杉良太郎の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 杉良太郎
  3. 杉良太郎の歌詞一覧

杉良太郎の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月29日

123 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

ああ人生に涙あり

杉良太郎

作詞: 山上路夫

作曲: 木下忠司

歌詞:人生 楽ありゃ苦もあるさ 涙のあとには 虹も出る 歩いてゆくんだ

江戸の黒豹

杉良太郎

作詞: いではく

作曲: 遠藤実

歌詞:乾いた街の 片隅で おまえは何を 探すのか 傷つき紅い

おれの道

杉良太郎

作詞: 杉良太郎

作曲: 安藤実親

歌詞:役者、役者というけれど 我が身を削って 回りを照らす 世話場の話に泣かされて 大向うまでも涙声

ブランデーグラス

杉良太郎

作詞: 山口洋子

作曲: 小谷充

歌詞:これでおよしよ そんなに強くないのに 酔えば酔うほど 淋しくなってしまう 涙ぐんで

星影のワルツ

杉良太郎

作詞: 白鳥園枝

作曲: 遠藤実

歌詞:別れることは つらいけど 仕方がないんだ 君のため 別れに

無法松の一生(度胸千両入り)

杉良太郎

歌詞:小倉生まれで 玄海育ち 口も荒いが 気も荒い 無法一代

昭和ブルース

杉良太郎

作詞: 山上路夫

作曲: 佐藤勝

歌詞:うまれた時が 悪いのか それとも俺が 悪いのか 何もしないで

なやみ

杉良太郎

作詞: 久仁京介

作曲: 遠藤実

歌詞:左の腕が 今朝はしびれる お前の肩抱き ひと晩眠った 男のアパート

ぼけたらあかん長生きしなはれ

杉良太郎

作詞: 天牛将富

作曲: 遠藤実

歌詞:年をとったら出しゃばらず 憎まれ口に泣きごとに 人のかげぐち愚痴いわず 他人のことは誉めなはれ 知ってることでも

飛翔

杉良太郎

作詞: 保富康午

作曲: 浜圭介

歌詞:肩にそっと置く手にも おまえは震えてた 傷ついた小鳥は 誰に射たれたのか

冬牡丹

杉良太郎

作詞: 坂口照幸

作曲: 弦哲也

歌詞:むかしの女に今も詫びたい 男のせつなさくすぶる夜更け 夢を持たせて引きずるなんて 許されないこと 男には

きずな

杉良太郎

作詞: いではく

作曲: 遠藤実

歌詞:あなたがいのちと 帰る背中に 泣きながら しがみつく いとしいおまえ

花と龍

杉良太郎

作詞: もず唱平

作曲: 船村徹

歌詞:出船 入船 若松の ゴンゾ稼業の 道連れは

吉野に風が

杉良太郎

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:他愛ない 諍いの 煩わしさを 逃げて 訪ねた

旅路

杉良太郎

作詞: もず唱平

作曲: 彩本雅夫

歌詞:誰が呼ぶのか誘うのか 時雨ふるわせ鳴る汽笛 二度と帰らぬ人を乗せ 夜汽車は走る

挽歌の街に雪が降る

杉良太郎

作詞: 坂口照幸

作曲: 弦哲也

歌詞:去年より 冷えるから 気がかりなのさ 冬が苦手の 寒がり屋

神様への手紙

杉良太郎

作詞: 杉良太郎

作曲: 弦哲也

歌詞:私は神様に 手紙を書きました 世界のあちこちで 戦争が続いて 罪のない人々が亡くなり

明日の詩

杉良太郎

作詞: いではく

作曲: 遠藤実

歌詞:たとえひと時の やすらぎでも あれば明日から 生きてゆけると つぶやいた

平手造酒 大利根囃子

杉良太郎

作詞: 杉良太郎

作曲: 杉良太郎

歌詞:人のいく道 数あれど 好きで選んだ 剣の道 夜空に咲いた

夫婦詩

杉良太郎

作詞: 大地良

作曲: 大地良

歌詞:今も昔も人はみな 一期一会と言いました 中でも夫婦の契りには 忘れてならない 命を結ぶ

すきま風

杉良太郎

作詞: いではく

作曲: 遠藤実

歌詞:人を愛して 人は心ひらき 傷ついて すきま風知るだろう いいさそれでも

いいってことよ

杉良太郎

作詞: いではく

作曲: 遠藤実

歌詞:若気のいたりで 勇み足 心ならずも 傷つけた 二十才の頃の

燃えよ剣

杉良太郎

作詞: 関沢新一

作曲: 市川昭介

歌詞:人は斬れても 空ゆく雲と 時の流れは 斬れはせぬ 万々承知の

他人船

杉良太郎

作詞: 遠藤実

作曲: 遠藤実

歌詞:別れてくれと 云う前に 死ねよと云って ほしかった ああ

北からの手紙

杉良太郎

作詞: なかにし礼

作曲: 弦哲也

歌詞:愛しながらも 言いだせず 好かれながらも 気がつかず 別れて

人生劇場

杉良太郎

歌詞:やると思えば どこまでやるさ それが男の 魂じゃないか 義理がすたれば

恋しぐれ

杉良太郎

作詞: 大地良

作曲: 大地良

歌詞:古い女と 言われても 私はあなたに つくすだけ すみを流した

