1. 歌詞検索UtaTen
  2. 多岐川舞子
  3. 多岐川舞子の歌詞一覧

多岐川舞子の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月25日

57 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

湖愁

多岐川舞子

作詞:たかたかし

作曲:市川昭介

歌詞:青い湖 たそがれて 霧がしずかに 湖水をはしる 胸にさざ波

南国土佐に雪が降る

多岐川舞子

作詞:水木れいじ

作曲:岡千秋

歌詞:北へ行ったら よかったかしら おもい切れずに また泣くのなら いとしさ憎さが

柳川しぐれ

多岐川舞子

作詞:麻こよみ

作曲:徳久広司

歌詞:色も寂しく 花菖蒲 女の涙を また誘う 水路を廻る

花道

多岐川舞子

作詞:里村龍一

作曲:市川昭介

歌詞:いのち いのち男が 賭ける時 惚れて女は 花になる

夢ごこち

多岐川舞子

作詞:坂口照幸

作曲:市川昭介

歌詞:いいからお前も 飲めなんて どういう風の 吹きまわし 片目つむって

夢夜景

多岐川舞子

作詞:里村龍一

作曲:伊藤雪彦

歌詞:倖せ探せば 不倖せ 冷たい憂き世の 肩しぐれ 雨よあのひと

夜が泣いている

多岐川舞子

作詞:かず翼

作曲:水森英夫

歌詞:それじゃアバヨと 口笛吹いて 恋が消えてく 裏通り 女やめたく

路地裏のれん

多岐川舞子

作詞:岡田冨美子

作曲:市川昭介

歌詞:あの路地右へ曲がったら いつもあなたが飲んでるお店 白いのれんの向こう側 今日もいるはず 会えるはず…

夢灯り

多岐川舞子

作詞:麻こよみ

作曲:徳久広司

歌詞:泣くも笑うも 一緒と決めて 肩を寄せ合い 生きて来た そっと心の

望郷みさき

多岐川舞子

作詞:かず翼

作曲:弦哲也

歌詞:海が日暮れりゃ 沖ゆく船に ぽつり未練の 灯がともる あなた止める手

ひとめぼれ

多岐川舞子

作詞:水木れいじ

作曲:岡千秋

歌詞:他人が泣いてりゃ ほっとけず 買った苦労で 泣かされる あんな野暮天

幻海峡

多岐川舞子

作詞:吉田旺

作曲:徳久広司

歌詞:おんな心の 真中あたり みれん色した 海がある おまえをきっと

飛騨の恋文

多岐川舞子

作詞:荒木とよひさ

作曲:徳久広司

歌詞:駅舎に降りれば そこまで冬が あなた忘れる 旅ひとり 飛騨の白河

雪ほたる

多岐川舞子

作詞:土田有紀

作曲:岡千秋

歌詞:肩で息して とび乗る夜汽車 純情たちきる ベルの音 夢の灯が

夢織り酒場

多岐川舞子

作詞:里村龍一

作曲:伊藤雪彦

歌詞:煙草の空箱 鶴に折り 飛ばせば涙が あとを追う 想い出を

出雲雨情

多岐川舞子

作詞:かず翼

作曲:水森英夫

歌詞:あなたと決めた 別れ旅なのに なんでこの手が 離せない 出雲斐伊川

海峡たずね人

多岐川舞子

作詞:石原信一

作曲:徳久広司

歌詞:手紙の消印 手がかりに あなた探して 北の果て 幸せつかめと

一夜雨

多岐川舞子

作詞:里村龍一

作曲:伊藤雪彦

歌詞:心がわりを 恨んでみても 雨が優しい 想い出泣かす 淋しさつのれば

風の尾道

多岐川舞子

作詞:かず翼

作曲:徳久広司

歌詞:忘れるための 旅なのに 恋しさばかりが つのります 小さなあやまち

八坂恋物語

多岐川舞子

作詞:かず翼

作曲:徳久広司

歌詞:しょせんは 添えない仲なのに あの日はやさしく 傘さしかけて その気あるやら

京都 ふたたび

多岐川舞子

作詞:麻こよみ

作曲:徳久広司

歌詞:ひとつ ひとつと 噂集めて たずねて来ました 河原町

京都 別れ雨

多岐川舞子

作詞:麻こよみ

作曲:徳久広司

歌詞:別れに涙 見せへんわ 笑顔で送ると 決めていた 傷つくことが

みそか酒

多岐川舞子

作詞:さいとう大三

作曲:水森英夫

歌詞:雪になりそな 裏町に ひとつ灯りが またひとつ ひとつ良いこと

噂の真相

多岐川舞子

作詞:岡田冨美子

作曲:水森英夫

歌詞:キャンドルライトが妖しくゆれるから カクテルグラスに口づけしちゃったわ あなたも今夜は微妙にその気ね 指先見てると酔わせてほしくなる ah~a

