薬師丸ひろ子の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 薬師丸ひろ子
  3. 薬師丸ひろ子の歌詞一覧

薬師丸ひろ子の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月26日

97 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

戦士の休息(映画「野性の証明」主題歌)

薬師丸ひろ子

作詞: 山川啓介

作曲: 大野雄二

歌詞:ありがとう ぬくもりを ありがとう 愛を かわりに

椰子の実

薬師丸ひろ子

作詞: 島崎藤村

作曲: 大中寅二

歌詞:名も知らぬ 遠き島より 流れ寄る 椰子の実一つ

元気を出して

薬師丸ひろ子

歌詞:涙など見せない 強気なあなたを そんなに悲しませた人は誰なの? 終わりを告げた恋に すがるのはやめにして

セーラー服と機関銃

薬師丸ひろ子

歌詞:さよならは別れの言葉じゃなくて 再び逢うまでの遠い約束 夢のいた場所に 未練残しても 心寒いだけさ

Woman "Wの悲劇"より

薬師丸ひろ子

作詞: 松本隆

作曲: 呉田軽穂

歌詞:もう行かないで そばにいて 窓のそばで腕を組んで 雪のような星が降るわ 素敵ね

潮騒のメモリー

薬師丸ひろ子

作詞: 宮藤官九郎

作曲: 大友良英 ..

歌詞:来てよ その火を 飛び越えて 砂に書いた アイ

Cavatina(映画「ディア・ハンター」テーマ曲)

薬師丸ひろ子

作詞: Cleo Laine

作曲: Stanley Myers

歌詞:She was beautiful, Beautiful to

あなたを・もっと・知りたくて

薬師丸ひろ子

作詞: 松本隆

作曲: 筒美京平

歌詞:ベルが鳴るあなたの部屋で 8つまで数えて切った 淋しさは こわくないけど 逢えないと

メイン・テーマ

薬師丸ひろ子

作詞: 松本隆

作曲: 南佳孝

歌詞:時は忍び足で 心を横切るの もう 話す言葉も 浮かばない

紳士同盟

薬師丸ひろ子

作詞: 阿木燿子

作曲: 宇崎竜童

歌詞:神様の投げた輪が二人の 額にゴツンとぶつかったみたい 運命の悪戯をたぐり寄せたら 背高のっぽのあなたと また鉢合わせ

雨は止まない

薬師丸ひろ子

作詞: 尾崎亜美

作曲: 尾崎亜美

歌詞:急な電話で 驚かせて ごめんね 指が覚えてたの 借りたままの

愛のバラード(映画「犬神家の一族」テーマ曲)

薬師丸ひろ子

作詞: 山口洋子

作曲: 大野雄二

歌詞:死んではいけないと 風が今日もささやく 水に生える白い花が 胸にしみるけど 耐えて生きる事も

探偵物語

薬師丸ひろ子

作詞: 松本隆

作曲: 大瀧詠一

歌詞:あんなに激しい潮騒が あなたの背後で黙りこむ 身動きも出来ないの 見つめられて 夢で叫んだように

アナタノコトバ

薬師丸ひろ子

歌詞:あぁ 母のアイロン スチームの匂い 思い出した あぁ

風に乗って

薬師丸ひろ子

作詞: 上田知華

作曲: 上田知華

歌詞:会社の 帰りの 電車の窓から マーマレード色の夕焼けを見たの

コール(映画「ナースコール」主題歌)

薬師丸ひろ子

作詞: 須藤晃

作曲: 玉置浩二

歌詞:眠れず 窓の外 夜明けを見てた 独りぼっちで名前を 呼び続けてた

語りつぐ愛に

薬師丸ひろ子

歌詞:雨上り 窓辺に たたずみ 風のざわめきを 冷たく

明日が来る

薬師丸ひろ子

歌詞:眠れぬ理由を 辿りながら くやしい涙が 瞳を溢れた

終楽章

薬師丸ひろ子

歌詞:あどけのない その笑顔に 惑わされて ためらわれて 幾度となく

すこしだけ やさしく

薬師丸ひろ子

作詞: 松本隆

作曲: 大瀧詠一

歌詞:少しだけ優しくしてあげる もしも心に怪我をしたなら 淋しさって繃帯で縛ってあげる 少しだけ優しくしてあげる

野の花

薬師丸ひろ子

作詞: 高橋啓太

作曲: 高橋啓太

歌詞:夜が明けたよ 歩きはじめよう 僕を呼ぶ声 ほら金色の朝 鳥は翔び立ち

窓(NHK みんなのうた 2018年4-5月放送)

薬師丸ひろ子

作詞: 松井五郎

作曲: 松本俊明

歌詞:風を呼ぶ木の葉 そよぐ鳥の羽根 光を招いて 目覚める朝

こころにすむうた(NHK ラジオ深夜便 4~5月「深夜便のうた」)

薬師丸ひろ子

作詞: 岡田惠和

作曲: 兼松衆

歌詞:なぜだか口ずさむ メロディありますか? 名前も忘れてる こころにすむうた

ベンのテーマ(映画「ベン」主題歌)

薬師丸ひろ子

作詞: 増永直子 ..

作曲: Walter Scharf

歌詞:ベン 僕らはともだち さがし求めていた もう僕は一人じゃないんだね 君がいるからさびしくないよ(さびしくない)

追憶(映画「追憶」主題歌)

薬師丸ひろ子

作詞: 岩谷時子 ..

作曲: Marilyn Bergman ..

