ちあきなおみの歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. ちあきなおみ
  3. ちあきなおみの歌詞一覧

ちあきなおみの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月29日

175 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

冬隣

ちあきなおみ

作詞: 吉田旺

作曲: 杉本眞人

歌詞:あなたの真似して お湯割りの 焼酎のんでは むせてます つよくもないのに

カスバの女

ちあきなおみ

歌詞:涙じゃないのよ 浮気な雨に ちょっぴり この頬 ぬらしただけさ

四つのお願い

ちあきなおみ

作詞: 白鳥朝詠

作曲: 鈴木淳

歌詞:たとえば私が 恋を 恋をするなら 四つのお願い 聞いて

紅とんぼ

ちあきなおみ

作詞: 吉田旺

作曲: 船村徹

歌詞:空にしてって 酒も肴も 今日でおしまい 店仕舞 五年ありがとう

ルージュ

ちあきなおみ

歌詞:口をきくのが 上手くなりました どんな 酔いしれた人にでも 口をきくのが

喝采(サントリー BOSS CMソング)

ちあきなおみ

作詞: 吉田旺

作曲: 中村泰士

歌詞:いつものように幕が開き 恋の歌うたうわたしに 届いた報らせは 黒いふちどりがありました あれは三年前

流浪の旅

ちあきなおみ

作詞: 後藤紫雲

作曲: 宮島啓二

歌詞:流れ流れて、落ち行く先は 北はシベリヤ 南はジャバよ いずこの土地を 墓場と定めん

都の雨に

ちあきなおみ

作詞: 吉田旺

作曲: 船村徹

歌詞:故里を 想いださせて 降りしきる 雨は絹糸 帰ろうと

ねえあんた

ちあきなおみ

作詞: 松原史朗

作曲: 森田公一

歌詞:ねえ あんた なんかとってあげようか おなか すいてるんじゃないの

愛のくらし

ちあきなおみ

作詞: ハウゼ ..

作曲: ハウゼ ..

歌詞:この両手に 花をかかえて あの日あなたの部屋を たずねた 窓をあけた

おんなの宿

ちあきなおみ

作詞: 星野哲郎

作曲: 船村徹

歌詞:想い出に降る 雨もある 恋にぬれゆく 傘もあろ 伊豆の夜雨を

昭和枯れすゝき

ちあきなおみ

歌詞:貧しさに負けた いえ世間に負けた この街も追われた いっそきれいに 死のうか

ひとりしずか

ちあきなおみ

作詞: 星野哲郎

作曲: 船村徹

歌詞:湖は 青い香炉よ たちのぼる 霧のなかから あなたの思いが

涙の酒

ちあきなおみ

歌詞:男一途の 火の恋を 何んで涙で けされよう 未練ばかりが

そっとおやすみ

ちあきなおみ

作詞: クニ河内

作曲: クニ河内

歌詞:化粧のあとの 鏡のまえで いつもあなたの手をかりた 背中のボタンが止めにくい

あなたのすべてを

ちあきなおみ

作詞: 佐々木勉

作曲: 佐々木勉

歌詞:名前も知らない 貴方と私 だのに不思議ね 胸がときめく 恋はこうして

合鍵

ちあきなおみ

作詞: 松本隆

作曲: 筒美京平

歌詞:鉢植えに水をやり ふと思い出す 今頃は枯れたはず 不精なあなたの部屋のすみれたち

玄海ブルース

ちあきなおみ

歌詞:情け知らずと わらわば笑え ひとにゃ見せない 男の泪 どうせ俺らは

秘恋

ちあきなおみ

歌詞:いいの私 このままで ひどい女と いわれても 人目さけて

矢切の渡し

ちあきなおみ

作詞: 石本美由起

作曲: 船村徹

歌詞:「つれて逃げてよ…」 「ついておいでよ…」 夕ぐれの雨が降る 矢切りの渡し 親のこころに

嘘は罪

ちあきなおみ

作詞: 水谷啓二

作曲: 杉田眞人

歌詞:あなたの心が 離れてくのを 手に取るようにわかるのも 二人の時間がきっとそれだけ 意味を持ってた…そうでしょう?

悦楽のブルース

ちあきなおみ

作詞: 吉岡治

作曲: 船村徹

歌詞:泣いちゃ 泣いちゃ 泣いちゃ 泣いちゃいないわ カクテルの

朝日楼(朝日のあたる家)

