詞:水木かおる

作曲:岸本健介

歌詞:何もかも 捨ててくれとは 死ぬほど好きでも 云えません くちびる寒い

涙の終列車

服部浩子

作詞:建石一

作曲:聖川湧

歌詞:愛の 愛の迷いを たち切れと 隣のホームで ベルが鳴る

ほろ酔い恋唄

服部浩子

作詞:池田充男

作曲:聖川湧

歌詞:おんなにうまれて しあわせか わたしにとっては ふしあわせ できることなら

接吻 -くちづけ-

服部浩子

作詞:荒木とよひさ

作曲:花岡優平

歌詞:悪戯に吸う 貴方が忘れた 悲しいシガレット いけない女とわかっていても 貴方の唇

舞踏曲

服部浩子

作詞:荒木とよひさ

作曲:西條キロク

歌詞:花の いのちは 短くて 恋の いのちも

霧幻峡

服部浩子

作詞:北爪葵

作曲:ムロマサノリ

歌詞:張り裂けた 心にひやり 会津の風が 忍び込む 真っ白な

未練の花

服部浩子

作詞:田久保真見

作曲:あらい玉英

歌詞:あんな男と 言いながら あんな男が 好きなのよ 心の傷に

乱れ酒

服部浩子

作詞:田久保真見

作曲:岡千秋

歌詞:心に嘘を つきながら 生きてゆくのは 何のため あなたに甘えて

炎の川

服部浩子

作詞:菅麻貴子

作曲:岡千秋

歌詞:隠れ里… 緋色が揺れます 京友禅の 川面に運命が 浮き沈み

桜筏

服部浩子

作詞:菅麻貴子

作曲:桧原さとし

歌詞:そうよおんなは この胸で 蕾を大事に あたためる 花は咲き

若葉の頃に逢いたくて…

服部浩子

作詞:杜広雪

作曲:浅野佑悠輝

歌詞:壊れた夢の 欠片を集めて 積み重ねても もとに戻らない 涙でかわした

小雨町

服部浩子

作詞:かず翼

作曲:四方章人

歌詞:雨が涙を 誘うよに 女の胸を 濡らして行った 忘れなくては

とまり木の街

服部浩子

作詞:坂口照幸

作曲:水森英夫

歌詞:今もそのまま あの頃と この街むかしの 風が吹く 不しあわせだと

海峡夜明け前

服部浩子

作詞:仁井谷俊也

作曲:西條キロク

歌詞:港の霧笛に 急かされながら 無口に改札 くぐります 昨日届いた

愛愁挽歌

服部浩子

作詞:三浦朋子

作曲:酒田稔

歌詞:つくり笑顔を カモメが笑う 群から 離れぬようにと 茜雲

響灘

服部浩子

作詞:吉岡治

作曲:聖川湧

歌詞:死ぬも死ぬも生きるも一緒だと 言った言った筈です港駅 風が肩を揺する 泣けとばかりに みだれ髪

夕立雨

服部浩子

作詞:山田孝雄

作曲:聖川湧

歌詞:ひとりぼっちが 淋しくて 男ごころに からみ酒 のめないお酒と遊んでいても

長崎ワルツ

服部浩子

作詞:荒木とよひさ

作曲:西條キロク

歌詞:和蘭陀しぐれの 雨が降る あの人 こぬかの 洗い髪

服部 浩子(はっとり ひろこ、1971年5月29日 - )は、神奈川県秦野市出身の演歌歌手。所属事務所はサニーサイドブレーンズ。所属レコード会社はテイチクエンタテイメント。 wikipedia