都はるみの歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 都はるみ
  3. 都はるみの歌詞一覧

都はるみの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年8月6日

126 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

愛は花、君はその種子(おもひでぽろぽろ ED)

都はるみ

歌詞:やさしさを 押し流す 愛 それは川 魂を

アンコ椿は恋の花

都はるみ

作詞: 星野哲郎

作曲: 市川昭介

歌詞:三日おくれの 便りをのせて 船が行く行く 波浮港 いくら好きでも

大阪しぐれ

都はるみ

作詞: 吉岡治

作曲: 市川昭介

歌詞:ひとりで 生きてくなんて できないと 泣いてすがればネオンが ネオンがしみる

好きになった人

都はるみ

作詞: 白鳥朝詠

作曲: 市川昭介

歌詞:さよなら さよなら 元気でいてね 好きな二人は いつでも逢える

にごりえの街

都はるみ

作詞: 横井弘

作曲: 平尾昌晃

歌詞:早咲きの ひがん花 風にこぼれる にごりえの町 意地をたよりに

古都逍遥

都はるみ

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:春爛漫の 嵐山 落花の雪に 踏み迷う 旅にしあれば

千年の古都

都はるみ

作詞: 吉岡治

作曲: 弦哲也

歌詞:約束もなく 日が暮れて 衣笠山に 一番星です 蚊柱を追う

総司絶唱

都はるみ

作詞: 吉岡治

作曲: 岡千秋

歌詞:「死んじゃいやです」 「バカを言うなよ」 さしかける 蛇の目の傘を たたく雨

今ひとたびの~Vaya Con Dios~

都はるみ

歌詞:場末あたり 掛かりそうな 名画みたい とっぴ過ぎて こんな出遭い

夫婦坂

都はるみ

作詞: 星野哲郎

作曲: 市川昭介

歌詞:この坂を 越えたなら しあわせが 待っている そんなことばを

馬鹿っちょ出船

都はるみ

歌詞:赤いランプを 灯した船が 汽笛泣かせて さよなら告げる 二度と惚れまい

抱きしめて

都はるみ

作詞: 坂口照幸

作曲: 市川昭介

歌詞:心こんなに寒いわ あなたといても そうよ身体も凍える どうして? それは何故?