はぐれ道

杉良太郎

作詞: 大地良

作曲: 大地良

歌詞:ふるさと遠く 都に向かい 真探して 体をはって 受けた傷跡

赤いハンカチ

杉良太郎

作詞: 萩原四朗

作曲: 上原賢六

歌詞:アカシヤの 花の下で あの娘が窃っと 瞼を拭いた 赤いハンカチよ

北の旅人

杉良太郎

作詞: 山口洋子

作曲: 弦哲也

歌詞:たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを

杉良太郎の君こそわが命

杉良太郎

作詞: 川内康範

作曲: 猪俣公章

歌詞:あなたをほんとは さがしてた 汚れ汚れて 傷ついて 死ぬまで逢えぬと

風が吹くまま

杉良太郎

作詞: いではく

作曲: 遠藤実

歌詞:茜色に染まる 町並みつめていれば 明日はいいことありそうな 気がするだろう ひとり寝の

杉良太郎

作詞: なかにし礼

作曲: 弦哲也

歌詞:あいつとも 別れた お前とも 別れる 数しれぬ

ハートの詩が聴こえるか

杉良太郎

作詞: 橘由記

作曲: 堀内孝雄

歌詞:人恋しさに凍える夜は とびきり甘いバラードがいい おまえのいない冷たい部屋で ひとりつまびく壊れたピアノ

ありがとうの詩

杉良太郎

作詞: 杉良太郎

作曲: 弦哲也

歌詞:私は手元に 置いているノートに 「ありがとう」の言葉が 書けるようになりました いつもいっぱい

やすらぎ

杉良太郎

歌詞:あなたがその気なら しかたがないわねと おまえはうつむいて 静かに背をむけた 季節が変わって

旅鴉半次郎 ふりむけば夕陽

杉良太郎

作詞: 保富康午

作曲: 遠藤実

歌詞:花がやさしい 小さな花が むごい きびしい 浮世の風も

まんまる音頭

杉良太郎

作詞: 杉良太郎

作曲: 杉良太郎

歌詞:(ソーレ ソレ ソレ ソレ ソレ)

燃える男

杉良太郎

作詞: 山下リラ

作曲: 遠藤実

歌詞:あしたの夜明けを 呼ぶために おれの生命は 燃えている 消えてなくなれ

恋の町札幌

杉良太郎

歌詞:時計台の 下で逢って 私の恋は はじまりました だまってあなたに

終着駅まで

杉良太郎

歌詞:何があなたに 見えますか 枯葉がひとひら 舞う秋に… 小さな駅から

君は人のために死ねるか

杉良太郎

作詞: 杉良太郎

作曲: 遠藤実

歌詞:昨日ひとりの男が死んだ 戦って戦って ひっそり死んだ あいつは何の取り柄もない 素寒貧な若ものだった

おもいでの神戸

杉良太郎

作詞: 坂口照幸

作曲: 弦哲也

歌詞:この坂下りたら 海から風が吹く 神戸 元町 ここへ俺を呼ぶ

流離

杉良太郎

作詞: もず唱平

作曲: 弦哲也

歌詞:俄か雨のようにカラッ風のように 人生は何も語らずに通り過ぎて行くのか 流離うこの身なぜ染める 茜雲

道標

杉良太郎

作詞: 結城燎

作曲: 猪俣公章

歌詞:何を信じて 生きればいいと 問わず語りの夜もある この裏切りの うずまく中で

異三郎のバラード

杉良太郎

作詞: 神坂薫

作曲: 今井茉至

歌詞:胸にくいこむ 夜の風 あの娘の涙で ぬれている 見せてやりたい

望郷の唄

杉良太郎

作詞: もず唱平

作曲: 藤原蔵人

歌詞:まだ明け染めぬ 山河に向かい ただひとり手を振って 別れの挨拶をした

ひとり旅

杉良太郎

作詞: 杉良太郎

作曲: 弦哲也

歌詞:旅に出て良かった 一人旅だから良かった 一人で行って良かった 足のむくまま 気の向くままに

夜霧よ今夜も有難う

杉良太郎

歌詞:しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を 晴れて会える

女の意地

杉良太郎

作詞: 鈴木道明

作曲: 鈴木道明

歌詞:こんなに 別れが苦しいものなら 二度と恋など したくはないわ 忘れられない

杉 良太郎(すぎ りょうたろう、1944年(昭和19年)8月14日 - )は、日本の俳優、歌手、元財団法人日本・ベトナム文化友好協会理事長。 法務省特別矯正監、外務省日本ベトナム特別大使、ベトナム社会主義共和国ベトナム日本特別大使、厚生労働省肝炎総合対策推進国民運動特別参与、ハワイ州ホノルル市名誉市長、シンガポール日本文化協会名誉会長、麻薬追放協会会長などの肩書を持つ。 本名は、山田 勝啓(やまだ かつひろ)。兵庫県神戸市長田区宮川町出身(父親は兵庫県三原郡三原町(現:南あわじ市)出身。母親は鹿児島県徳之島出身)。神戸市立長田小学校、神戸市立西代中学校出身。高浜海員学校(現在は移転・改組の上、国立清水海上技術短期大学校)中退。 現在の夫人は、演歌歌手の伍代夏子。息子の俳優山田純大は、先妻との間の子。また巣立った子も含め今までに100人以上のベトナムの子の里親となる。 特技は合気道、段位は養神館合気道5段。栄典・表彰歴としては緑綬褒章受章、紫綬褒章受章、平成28年度文化功労者など。 wikipedia