1. 歌詞検索UtaTen
  2. 小金沢昇司
  3. 小金沢昇司の歌詞一覧

小金沢昇司の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

もう一度札幌

まるであなたを隠すよに 雪が降りしきる 胸に浮かべる 面影よ… 札幌

おぼえていますか

おぼえていますか 雨の街角 別れたあの日を 想えばつらい 二人の愛が

おまえがいたから俺がいる

こんな男の どこがいい 酔いにまかせて 聞いてみる 交う情けの

神楽坂

毘沙門天の おみくじを 坂の途中で 引いたのは 待ち人はもう

ありがとう…感謝

ありがとう ありがとう 言い尽くせない ありがとう

歌の旅人

生まれた時代は 昭和の彼方 遙かな道のり ふりむけば きょうまでどうにか

願・一条戻り橋

ああ あなたの手の 温もりが恋しい いつも隣にいた 優しいあなた

北の三代目

沖の波間に 夕陽が沈みゃ あすも大漁の まわし酒 おやじ三味弾きゃ

俺の夕焼け

こんなに人が あふれる街で 何が男を 淋しくさせる 切ない程の

南部酒

酒を飲むなら 肴はいらぬ 茶わん ひとつが あればいい

Happy Birthday~花束を添えて~

Happy Birthday Happy Birthday 大切なあなたに

明日の風

一度や二度なら 誰にもあるさ 悔し涙を 流す夜 くよくよするなよ

北都物語

あれから何年 経つのだろうか 君と別れた あの日から ひとり北国

春はもうすぐ

せめて今夜は 二人して 花を一輪 飾って いつもおまえは

ひとひらの雪

心細さにひとり 空を見上げれば 涙曇りか 胸が凍りつく ひとひら

花は黙って咲いている

日暮れの雨に 打たれても 花は黙って 咲いている 冷たい風に

真夜中のものがたり

淋しくないか このまま別れて どしゃ降りの雨に 消えるのは ひとり上手を

オモニ~母へ~

母が歌った あの歌が 黄昏の街 聞こえたら 溢れ流れる

赤いピアス

あなたの甘い あの囁きを 赤いピアスが おぼえてる つらい別れを

黄昏ララバイ

忘れたはずでも 寂しくて あなたの背中を 探してる 夕暮れの街を

小さな祭り

夏の西日が ブリキの玩具照らす たこ焼きのおばさん いい汗かいてる 焼きイカの大きさ

兄貴と呼んでいいですか

一匹狼 気取ったわけでも 独りが好きな わけでもないが わざわざ他人に

ウランバナ

吐息 ひとつ こぼし 軒先に 盆提灯

北のめぐり逢い

誰より愛して いるくせに 今日まで寄り道 まわり道 女ごころの

おまえだけ

私のぶんまで その夢追いかけて 傍に居ちゃ あなたの重荷よと 無理に

みちづれ川

冷たい噂に 追われるように ふたりあの町 捨てて来た どこへ流れる

昭和の花

夢にはぐれた 時代の川を 命つないで 一緒に流された おまえ

はまなす海岸

最後のおまえの 電話から かすかに聞こえた 波の音 二人の思い出

横浜セレナーデ

風に黒髪 なびかせて 潮の薫りを 身にまとう 黄昏せまる

男のひとりごと

薄い扉の 小さな酒場 ここだけポツンと 昔のままで 一番奥の