前川清の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 前川清
  3. 前川清の歌詞一覧

前川清の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月29日

106 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

長崎は今日も雨だった

前川清

作詞: 永田貴子

作曲: 彩木雅夫

歌詞:あなたひとりに かけた恋 愛の言葉を 信じたの さがし

東京砂漠

前川清

作詞: 吉田旺

作曲: 内山田洋

歌詞:空が哭いてる 煤け汚されて ひとはやさしさを どこに棄ててきたの だけどわたしは

中の島ブルース

前川清

作詞: 斉藤保

作曲: 吉田佐

歌詞:赤いネオンに 身をまかせ 燃えて花咲く アカシアの あまい香りに

愛がほしい

前川清

作詞: 伊藤薫

作曲: 伊藤薫

歌詞:ああ 雨の夜は 誰か酔わせてください ああ 水割りの

恋模様

前川清

作詞: 坂口照幸

作曲: 弦哲也

歌詞:都会はいつも 行くひと来るひとの 港そのもの やすらぐ場所もない 傷ついて流されて

北のHOTEL

前川清

歌詞:あゝ ガラス窓にあなたの 名前を書いて ため息で小さく さよなら

別れ曲でも唄って

前川清

歌詞:それを愛だと信じて 抱いてもらえば哀しい 指がくいこむ背中は ちがう女になるけど 夏の嵐身も心も

そして、神戸

前川清

作詞: 千家和也

作曲: 浜圭介

歌詞:神戸 泣いて どうなるのか 捨てられた我身が みじめになるだけ

薔薇のオルゴール

前川清

歌詞:やっと忘れかけた頃に こんな風に 逢いに来るひと 上目遣い 今も好きか

雪列車

前川清

作詞: 糸井重里

作曲: 坂本龍一

歌詞:匂うように 笑うように 雪が降る 白い景色 逃げるように

前川清

歌詞:女性ひとりで 生きることより もっと淋しく させるのは 窓に差し込む

火遊び

前川清

歌詞:抱かれるために髪を洗って 逢いにゆくのが ふいに淋しい 男なんてずるい

最後の雨

前川清

作詞: 夏目純

作曲: 都志見隆

歌詞:さよなら呟く君が 僕の傘 残して 駆けだしてゆく 哀しみ降り出す街中が

明日に

前川清

作詞: 梶原茂人

作曲: 梶原茂人

歌詞:はりつめたまま 眠りにもぐって いろんな事を考えても しょうがないけど すり減った鍵じゃ

男と女の破片

前川清

歌詞:抱かれたら終る 男と女より 手枕のままで 何んにもしないで 指先を拒む

倖せの約束 -男のありがとう-

前川清

歌詞:君とめぐり逢えたことは 奇跡じゃなく人生 倖せの約束 してたはず 白い薬指に

HOWEVER

前川清

作詞: TAKURO

作曲: TAKURO

歌詞:やわらかな風が吹く この場所で 今二人ゆっくりと歩き出す 幾千の出会い別れ全て

君が恋しくて

前川清

作詞: 原譲二

作曲: 原譲二

歌詞:君と出逢った 北国札幌の町 粉雪舞い散る 日暮れ時 噂訪ねて

わがまま

前川清

作詞: 糸井重里

作曲: 後藤次利

歌詞:あなたの腕でなら 眠れる あなたの胸でなら 涙おとせる あなたの指先は

歩いて行こう

前川清

作詞: 紘毅

作曲: 紘毅

歌詞:ラララ 出会いの数 何かがある 旅って人生のようだね

LITTLE DARLIN'

前川清

歌詞:Ya YaYaYaYa YaYaYaYa YaYa Ya

海鳴り

前川清

作詞: 千家和也

作曲: 劉家昌

歌詞:海鳴り聞こえる 旅路の宿 今宵も泪で 枕を濡らす 老いたる父や母

夏の花よ

前川清

作詞: 阿久悠

作曲: 三木たかし

歌詞:お前を抱いたら 軽い 軽い こんなにも 泣いてくらす時が長過ぎて

大阪

前川清

作詞: 前川清 ..

