小金沢昇司の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 小金沢昇司
  3. 小金沢昇司の歌詞一覧

小金沢昇司の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月24日

67 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

はまなす海岸

小金沢昇司

作詞: 麻こよみ

作曲: 徳久広司

歌詞:最後のおまえの 電話から かすかに聞こえた 波の音 二人の思い出

青春の忘れもの

小金沢昇司

作詞: 伊藤美和

作曲: 六月ゆか

歌詞:一人グラスを 傾けて しみじみ酔いたい 夜もある いつしか夢を

あなたは雪になりました

小金沢昇司

作詞: 松井五郎

作曲: 幸耕平

歌詞:またすぐに逢えると 別れたあの日 あなたの後ろ姿 追えばよかった いまでも

ありがとう…感謝

小金沢昇司

歌詞:ありがとう ありがとう 言い尽くせない ありがとう

願・一条戻り橋

小金沢昇司

歌詞:ああ あなたの手の 温もりが恋しい いつも隣にいた 優しいあなた

歌の旅人

小金沢昇司

歌詞:生まれた時代は 昭和の彼方 遙かな道のり ふりむけば きょうまでどうにか

北のめぐり逢い

小金沢昇司

作詞: 木下龍太郎

作曲: 弦哲也

歌詞:誰より愛して いるくせに 今日まで寄り道 まわり道 女ごころの

南部酒

小金沢昇司

歌詞:酒を飲むなら 肴はいらぬ 茶わん ひとつが あればいい

言葉のない子守唄

小金沢昇司

歌詞:みんなは君のことを 明るい人という だけど僕だけが そんな君を知らない 何かに疲れてしまい

おまえがいたから俺がいる

小金沢昇司

作詞: 麻こよみ

作曲: 徳久広司

歌詞:こんな男の どこがいい 酔いにまかせて 聞いてみる 交う情けの

アイ ラブ トーフ(NHKみんなのうた)