歌詞:今 心の中を よぎる水色の想い出よ ほほえむ 幸せそうな写真も

Tea For Two(映画「二人でお茶を」主題歌)

薬師丸ひろ子

歌詞:Oh,honey,picture me upon your knee

トゥモロー(「アニー」挿入歌)

薬師丸ひろ子

歌詞:朝が来れば TOMORROW いい事がある TOMORROW 明日

手をつないでいて

薬師丸ひろ子

歌詞:冗談を言いあって ふざけて笑ったり 話したい事が たくさんあったよね 一人で平気なんて

A LOVER'S CONCERTO

薬師丸ひろ子

作詞: Sandy Linzer ..

作曲: Sandy Linzer ..

歌詞:追いかけて行こう あなたのあとから 雨あがりの 誰もいないけものみち いつの間にか

夕暮れを止めて

薬師丸ひろ子

歌詞:ねぇ夕暮れを止めて 西陽のあたるベンチ いつもは見てるだけで 通りすぎてたけど ふいに休んだ午後に

アンフィニ

薬師丸ひろ子

歌詞:ひとりになりたいとき いつも この海に来てた 潮風と太陽が 私を

ここからの夜明け

薬師丸ひろ子

作詞: 松井五郎

作曲: 兼松衆

歌詞:海の遠くで空が滲んで 今日が生まれる それがなぜかは誰も知らない 時はただ流れるまま

Mr.Sandman(映画「バック・トゥ・ザ・ フューチャー」挿入歌)

薬師丸ひろ子

作詞: Pat Ballard

作曲: Pat Ballard

歌詞:Mister sandman,bring me a dream

秋の子

薬師丸ひろ子

歌詞:すすきの中の子 一、二の三人 はぜつりしてる子 三、四の五人 どこかで

止まった時計

薬師丸ひろ子

作詞: 飛鳥涼

作曲: 飛鳥涼

歌詞:どんな思いで さよなら告げたのか 忘れたわけじゃ まさか ないでしょうに

帰り路

薬師丸ひろ子

作詞: 松尾潔

作曲: 筒美京平

歌詞:あぁ はじめて暮らす場所で 言葉をさがした 笛を吹いては歩いて あぁ

時の贈り物

薬師丸ひろ子

歌詞:週末に沸く人々の歓声が 舗道を埋める頃が好き 僅かに灯る明りでさえ 息づくたそがれが好き

PRIMAVERA

薬師丸ひろ子

作詞: 紅葉降

作曲: 大村雅朗

歌詞:月も微笑んで 夜に抱かれてく 流れ星 願いごと ただ

Antique Clock

薬師丸ひろ子

作詞: 平松愛理

作曲: 平松愛理

歌詞:あなたに似た人 息が止まりかけた 交差点 人いきれ 私の肩を

Windy Boy

薬師丸ひろ子

歌詞:虹の彼方に消えた恋 悲しみは涙と共に それぞれの胸に 真冬の帰り道

つぶやきの音符

薬師丸ひろ子

作詞: 来生えつこ

作曲: 南佳孝

歌詞:古びたピアノに 黄ばんだ五線紙 口に出るのは つぶやきの音符

今日がはじまるなら

薬師丸ひろ子

作詞: 岡田惠和

作曲: 兼松衆

歌詞:めずらしいの 泣きごと言うのは ごめんね すぐ終わる 私

ムーン・リバー(映画「ティファニーで朝食を」主題歌)

薬師丸ひろ子

作詞: Jhon Mercer

作曲: HENRY MANCINI

歌詞:ムーン・リバー ふるさとの 海につづく川 わかれのかなしみ 流していっておくれ

冬の星座

薬師丸ひろ子

歌詞:木枯しとだえて さゆる空より 地上に降りしく 奇しき光よ ものみないこえる

Love holic

薬師丸ひろ子

作詞: 松本隆

作曲: 宇徳敬子

歌詞:人を好きに ならないと決めてた 迷路の森へと 迷うのはもういや 心に鍵かけ

うたかた

薬師丸ひろ子

歌詞:天国に跪くあなたを乗せた舟が 私の愛から風を集めて 緩く弧を描き静かに水面を滑る 答えを見つける鍵を忘れたまま

時代

薬師丸ひろ子

歌詞:今はこんなに悲しくて 涙もかれ果てて もう二度と笑顔には なれそうもないけど

天に星. 地に花.

薬師丸ひろ子

作詞: 松本隆

作曲: 筒美京平

歌詞:優しい人が言いました いま天に星、地には花、君に愛を 風はあなたの瞳から ふと透き通る絵のように流れてくる

アドレサンス (十代後期)

薬師丸ひろ子

作詞: 阿木耀子

作曲: 井上鑑

歌詞:月の夜はこっそり 花盗人になります 姫鏡台の上の 黒水仙の壜

スロー・バラード

薬師丸ひろ子

作詞: 松本隆

作曲: 南佳孝

歌詞:熱い視線 投げていたでしょ? 気付かないと想っていたの? あんなに遠いから

薬師丸 ひろ子(やくしまる ひろこ、本名:薬師丸 博子(読み同じ)、1964年6月9日 - )は、日本の女優、歌手。東京都港区北青山出身。東京都立八潮高等学校、玉川大学文学部英米文学科卒業。 1978年のデビュー以来、角川映画の中心的存在として人気の頂点を極め、21世紀に入ってからは母親役が似合い、シリアスからコメディな役まで主演・助演の両方をこなすベテラン女優として、また、円熟した歌手として活躍している。 wikipedia