島津悦子の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 島津悦子
  3. 島津悦子の歌詞一覧

島津悦子の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月28日

89 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

令和・風流屋形船

島津悦子

作詞: 下地亜記子

作曲: 弦哲也

歌詞:ハァー 粋でいなせな あなたに惚れて 情け深川 熱い仲

絆~きずな

島津悦子

作詞: かず翼

作曲: 弦哲也

歌詞:この世で寄り添い 結ばれる 不思議なものです 縁なんて 今では誰より

あの雲の下

島津悦子

歌詞:辛く尾を引く別れの汽笛 押さえる程にはらはらと 掌濡らす切ない涙 私の心捧げ尽した あなたが遠くかすみ行く

おんな渡り鳥

島津悦子

歌詞:惚れて…惚れていりゃこそ あと追いかける うわさ相模の 夕焼け港 好きだってさ

まつの木小唄

島津悦子

作詞: 藤田まさと ..

歌詞:松の木ばかりが まつじゃない 時計を見ながら ただひとり 今か今かと

酒は天下の廻りもの

島津悦子

歌詞:今日も一日 日が暮れて 町にはネオンの 花が咲く つらい事やら

恋姿一代女

島津悦子

作詞: かず翼

作曲: 徳久広司

歌詞:屋形船から 見初めたお方 寝ても覚めても まぶたに浮かぶ 咲いた花なら

お吉物語

島津悦子

作詞: 藤田まさと

作曲: 陸奥明

歌詞:泣いて昔が 返るなら なんで愚痴など 言うものか 花のいのちは

眠れぬ移り香

島津悦子

作詞: 八島義郎

作曲: 伊藤雪彦

歌詞:折りにふれ はっとするのよ 肌の香よ あなた… あなたの

父娘坂

島津悦子

歌詞:(父) 「花嫁人形のようにきれいだぁ……」 「今日、お父さんの手から離れていくんだね」 (娘) 「お父さん、本当に長い間お世話になりました」

長崎の夜はむらさき

島津悦子

作詞: 古木花江

作曲: 新井利昌

歌詞:雨にしめった 賛美歌の うたが流れる 浦上川よ 忘れたいのに

波止場しぐれ

島津悦子

作詞: 吉岡治

作曲: 岡千秋

歌詞:波止場しぐれが 降る夜は 雨のむこうに 故郷が見える ここは瀬戸内

友禅流し

島津悦子

歌詞:雪はまだ 河原に白く 指を切る 水のつめたさ 加賀の金沢

明治一代女

島津悦子

歌詞:浮いた浮いたと 浜町河岸に 浮かれ柳の はずかしや 人目しのんで

ちょうちんの花

島津悦子

作詞: 阿久悠

作曲: 円広志

歌詞:ちょうちん一つ 椅子五つ 他人の肩も 気にならぬ どちらの誰と

島津悦子

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:はぐれ蛍が よりそって しあわせ手さぐり 夢さぐり きれいごとでは

