長山洋子の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 長山洋子
  3. 長山洋子の歌詞一覧

よみ:ながやまようこ
長山洋子の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2024年3月4日

117 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

夢桜

長山洋子

作詞: さくら龍

作曲: 武市昌久

歌詞:月あかりに浮かぶ 影ふたつ 怯えながら燃える 紅桜 いつかは散るさだめ

じょんから女節

長山洋子

作詞: 鈴木紀代

作曲: 西つよし

歌詞:雪は下から 舞い上がり 赤い裳裾に まといつく 太棹三味線

めぐり逢い

長山洋子

作詞: 吉岡治

作曲: 市川昭介

歌詞:過去のことなら 捨てました 記憶の糸も 切れたまま 霧の釧路の

捨てられて

長山洋子

歌詞:でもね あの人 悪くないのよ 噂信じた 私が悪い

恋のバカンス

長山洋子

作詞: 岩谷時子

作曲: 宮川泰

歌詞:ためいきの出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢みる 乙女ごころよ

ユア・マイ・ラヴ

長山洋子

作詞: C.Hire ..

作曲: C.Hire ..

歌詞:蒼い Angel 降りた 街は Paradise

瞳の中のファーラウェイ(The Five Star Stories ED)

長山洋子

作詞: 川村真澄

作曲: 石田正人

歌詞:もしも 言葉のない時代なら もっとうまく見つめるのに 今は 風の向きが変わるたび

なみだ酒

長山洋子

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:しあわせほしがる 女の胸を 路地のしぐれが また濡らす あなた

長山洋子

歌詞:生命を燃やす 季節は短い まして女の 綺麗な時期は 夏の夕暮れ

ヴィーナス

長山洋子

歌詞:煌めく シャンパン・ライト 媚薬の夜ね 恋の女神に 生まれかわる

せせらぎ

長山洋子

作詞: ありそのみ

作曲: 円広志

歌詞:水面に映る 私の顔は 悲しみだけが 揺れている 焦がれる恋を

恋のプラットホーム

長山洋子

歌詞:じゃあね又ね 今度ねきっとね 見つめあう 目と目さえぎるように 発車合図で

美味しいお酒 飲めりゃいい

長山洋子

作詞: 麻こよみ

作曲: 水森英夫

歌詞:似たよな男 似たよな嘘に ばかね何度も 泣かされて 心に傷が

よさこいソーラン女節

長山洋子

作詞: 鈴木紀代

作曲: 浜浩二

歌詞:惚れたあんたはョー 移り気だけど 泣いて退くには はやすぎる 熱い想いを

今さらねぇ

長山洋子

作詞: 麻こよみ

作曲: 影山時則

歌詞:今夜のおまえは 綺麗だと グラスを片手に 言うあなた 飲み過ぎじゃ

お江戸の色女

長山洋子

歌詞:花のお江戸の 日本橋 産湯つかった 絹の肌 粋な小紋で

悲しき恋人たち

長山洋子

作詞: 遠藤京子

作曲: 遠藤京子

歌詞:木枯らしに飽きて 夏の日差しが 恋しいと 嘆いてる季節 走るクルマ

津軽タント節(和洋合奏)