小金沢昇司

歌詞:ぷるるんるんるん ゆれてる ぷるるんるんるn ゆれてる 色白スベスベ

北の三代目

小金沢昇司

歌詞:沖の波間に 夕陽が沈みゃ あすも大漁の まわし酒 おやじ三味弾きゃ

冬の旅人

小金沢昇司

作詞: 田久保真見

作曲: 弦哲也

歌詞:コートの襟を立て 背中を丸めて 北の最果て 日暮れも間近 どこへ行こうか

北都物語

小金沢昇司

作詞: 木下龍太郎

作曲: 弦哲也

歌詞:あれから何年 経つのだろうか 君と別れた あの日から ひとり北国

面影橋から…

小金沢昇司

作詞: 伊藤美和

作曲: 弦哲也

歌詞:「この橋渡ったら お別れです」と お前は淋しく 笑ってみせた 坂の街

小樽運河に恋が降る

小金沢昇司

作詞: 伊藤美和

作曲: 弦哲也

歌詞:遠い昔に 憧れた女に どこか似ている 淋しげな瞳 二人が出会った

雨の交差点

小金沢昇司

作詞: 六月ゆか

作曲: 六月ゆか

歌詞:雨の交差点 行き交う人たち 見覚えある背中 心ざわめく 響くクラクション

赤いピアス

小金沢昇司

作詞: 麻こよみ

作曲: 徳久広司

歌詞:あなたの甘い あの囁きを 赤いピアスが おぼえてる つらい別れを

ひとひらの雪

小金沢昇司

作詞: 麻こよみ

作曲: 加藤将貫

歌詞:心細さにひとり 空を見上げれば 涙曇りか 胸が凍りつく ひとひら

小さな祭り

小金沢昇司

作詞: 八木英二

作曲: 八木英二

歌詞:夏の西日が ブリキの玩具照らす たこ焼きのおばさん いい汗かいてる 焼きイカの大きさ

おまえだけ

小金沢昇司

作詞: 吉田旺

作曲: 弦哲也

歌詞:私のぶんまで その夢追いかけて 傍に居ちゃ あなたの重荷よと 無理に

みちづれ川

小金沢昇司

作詞: 麻こよみ

作曲: 徳久広司

歌詞:冷たい噂に 追われるように ふたりあの町 捨てて来た どこへ流れる

俺の夕焼け

小金沢昇司

歌詞:こんなに人が あふれる街で 何が男を 淋しくさせる 切ない程の

二人の合言葉

小金沢昇司

歌詞:誰より素敵な 横顔を なみだで汚しちゃ いけないよ 最後の夜は

義経伝説

小金沢昇司

作詞: 中谷純平

作曲: 原譲二

歌詞:石がころがる 波がころがる 風が巻いて吹く 津軽竜飛崎 荒波吠える

明日の風

小金沢昇司

作詞: 麻こよみ

作曲: 四方章人

歌詞:一度や二度なら 誰にもあるさ 悔し涙を 流す夜 くよくよするなよ

無器用者だと言われても

小金沢昇司

歌詞:ガキの時代に夢見てた そんな男になれなくて いまでは三十路を とっくに過ぎた ただの酔っぱらい

希笛

小金沢昇司

歌詞:夕やけが落ちる線路に 熱き想いをたどれば いまは 帰らない遠き日に ひとり

黄昏ララバイ

小金沢昇司

歌詞:忘れたはずでも 寂しくて あなたの背中を 探してる 夕暮れの街を

別れの街

小金沢昇司

作詞: 麻こよみ

作曲: 加藤将貫

歌詞:雪の中を 振り向きもせずに 消えた背中 今日も思い出す 笑顔みせて

湾岸ホテル

小金沢昇司

歌詞:港灯が きれいだね この世に数ある 出逢いの中で どれより素敵な

おまえさがして

小金沢昇司

作詞: 吉田旺

作曲: 桜田誠一

歌詞:逢いたかったぜ ばかやろう…! 何処で泣いていた 噂たぐって 西東

おぼえていますか

小金沢昇司

作詞: 麻こよみ

作曲: 大谷明裕

歌詞:おぼえていますか 雨の街角 別れたあの日を 想えばつらい 二人の愛が

横浜セレナーデ

小金沢昇司

歌詞:風に黒髪 なびかせて 潮の薫りを 身にまとう 黄昏せまる

言い出せなくて

小金沢昇司

歌詞:俺の心を 知ってるように 言葉少なに おまえは目を伏せる 別れ話を

はずし忘れた時計

小金沢昇司

作詞: 久仁京介

作曲: 平尾昌晃

歌詞:はずし忘れた時計を 君はシャワーで 濡らしている 抱けばこの手をほどいて むかしのわたしじゃ

真夜中のものがたり

小金沢昇司

歌詞:淋しくないか このまま別れて どしゃ降りの雨に 消えるのは ひとり上手を

人生のそこかしこに

小金沢昇司

作詞: 水野有平

作曲: 水野有平

歌詞:今も 夢があります 胸に抱えきれぬほど 人生 そうそれは夢を

今を生きる

小金沢昇司

歌詞:いつも夜空を見上げてる 貴方と過ごしたあの日に戻るから 月日が過ぎても笑顔になるから 星を探しているの 心の中を綺麗にしないと

春はもうすぐ

小金沢昇司

作詞: 麻こよみ

作曲: 徳久広司

歌詞:せめて今夜は 二人して 花を一輪 飾って いつもおまえは

昭和の歌よ

小金沢昇司

歌詞:あの頃聞いた 流行の歌が 今でも 聞こえる 裏通り

兄弟挽歌

小金沢昇司

歌詞:義理が全ての この世界 辛さ悲しさ 厳しさを 二人乗り越え

昭和の花

小金沢昇司

歌詞:夢にはぐれた 時代の川を 命つないで 一緒に流された おまえ

Happy Birthday~花束を添えて~

小金沢昇司

作詞: 伊藤美和

作曲: 大谷明裕

歌詞:Happy Birthday Happy Birthday 大切なあなたに

君に贈る春の風

小金沢昇司

歌詞:愛が哀しみを 越える時が来て 人は明日へ 歩き出す 遥か未来へと

こんな別れが一つある

小金沢昇司

作詞: 西沢爽

作曲: 原譲二

歌詞:男は唇 かんだまま すがる目をした 女が残る 惚れていりゃこそ

花は黙って咲いている

小金沢昇司

作詞: 中村要子

作曲: 原譲二

歌詞:日暮れの雨に 打たれても 花は黙って 咲いている 冷たい風に

男のひとりごと

小金沢昇司

作詞: 麻こよみ

作曲: 徳久広司

歌詞:薄い扉の 小さな酒場 ここだけポツンと 昔のままで 一番奥の

神楽坂

小金沢昇司

歌詞:毘沙門天の おみくじを 坂の途中で 引いたのは 待ち人はもう

大人達のストリート

小金沢昇司

作詞: 伊藤美和

作曲: 小田純平

歌詞:電車の窓から 見下ろせば 今夜も人で あふれてる 長い一日

小金沢 昇司 (こがねざわ しょうじ、本名同じ、1958年8月31日 - ) は、神奈川県大和市出身の演歌歌手。ジャパンドリームエンターテイメント株式会社所属。血液型はAB型。身長は175cm。特技はサーフィンと空手。 wikipedia