作曲: 都志見隆

歌詞:にぎわう街並 時間は止まり 過去と同じ情景で あなたの優しさが 見えなくなっても

胸の汽笛は今も

前川清

歌詞:見飽きた暮らしの窓にも 生まれたての朝日が届く 素知らぬ顔して月日は 砂のようにこぼれるけれど… 日暮れるにはまだ間がある

虹がかかるように(KBCテレビ「前川 清の笑顔まんてんタビ好キ」挿入歌)

前川清

作詞: 紘毅

作曲: 紘毅

歌詞:歩き疲れた どこまで続くのか 見えない未来を 無理矢理描いてた

噂の女

前川清

作詞: 山口洋子

作曲: 猪俣公章

歌詞:女心の悲しさなんて わかりゃしないわ 世間の人に 止して 止してよ

さようならの彼方へ

前川清

作詞: 千家和也

作曲: 筒美京平

歌詞:振り返れば 翼の下で町の灯が 揺れて燃える この国をあとに

心にくちづけて

前川清

歌詞:さみしくなると 電話してしまう 「いつもの店で八時に」 さらりと飲んで少し笑って 手を振りタクシーを拾う

愛と戯れの隣りに…

前川清

歌詞:悲しい女は 涙が本当は友達 あなたに飛び込み 心開いても… それが愛なら

霖霖と

前川清

作詞: 阿閉真琴

作曲: 都志見隆

歌詞:心の中の 水溜り 願いの光の 差す庭に 雫の珠が

永遠

前川清

歌詞:あなたにふれても 身体が 悲しくなるほど開かず 心の半分だけなら それでも愛だと

修羅シュシュシュ!

前川清

歌詞:大人になんてなれないまま 大人になってしまったな みんな多分そんな感じだろ? 修業は永遠に続くみたい 逆上がりは

都風

前川清

作詞: 久保田洋司

作曲: 谷本新

歌詞:昔 都があった ここを あの人も歩いた かつて誰かの

夢物語

前川清

作詞: 紘毅

作曲: 紘毅

歌詞:深い闇に迷い込んで ただ一人たたずんでる 遠くから聞こえた声に 振り返って目を凝らした

黄昏の匂い

前川清

歌詞:あなたの愛は ときめく匂い 逢えるその日は 窓辺に花を置き うれしい心と

せめて今夜だけは

前川清

作詞: 伊勢正三

作曲: 脇山和夫

歌詞:せめて今夜だけは 酔ったふりをして 貴方に抱かれる夢を見ながら眠らせて 忘れたはずの恋なのに

朝やけ

前川清

歌詞:さみしさを なだめすかして ベッドに もぐりこむ 人生に

昔があるから

前川清

作詞: 杉紀彦

作曲: 曽根幸明

歌詞:ふりかえる径に 風が吹く 冷たすぎる 風が吹く 苦労話は

神戸

前川清

作詞: 前川清

作曲: 都志見隆 ..

歌詞:トンネルを くぐりぬけ 降りたつ駅は ドラの音の 似合う街

哀しみへの伝言

前川清

歌詞:あなたの愛が 落葉のように 金色に染めて 疲れ果てたまま 恋の終りを告げる

前川清

歌詞:忘れようと 心を決めたのは ひと足の途絶えだした 公園通り メッキだらけの

愛愁路

前川清

作詞: 星野哲郎

作曲: 猪又公章

歌詞:なにをさがしに どこまでゆけば すむというのか 男の旅は にげた女の噂を追うて

初恋 Love in fall

前川清

作詞: 糸井重里

作曲: 酒井省吾

歌詞:初めての恋を 初恋といいます いたたまれないほどに 会いたくて

嘘よ

前川清

作詞: 久野征四郎

作曲: 弾厚作

歌詞:泣いたって 泣いたって 何もない世界さ 一世の花の 夢は消えて

もっと愛して

前川清

作詞: 紘毅

作曲: 谷本新

歌詞:どうでした人生 長い長い道を歩いていた 振り返る想いが なぜかめぐってくるの

花美~はなび~

前川清

作詞: 紘毅

作曲: 紘毅

歌詞:ビルの間咲いている 小さな花は 急ぐ人や街並みに 何を思うだろう そこにあるはずないのは

あの時代にはもどれない

前川清

歌詞:いま人生を いま振り返る せつないほど 深く なぜめぐりあい

逢わずに愛して

前川清

作詞: 川内康範

作曲: 彩木雅夫

歌詞:涙枯れても 夢よ枯れるな 二度と咲かない 花だけど 夢の

恋さぐり夢さぐり

前川清

作詞: 嶺岸未来

作曲: セダカ ..

歌詞:そんな辛い顔して 私を抱かないでよ 恋さぐり 夢さぐり 男と女

前川 清(まえかわ きよし、本名同じ、1948年8月19日 - )は日本の歌手、タレント、俳優である。血液型はO型。長男は歌手の前川紘毅で、姪の義弟に元俳優の加勢大周がいる。 長崎県佐世保市松山町出身。長崎南山高等学校中退。 wikipedia