みだれ髪

島津悦子

作詞: 星野哲郎

作曲: 船村徹

歌詞:髪のみだれに 手をやれば 赤い蹴出しが 風に舞う 憎や

酔いどれて

島津悦子

作詞: 吉岡治

作曲: 浜圭介

歌詞:ひとり口紅 拭きとりながら 鏡のわたしに 声かける 上手に生きたね

ご満悦音頭

島津悦子

歌詞:花の緞帳 さらりと上げりゃ あなたとわたしの 出番です 今日という日は

俺と生きような

島津悦子

作詞: かず翼

作曲: 徳久広司

歌詞:何も言うなよ その目を見れば ついて行くわと 書いてある 惚れて惚れられ

長崎しぐれ

島津悦子

作詞: かず翼

作曲: 徳久広司

歌詞:傘を差す手に その手を重ね 幸せ捜そと 言った人 あなた私で

大菩薩峠

島津悦子

作詞: 志賀大介

作曲: 弦哲也

歌詞:途ならぬ 途もまた途 この途を 選んだわたしです

紅ひと夜

島津悦子

作詞: 坂口照幸

作曲: 弦哲也

歌詞:椿の花に 舞い翔ぶ雪が 絡むみれんの 赤と白 男と女の

海岸暮色

島津悦子

作詞: 坂口照幸

作曲: 弦哲也

歌詞:どこからが 空なのか どこまでが 海なのか 鈍色の

花のお江戸の艶次郎

島津悦子

歌詞:丙生まれの おきゃんなあの娘 恋わずらいとは 知らなんだ 元禄歌舞伎の

おんなの日本海

島津悦子

歌詞:あなたとふたりで 来たかった 沈む夕陽の 日御碕 さよならはしたけれど

酒場ひとり

島津悦子

作詞: 石本美由起

作曲: 岡千秋

歌詞:叶う夢やら 叶わぬ夢か 夢を追うのも 恋のため 別れても

流恋草

島津悦子

作詞: 里村龍一

作曲: 聖川湧

歌詞:流す涙は乾いても 淋しい心はかくせない 星も見えない この街で あなたしかない私

港のかもめ

島津悦子

作詞: 丹まさと

作曲: 弦哲也

歌詞:こんな寂しさ おいてゆく 憎いあんたに みれん雨 かなしいものね

湯河原湯情

島津悦子

歌詞:湯ざめするわと あなたの肩に 宿の丹前 着せかける 窓の下には

一刻者

島津悦子

作詞: 志賀大介

作曲: 弦哲也

歌詞:さすが薩摩の 男じゃないか 筋目けじめを 通して生きる 人の道にそれない

人生天国

島津悦子

作詞: 下地亜記子

作曲: 弦哲也

歌詞:そうさ人生 夢まつり かつぐ命の 大神輿 七つ転んで

連れづれ小唄

島津悦子

作詞: 水木れいじ

作曲: 弦哲也

歌詞:かぞえきれない 季節のなかで あんたのやんちゃに 手をやいた 怒ることより

うたかたの恋

島津悦子

作詞: 三浦康照

作曲: 水森英夫

歌詞:蛇の目の傘で 人目をさける ふたりの肩を 濡らす雨 辛い別れに

酔花火

島津悦子

作詞: 坂口照幸

作曲: 大谷明裕

歌詞:行ってはいやです もうあなた うしろ手で引く 花障子 抱かせて下さい

お登勢

島津悦子

歌詞:点してください 命の限り 男を貫く 夢の火を たとえ

海峡みなと

島津悦子

歌詞:古びた背広の 男がひとり 苦労が滲んだ 女がひとり 最終フェリーは

べらんめえ

島津悦子

作詞: 下地亜記子

作曲: 弦哲也

歌詞:ちょいとおきゃんで 器量よし 口の悪さが 玉に傷 惚れて焦がれた

かがやきパラダイス

島津悦子

歌詞:春は桜の 浅野川 友禅流しの 水清く そぞろ歩きの

雨の熱海

島津悦子

作詞: 建石一

作曲: 弦哲也

歌詞:雨の熱海で 待ちわびる いまかいまかと いで湯宿 遅いあなたが

涙の河

島津悦子

作詞: 吉岡治

作曲: 弦哲也

歌詞:人は誰でも 身体のなかに 涙の河があるという ふたりの出会いは 奇蹟でしょうか

恋路浜

島津悦子

歌詞:あなたと流した 涙のような 雨がいつしか 霙にかわる 秋の終わりの

余呉の雨

島津悦子

作詞: 麻こよみ

作曲: 岡千秋

歌詞:恋にはぐれた 女が流す 涙の雨が 余呉の湖になる 強く結んだ

人妻しぐれ

島津悦子

作詞: 早川詩郎

作曲: 板谷隆

歌詞:愛し合ってもつらいのと 涙ぐんでる恋姿 見えぬ運命に邪魔されて しのび逢う身にまた今夜 濡れて切ない人妻しぐれ

安曇野の雨

島津悦子

作詞: 吉岡治

作曲: 弦哲也

歌詞:愛されつづける 自信はないの それでも好きなら 戻れはしない 今日がよければ

水熊の母

島津悦子

作詞: 佐野文香

作曲: 山崎剛昭

歌詞:何を言うやら 旅鴉 息子気取りの 嘘っぱち 小銭目当てじゃ

惚れたのさ

島津悦子

歌詞:こんな倖せ 初めてなのと おれに甘える 片えくぼ 明日の夢さえ

浅野川春秋

島津悦子

歌詞:女ひとりの 運命の川は 渡りきれない 橋ばかり 古い暖簾が

あなたと乾杯

島津悦子

歌詞:恋に疲れた その涙 そっと拭って いる貴女 酔町通りの

なにわ情話

島津悦子

作詞: 麻こよみ

作曲: 岡千秋

歌詞:水の流れと 人の世は ままにならない 浮き世川 意地があります