金田たつえの歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 金田たつえ
  3. 金田たつえの歌詞一覧

金田たつえの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月28日

97 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

能登の火祭り

金田たつえ

作詞: 横山賢-

作曲: 花笠薫

歌詞:能登の火祭り 月夜の浜に キリコの若衆 渦を巻く わたしもあなたに

~坂本龍馬~ 青嵐の夢

金田たつえ

作詞: 白石哲

作曲: 花笠薫

歌詞:ワシがやらんで 誰がやる 賭けて悔いない この命 天下ゆらして

女の暦

金田たつえ

作詞: 一ツ橋雪

作曲: 池田八声

歌詞:愛することに 疲れても それでも二人は 夫婦です 色恋沙汰に

たつえの河内音頭

金田たつえ

歌詞:エー さては この場の皆々様ヨー チョイト出ました

おまえさん

金田たつえ

作詞: 吉田旺

作曲: 松原謙

歌詞:紺の暖簾に 染めぬいた "夫婦"二文字が 目に沁みる やっとだせたね

望郷江差~演歌・江差追分~

金田たつえ

作曲: 萩仁美

歌詞:松前江差の 津花の浜で ヤンサノエー 好いた同志の 泣き別れ

命みちづれ

金田たつえ

作詞: 仁井谷俊也

作曲: 花笠薫

歌詞:愛したことが 罪ですか こぼす涙が 罪ですか あなたがふたり

瞽女の恋唄

金田たつえ

作詞: 沼川淳

作曲: 稲沢祐介

歌詞:吹雪の中を何処までも 何処までも 歩きました 仲間の背中につかまった かじかんだ指先が

愛恋ほたる

金田たつえ

作詞: 高橋直人

作曲: 萩仁美

歌詞:みだれた髪を いとしむように やさしく流れる 指の櫛 幸せに酔いしれて

おんなの倖せ

金田たつえ

歌詞:女の倖せ いつかはきっと 来る日を信じて そっと耐えてきた 泣かせてくれますか

他人妻

金田たつえ

作詞: 仁井谷俊也

作曲: 花笠薫

歌詞:待たされつづけた 恨みも忘れ 逢いたかったと 腕の中 腕の中

ど阿呆浪速華

金田たつえ

歌詞:(セリフ)「関根はん 明日は大阪将棋みせまっせ」 今も浪速の 通天閣を

おけさ情話

金田たつえ

歌詞:海が引き裂く 二人の恋を 情け小泊 寺泊 ハア

女房です

金田たつえ

作詞: 原文彦

作曲: 三宅広一

歌詞:ひとに言えない 苦労をだいて 生きて来たのね ねえ あんた

花街の母

金田たつえ

作詞: もず唱平

作曲: 三山敏

歌詞:他人にきかれりゃ お前のことを 年のはなれた妹と 作り笑顔で 答える私

花街三味線

金田たつえ

歌詞:芸は売り者 からだは自前 なんで捨てらりよ むざむざと 色と欲とがからまる裾を

風の追分みなと町

金田たつえ

歌詞:風の江差に 来てみれば はぐれ 鴎が 波に舞う

くちなし情話

金田たつえ

作詞: 吉田旺

作曲: 鈴木淳

歌詞:好きで我が子を 死なせる母が どこにいましょう いるならば それは鬼です

奄美ブルース

金田たつえ

作詞: 沼川淳

作曲: 池田八声

歌詞:泣かぬつもりの 恋なのに いつか覚えた 夜泣き癖 月よ照らすな

夫婦譜~愛するあんたに贈る応援歌~

金田たつえ

作詞: 原文彦

作曲: 三宅広一

歌詞:越えられぬ 試練など あるものですか 泣いたら負けです ねぇ

父娘酒

金田たつえ

作詞: 多野亮

作曲: 花笠薫

歌詞:おつかれさまです お父さん 冷えたビールを さあどうぞ 女房みたいな

夫婦蛍

金田たつえ

作詞: 土屋正敬

作曲: 稲沢祐介

歌詞:暗い夜空に 青い灯が 二つ仲良く 飛んでゆく 危ない川に

あらしやま~京の恋唄~

金田たつえ

作詞: 多野亮

作曲: 花笠薫