長山洋子

歌詞:ハァ~ ひとつ唄いましょ 津軽の唄を 節もおなじみ タント節・タント節

じょっぱり よされ

長山洋子

作詞: 内藤綾子

作曲: 西つよし

歌詞:あんたでなけりゃ 女を棄てる 罪にあらがう 涙は二度と 流しはしない

ふれ逢い橋

長山洋子

歌詞:枯れることなく流れる 小名木川 ポツリポツリと水面を 叩く雨 幼な子をこの腕に

木曽の翌檜

長山洋子

作詞: 鈴木紀代

作曲: 弦哲也

歌詞:木曽のナー 仲乗りさん 私ゃあんたに 一目惚れ 山には檜

ハートに火をつけて

長山洋子

歌詞:渚のカーブ走る 横顔が少し遠い 黙ってどこまで行くの ガラスの靴のように 大切にしすぎないで

おけさ恋唄

長山洋子

作詞: 里村龍一

作曲: 櫻田誠一

歌詞:あしたの天気と 人生は 夜が明けなきゃ わからない ハアー

遠野物語

長山洋子

作詞: 木下龍太郎

作曲: 船村徹

歌詞:待ちます 耐えます 信じます あなた偲んで 見上げれば

おんな炭坑節

長山洋子

作詞: 鈴木紀代

作曲: 宮下健治

歌詞:赤い煙突 目あてに行けば 米のまんまが 暴れ食い 歌う戯れ歌

私が生まれて育ったところ

長山洋子

作詞: 聖川湧

作曲: 聖川湧

歌詞:私が生まれて 育ったところは どこにもあるような 海辺の小さな 港のある町よ

嘘だといって

長山洋子

歌詞:嘘でしょあなたに いい彼女いるなんて 嘘よね昨夜も 倖せくれたもの 疑い出したら

芭蕉布

長山洋子

歌詞:海の青さに 空の青 南の風に 緑葉の 芭蕉は情に

たまゆら

長山洋子

作詞: 鈴木紀代

作曲: 円広志

歌詞:雲の切れ目が 縁の切れ目か うすい背中に 影が差す 恋の涼風

下町銀座

長山洋子

作詞: 麻こよみ

作曲: 影山時則

歌詞:買い物客の 笑顔が揺れて 下町銀座の 日暮れ時 なぜかあなたに

恋・三味線

長山洋子

作詞: Q太

作曲: ミネタカシ

歌詞:あんたにいっぱい 夢賭けて あんたにたくした 一の糸 夢は見るもの

恋の津軽十三湖

長山洋子

歌詞:津軽伝説 三味の音聴けば 風のいたずら 心が軋む 嵐

洋子の…名残月

長山洋子

作詞: 鈴木紀代

作曲: 西つよし

歌詞:日暮れて鳥は 巣に帰り 瀬を行く魚は 岩の蔭 人は人ゆえ

やどり木夫婦

長山洋子

作詞: 吉岡治

作曲: 市川昭介

歌詞:もののはずみで ねェあなた 手に手をとって なァおまえ 三三九度の

道しるべ

長山洋子

作詞: 水木かおる

作曲: 南郷孝

歌詞:どんな別れが 待ってても 出逢いは避けて 通れない 好きだから

雪解け

長山洋子

歌詞:あんたは誰に 似たのかね 母に冷たく言われると 幼い胸は 傷ついた

あの頃も 今も ~花の24年組~

長山洋子

歌詞:タブーなんてなかった 果てしない想い あっただけ 怖れなんてなかった 明日を

あの夏の蝉しぐれ

長山洋子

歌詞:戦争は終わったけれど 町に灯りは 灯ったけれど この世に僕は もういない

ハーフムーンの気持ち

長山洋子

歌詞:月明りバルコニーで 真夜中のパーティータイム あの人の家は 高いビルのかげね 恋をした心は

瞬間はファンタジー

長山洋子

歌詞:日射しを集めて 海は青いプリズム 眩しい空映すから 心で光るの 素敵な笑顔に

金毘羅一段

長山洋子

歌詞:丸に赤色 金の字は 金毘羅さんの 旗印 願い

博多山笠女節

長山洋子

作詞: 鈴木紀代

作曲: ジュン黛

歌詞:夜明け前 博多の男が 山笠舁いてオイサッ オイサッ 風になる

たてがみ

長山洋子

作詞: 鈴木紀代

作曲: 影山時則

歌詞:駒の名前も その数も 何も知らない 私でも あなたの強さは

望郷ひとり泣き

長山洋子

作詞: 鈴木紀代

作曲: 西つよし

歌詞:男の運が 悪いのか 男を見る目が ないからか 昨夜も泣いて

めおと酒

長山洋子

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:苦労かくごと おまえは笑って あとから黙って ついてきた かわいい女さ

松江舟唄

長山洋子

作詞: 廣田衣世 ..

作曲: 杵屋五司郎

歌詞:松江お城の ぼんぼりが ひとつふたつと灯るころ 桜吹雪の石段を ふみしめふみしめ花に酔う

嵐峡

長山洋子

作詞: 吉岡治

作曲: 市川昭介

歌詞:身丈に合った 人ではないと わかっていながら 恋をした 明日は朽ちても

愛 ありがとう

長山洋子

作詞: 妻野洋子

作曲: 宮島律子

歌詞:晴れた朝も雨の夜にも 歩いた この道 明日からも ささやかだけど

If We Hold On Together

長山洋子

作詞: James Horner ..

作曲: James Horner ..

歌詞:夕暮れが終るまで 私を抱きしめて 言葉はいつだって すれ違うから 寂しい心だけ

雲にのりたい

長山洋子

作詞: なかにし礼 ..

作曲: 鈴木邦彦

歌詞:雲にのりたい やわらかな雲に のぞみが風のように 消えたから

長山 洋子(ながやま ようこ、1968年1月13日 - )は、日本の演歌歌手。1980年代のアイドル歌手。津軽三味線の澤田流の名取でもある。 wikipedia