七尾しぐれ

多岐川舞子

作詞:かず翼

作曲:水森英夫

歌詞:雪なら払えば すむものを 芯まで沁みます 秋の雨 和倉

霧の城

多岐川舞子

作詞:かず翼

作曲:水森英夫

歌詞:別れるためだけに 出逢った二人 どうしてこんなに 愛してしまったの 竹田

明石海峡

多岐川舞子

作詞:かず翼

作曲:水森英夫

歌詞:明石海峡 今日も日が暮れて はぐれ鴎が ピヨロと啼いた 俺を待つなと

北の雪船

多岐川舞子

作詞:池田充男

作曲:岡千秋

歌詞:泣くじゃない 俺がいる 抱きよせられて また涙 あなたの命に

東京雨あがり

多岐川舞子

作詞:池田充男

作曲:岡千秋

歌詞:明日を生きる みちづれに わたしがほしいと いうあなた この命

天川しぐれ

多岐川舞子

作詞:坂口照幸

作曲:市川昭介

歌詞:秋のなごり惜しんで 大峯山も 紅葉伝いに 吉野へ続く 拒むこの道

浮草の町

多岐川舞子

作詞:石原信一

作曲:徳久広司

歌詞:人を押しのけ 生きられなくて へたな世渡り それが好き あなたの値打ちは

雨のたずね人

多岐川舞子

作詞:石原信一

作曲:徳久広司

歌詞:雨の向こうに 灯りがともる あなたと初めて 逢った街 濡れた体を

嵯峨野路ふたり

多岐川舞子

作詞:石原信一

作曲:徳久広司

歌詞:迷子のすずめの 竹やぶに 春の光を どなたがくれた 他人もうらやむ

新宿たずね人

多岐川舞子

作詞:石原信一

作曲:徳久広司

歌詞:涙こぼした グラスの酒を あなた取り上げ 飲み干した 根なし草でも

東京浪漫

多岐川舞子

作詞:伊藤薫

作曲:伊藤薫

歌詞:昔あなたと住んでいた 線路の脇のアパートで 貨物列車を数えては 二人で旅の夢を見た あれは昭和だったわね

夜汽車の女

多岐川舞子

作詞:たかたかし

作曲:徳久広司

歌詞:逢えば心が 迷うだけ 別れは手紙で つたえます 走る夜汽車は

紀の川慕情

多岐川舞子

作詞:水本忠男・補作詞:多野亮

作曲:花笠薫

歌詞:人目忍んで 紀の川の 水の流れに すすり泣く たとえ添えない

石北本線

多岐川舞子

作詞:かず翼

作曲:徳久広司

歌詞:未練という名の 傷あとを 連れて女の ひとり旅 北の都の

秋冬カモメ

多岐川舞子

作詞:たきのえいじ

作曲:伊藤雪彦

歌詞:波がちぎれて 岩場を削る 風は裳裾に からみつく あなた

津軽絶唱

多岐川舞子

作詞:たきのえいじ

作曲:伊藤雪彦

歌詞:風がうなれば 山が啼く 三味線はじょんから 身を焦がす こんな日暮れは

鳴き砂海岸

多岐川舞子

作詞:かず翼

作曲:伊藤雪彦

歌詞:愛にはぐれた 女の胸を 揺する海鳴り 夜明けのオホーツク 旅の終りは

雨の裏町

多岐川舞子

作詞:たかたかし

作曲:市川昭介

歌詞:雨の裏町 灯の影で ひとり泣いてる 恋もある あなたどうして

男灘

多岐川舞子

作詞:星野哲郎

作曲:市川昭介

歌詞:波に頭を どやされて 船は何をッと ホイサト 立ち上がる

越後平野

多岐川舞子

作詞:かず翼

作曲:岡千秋

歌詞:枯れ葉散らして 吹く木枯しが 夢も連れてく 晩秋の町 遠くはぐれた

きさらぎの川

多岐川舞子

作詞:かず翼

作曲:弦哲也

歌詞:雪が哀しく 積もりもせずに 冬の流れに 溶けては消える 胸に刻んだ

信濃川

多岐川舞子

作詞:かず翼

作曲:弦哲也

歌詞:闇にひと声 夜汽車の汽笛 雪の平野を 遠ざかる 華を咲かせて

海峡終列車

多岐川舞子

作詞:かず翼

作曲:岡千秋

歌詞:風に舞い散る 粉雪が まつげで溶けて 涙をさそう つれて行ってと

恋待酒

多岐川舞子

作詞:仁井谷俊也

作曲:岡 千秋

歌詞:逢えない夜の なぐさめに 覚えた酒は なみだ割り あなた…あなたが

里に降る雪

多岐川舞子

作詞:小田めぐみ

作曲:岡千秋

歌詞:あんずの枝が 芽吹く頃 帰ってくると 抱いたひと 花もおぼえて

あなたとふたり

多岐川舞子

作詞:たきのえいじ

作曲:市川昭介

歌詞:雨が背中にしみる日は あなたの心に 雨やどり 尽くし足りない 私だけれど