小樽運河

都はるみ

作詞: 吉岡治

作曲: 弦哲也

歌詞:精進おとしの 酒をのみ 別の生き方 あったねと… 四十路半ばの

雨やどり

都はるみ

作詞: 阿久悠

作曲: 小林亜星

歌詞:傘は あなたが さしかけて 私がさせば ぬれるから

ゆうがおの丘

都はるみ

歌詞:追いかけて ゆけばよかった あのひとの こころの中を 知りながら

北の宿から

都はるみ

作詞: 阿久悠

作曲: 小林亜星

歌詞:あなた変わりはないですか 日ごと寒さがつのります 着てはもらえぬセーターを 寒さこらえて編んでます 女ごころの

さよなら列車

都はるみ

作詞: 関沢新一

作曲: 市川昭介

歌詞:赤いランプが もうこれきりと 泣いた心を またせめる 駄目なのね

レモン月夜の散歩道

都はるみ

作詞: 西沢爽

作曲: 市川昭介

歌詞:レモン月夜の 散歩道 ゆら ゆら ゆれて

つくしんぼ

都はるみ

歌詞:破れ傘でも ふたりでさして 肩をすぼめて 歩く街 つくしんぼ

東京セレナーデ

都はるみ

歌詞:夜霧が流れる 狸穴あたり 咲く夢 散る花 拾う恋

想い出のハワイ

都はるみ

作詞: 中尾義幸

作曲: 市川昭介

歌詞:常夏の国ハワイ 夢を呼ぶ島ハワイ 波もやさしく光る ……赤い珊瑚礁 波のりしましょ

みちのく風の宿

都はるみ

作詞: 吉岡治

作曲: 市川昭介

歌詞:風がガラス戸 揺するたび 心細げに 俺を見る おまえひとりにゃ

あなたの隣りを歩きたい

都はるみ

歌詞:瞳こらせば 金色の 小鳥の舞いが 友を呼び 耳をすませば

おんなの海峡

都はるみ

歌詞:別れることは 死ぬよりも もっと淋しい ものなのね 東京をすてた

愛しちゃって馬鹿みたい

都はるみ

作詞: 吉田旺

作曲: 市川昭介

歌詞:おねだりを三度も されたから その気になって そうしたの それなのに

男が惚れなきゃ女じゃないよ

都はるみ

歌詞:あなたにもらった 恋だから あなたに返して ゆきましょう 涙は流れて

ムカシ

都はるみ

作詞: 阿久悠

作曲: 宇崎竜童

歌詞:ムカシ ムカシ そのムカシ いいことばかりがあったそな ほんとに

たそがれの橋

都はるみ

作詞: 北山真如

作曲: 弦哲也

歌詞:勢いだけで 一緒になった しあわせあとから ついてきた 見下ろせば

高松夜曲

都はるみ

作詞: 吉岡治

作曲: 市川昭介

歌詞:ふたりで支えた ちいさな暮し 想い出まとめりゃ カバンがひとつ 愛して

エリカの花の咲く頃に

都はるみ

作詞: 喜多條忠

作曲: 弦哲也

歌詞:青い空の 向こうには しあわせの花 咲くという セピア色した

アラ見てたのね

都はるみ

作詞: 関沢新一

作曲: 市川昭介

歌詞:さあさ皆さま 恋した時は 身ぶりそぶりで すぐわかる あんなこと言って

紅い花

都はるみ

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:雨の降る日は 寄りそう傘が あれば寒さも しのげます 苦労しょうちの

困るのことヨ

都はるみ

作詞: 西沢爽

作曲: 遠藤実

歌詞:甘い言葉と 知りながら うれし涙が ポーロポロ なんとかしてよ

螢の宿

都はるみ

作詞: 吉岡治

作曲: 市川昭介

歌詞:溜息つくたび光るよな 迷い螢のふたりです えにしの糸も もつれるままに 墜ちてゆくのが

N.Y.すとーりー

都はるみ

作詞: 伊藤薫

作曲: 伊藤薫

歌詞:3年ぶりだねハドソンリバーの 風を感じるのも WOW WOW 今もこの街にあの人は

聖母たちのララバイ

都はるみ

作詞: 山川啓介

作曲: 木森敏之

歌詞:さあ 眠りなさい 疲れきった体を投げだして 青いそのまぶたを 唇でそっと

涙の連絡船

都はるみ

作詞: 関沢新一

作曲: 市川昭介

歌詞:いつも群飛ぶ かもめさえ とうに忘れた 恋なのに 今夜も

恋と涙の渡り鳥

都はるみ

作詞: 関沢新一

作曲: 市川昭介

歌詞:早く逢いたいからヨー 急いで 急いで来たんだよ 忘れずに ああ

よさこい鴎

都はるみ

歌詞:土佐の荒波 ヨイショと越える 意気で乗り出す 度胸舟 よさこい

枯木灘 残照

都はるみ

作詞: 道浦母都子

作曲: 弦哲也

歌詞:両手にて君が冷えたる頤を 包みていしは冬の夕駅 君に妻われに夫ある現世は 姫浜木綿の戦ぐ明かるさ 歳月はながれて

はるみの三度笠

都はるみ

作詞: 市川昭介

作曲: 市川昭介

歌詞:あいつは女だ 男じゃないと バレてしまえば 私の負けさ 笠で隠した

思い出に咲く花

都はるみ

歌詞:いのちに終りの あるように 人には別れが あるものね 好きになっても

さすらい小鳩

都はるみ

歌詞:あの山 この丘 幾つも越えて どこまで行くやら 流れ雲

初恋の川

都はるみ

作詞: 関沢新一

作曲: 市川昭介

歌詞:さよならは 涙の川に さよならと 捨てて泣くもの あの人に

フレンド東京

都はるみ

歌詞:ヤンヤンヤン ヤンヤヤヤ ヤンヤンヤヤンヤー ヤンヤンヤン ヤンヤヤヤ

アホやなあ

都はるみ

作詞: 喜多條忠

作曲: 岡千秋

歌詞:握りしめてる 手の中は 別れの手紙と 部屋の鍵 アホやなあ

冬の海峡

都はるみ

歌詞:今日も来ました あなたに会いたくて 風が冷たく 船もない あなた

ありがとう おかげさん

都はるみ

歌詞:何度も喪失があったから 忘れることにしてきたけれど ふとした拍子に見え隠れしてる 亡き人たちの面影よ

新宿海峡

都はるみ

作詞: 吉田旺

作曲: 徳久広司

歌詞:もどってきてよと さけんでも あなた情ない 別れ船 ネオン海峡

浮草ぐらし

都はるみ

作詞: 吉岡治

作曲: 市川昭介

歌詞:明日のことさえ わかりはしない 他にいいやつ 見つけなという しあわせに

都 はるみ(みやこ はるみ、1948年(昭和23年)2月22日 - )は、日本の女性演歌歌手。本名・北村 春美(きたむら はるみ)。京都市生まれ。レコード会社は日本コロムビアに所属。所属事務所は「コロムビア音楽芸能」、「サンミュージックプロダクション」、「プロデュースハウス都」を経て再びサンミュージックに所属。血液型はB型。「はるみ節」と呼ばれる独特の力強い歌唱法を持ち、昭和後期を代表する国民的演歌歌手として数多くのヒット曲を世に送った。 wikipedia