歌詞:人目忍んだ 相合傘を すねた川風 からんで揺らす 紅葉が色増す

阿波の恋唄

金田たつえ

歌詞:エライヤッチャ エライヤッチャ ヨイヨイ ヨイヨイ

お母さん

金田たつえ

作詞: 関口義明

作曲: 花笠薫

歌詞:どなたですかと 他人のように わたしを見上げて きく母の 笑顔は昔と

男に泣いてもらいます

金田たつえ

作詞: 市川武志

作曲: 西脇功

歌詞:惚れたふられた 泣かされた 女ばかりが 馬鹿をみた 人のこころも

四季の酒

金田たつえ

歌詞:合縁奇縁で 結ばれて 今日までふたりで 歩いてきたの 振り向きゃ苦労の

真剣師

金田たつえ

歌詞:負けて傷つく 名誉はないが 勝たにゃ明日の 銭がない 誰か付けたか

かくれ傘

金田たつえ

歌詞:ふたりは夫婦に 見えるでしょうか 揃いの浴衣の いで湯橋 傘に隠した

春蝉の宿

金田たつえ

作詞: 多野亮

作曲: 花笠薫

歌詞:春蝉の 鳴く声が 骨まで沁みる かくれ宿 他人の謗りを

さいはて女工節

金田たつえ

歌詞:誰が知るやら 知らぬやら 遠い昔の 忘れ唄 海は何にも

湯の町情話

金田たつえ

作詞: 原文彦

作曲: 三宅広一

歌詞:窓の下から ささやくような 川のせせらぎ 枕にさわぐ あなたこの手を

酔いどれて浪花節

金田たつえ

作詞: 鳥井実

作曲: 松浦孝之

歌詞:女を騙して 逃げて行く 男が憎くて たまらない 俺に未練を

泣き達磨

金田たつえ

作詞: 倉田二郎

作曲: 南谷龍

歌詞:まんまる顔で 太鼓腹 心もまるい 眼もまるい 人情話

髪切り夢屋

金田たつえ

作詞: 倉田二朗

作曲: 南谷龍

歌詞:未練はないわ 長い黒髪 すぐに切ってと 女がひとり 私の店は

大阪情話

金田たつえ

作詞: 吉田旺

作曲: 岡千秋

歌詞:お父ちゃんを買うてと 泣きじゃくる 不憫なこの子を 抱きしめて 生きてます

夕顔

金田たつえ

歌詞:濡れた黒髪 梳く指の 細さに泣けば 焦がれ月 あなたの浴衣の

博多恋ごよみ

金田たつえ

作詞: 石本美由起

作曲: 岡千秋

歌詞:飲んで 嬉しい お酒もあるが 酔うて 泣きたい

人妻

金田たつえ

歌詞:しあわせあげると言われた人に すがれぬ運命の それは人妻 愛することも答えることも 眠むることも

娘の金屏風

金田たつえ

作詞: 荒川利夫

作曲: 殿島周二

歌詞:女手ひとつで 育てた娘 花と咲きます 金屏風 よかった

夢花火

金田たつえ

作詞: 三浦康照

作曲: 石中仁人

歌詞:逢えば逢うほど 別れが辛い 辛い別れの しのび逢い 不倫じゃないのよ

夕影鳥

金田たつえ

作詞: 高橋直人

作曲: 三宅広一

歌詞:夕暮れの 雅の京都 薄墨の とばりが下りる 鳴いて

土佐の恋唄

金田たつえ

歌詞:今年こそはと 希望をかけた これで何度の 待ちぼうけ あなたなくても

沖縄哀歌

金田たつえ

作詞: 荒川利夫

作曲: 稲沢祐介

歌詞:沈む夕日の 海の色 明日もあなたと 眺めたい 愛しあっても

望郷おんな酒

金田たつえ

作詞: 杉紀彦

作曲: 聖川湧

歌詞:瞼をとじりゃ 灯りがみえる 心ちぎって 見捨てた故郷 愛に走るも

帰郷

金田たつえ

作詞: 倉田二朗

作曲: 南谷龍

歌詞:名も無き山並み 故郷の 仰ぎて忍ぶ 父の顔 信じた道を

道導

金田たつえ

作詞: 高橋直人

作曲: 萩仁美

歌詞:歩む道さえ 決めかねて 迷い悩んだ 若い日よ あてもないまま

ソーラン挽歌

金田たつえ

歌詞:景気に湧いたあの頃は 夜は篝火燃えていた 母は番屋で飯を炊き 父は鰊の群れを追う ヤン衆相手に日本海

浪花なさけ橋

金田たつえ

作詞: 一ツ橋雪

作曲: 池田八声

歌詞:着物には きりりと帯を締めるよに 浪花の川には 恋情行き交う 橋があります

母恋巡礼

金田たつえ

歌詞:あれもこれもと 想っていても 夢で終った 親孝行 離れ離れにめ