ちあきなおみ

作詞: 浅川マキ

歌詞:私が着いたのは ニューオーリンズの 朝日楼という名の 女郎屋だった

粋な別れ

ちあきなおみ

歌詞:生命に終りがある 恋にも終りがくる 秋には枯葉が 小枝と別れ 夕べには太陽が

さだめ川

ちあきなおみ

作詞: 石本美由起

作曲: 船村徹

歌詞:明日のゆくえ さがしても この眼に見えぬ さだめ川 あなたの愛の

劇場

ちあきなおみ

作詞: 吉田旺

作曲: 中村泰士

歌詞:昨日 あの町はなれてきた 明日は どこへ行くのやら そして船からバスに乗りかえて

愛して愛して愛しちゃったのよ

ちあきなおみ

歌詞:愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ あなただけを 死ぬ程に 愛しちゃったのよ

別れたあとで

ちあきなおみ

作詞: 白鳥朝詠

作曲: 鈴木淳

歌詞:「あそびにしよう」と あなたが言った 「そうね」と私も 笑って別れた それで終った

私という女

ちあきなおみ

作詞: なかにし礼

作曲: 鈴木淳

歌詞:こぬか雨に 芯まで濡れて 消えたあなたは 何処にいるの ああ

朝がくるまえに

ちあきなおみ

作詞: 吉田央

作曲: 鈴木淳

歌詞:夜更けの霧が 雨に変るとき あなたの吐息 肩に感じるの 泣いたりするの

部屋

ちあきなおみ

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:野あざみの夢を 見続け過ぎたわ 真夜中にベルが鳴る いそいそ迎えに出る 別れの言葉を

夜は誰にもあげないで

ちあきなおみ

作詞: 吉田央

作曲: 鈴木淳

歌詞:夜は誰にも あげないで あなたの腕を どうぞ私に 昨日より今日

星影の小径

ちあきなおみ

作詞: 矢野亮

作曲: 利根一郎

歌詞:静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの

悲しみを拾って

ちあきなおみ

歌詞:悲しみを拾って あなたが最後になるように 心が折れるほどに その手で…抱いて 耳元でつぶやいた

十六酔いフラッパー

ちあきなおみ

歌詞:ゆうべからよ この怠っぽさ Mhh 朝のテラス またまどろむわ…

ちあきなおみ

作詞: 松本隆

作曲: 筒美京平

歌詞:雨の日曜日は受話器をもてあそぴ あの人じゃなけりゃすぐに切る 何も言わないまま あきらめきれない恋の境界線

惜別の唄

ちあきなおみ

作詞: 島崎藤村

作曲: 藤江英輔

歌詞:遠き別れに たえかねて この高殿に 登るかな 悲しむなかれ

流浪歌

ちあきなおみ

作詞: 吉田旺

作曲: 徳久広司

歌詞:都落ちする 背中の寒さ 誰にわかって ほしくはないが 優しき友よ

星の流れに

ちあきなおみ

歌詞:星の流れに 身を占って どこをねぐらの 今日の宿 すさむ心で

夜へ急ぐ人

ちあきなおみ

歌詞:夜へ急ぐ人が居りゃ その肩 止める人も居る 黙って 過ぎる人が居りゃ

王将

ちあきなおみ

作詞: 西條八十

作曲: 船村徹

歌詞:吹けば飛ぶよな 将棋の駒に 賭けた命を 笑わば笑え うまれ浪花の

なみだの宿

ちあきなおみ

作詞: 古木花江

作曲: 船村徹

歌詞:思い出の 思い出の 湯の町あかり 女ゆえ 女ゆえ

名月赤城山

ちあきなおみ

作詞: 矢島寵児

作曲: 菊地博

歌詞:男ごころに 男が惚れて 意気がとけ合う 赤城山 澄んだ夜空の

狂った果実

ちあきなおみ

作詞: 石原慎太郎

作曲: 佐藤勝

歌詞:夏の陽を 浴びて 潮風に揺れる 花々よ 草蔭に結び

花と蝶

ちあきなおみ

作詞: 川内康範

作曲: 彩木雅夫

歌詞:花が女か 男が蝶か 蝶のくちづけ うけながら 花が散るとき

アカシヤの雨がやむとき

ちあきなおみ

歌詞:アカシヤの雨に打たれて このまま死んでしまいたい 夜が明ける 日がのぼる 朝の光のその中で

帰れないんだよ

ちあきなおみ

作詞: 星野哲郎

作曲: 臼井孝次

歌詞:そりゃ死ぬほど 恋しくて とんで行きたい 俺だけど 秋田へ帰る

わかって下さい

ちあきなおみ

作詞: 因幡晃

作曲: 因幡晃

歌詞:貴方の愛した人の名前は あの夏の日と共に 忘れたでしょう いつも言われた 二人の影には愛がみえると

曖昧2

ちあきなおみ

作詞: 関口誠人

作曲: 関口誠人

歌詞:だったら何なのよ ウソが真っ赤に 燃えている だったら何なのよ あなたの背中は

いかないで

ちあきなおみ

作詞: 森浩美

作曲: 筒美京平

歌詞:あぁ、いかないで あぁ、消えないで あぁ、美しい 思い出よ、恋よ

ちあき なおみ(1947年9月17日 - )は、日本の元歌手、女優。1992年9月の夫の郷鍈治との死別をきっかけに一切の芸能活動を休止し、引退同様の状態となった。義兄(郷の実兄)は俳優の宍戸錠、そして義甥(郷の甥)は宍戸開である。 結婚後に所有した不動産(ビル)のオーナーではあるものの、実業家として表立って活動しているわけではない。 wikipedia