1. 歌詞検索UtaTen
  2. 前川清
  3. 前川清の歌詞一覧

前川清の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年6月20日

104 曲中 51-100 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

最後の雨

前川清

作詞:夏目純

作曲:都志見隆

歌詞:さよなら呟く君が 僕の傘 残して 駆けだしてゆく 哀しみ降り出す街中が

櫻と雲と

前川清

作詞:荒木とよひさ

作曲:都志見隆

歌詞:男は煤けた青春と 掴めぬ夢に挟まれた 切ないだけの生き物と 本当は心で知っている 女は昨日も明日もなく

さようならの彼方へ

前川清

作詞:千家和也

作曲:筒美京平

歌詞:振り返れば 翼の下で町の灯が 揺れて燃える この国をあとに

倖せの背中

前川清

作詞:荒木とよひさ

作曲:弦哲也

歌詞:他人を妬まず そして他人を羨まず 今日まで君とふたり 歩いて来たけれど 花束のひとつも

倖せの約束 -男のありがとう-

前川清

作詞:荒木とよひさ

作曲:谷本新

歌詞:君とめぐり逢えたことは 奇跡じゃなく人生 倖せの約束 してたはず 白い薬指に

しばらくはここにいよう

前川清

作詞:伊集院静

作曲:都志見隆

歌詞:誰にも話せない 静かな恋が終って 人には愚かに見えただろう それでも恋しい 夕暮れの駅で

終着駅 ・長崎

前川清

作詞:さだまさし

作曲:さだまさし

歌詞:終着駅 長崎 嘘をつかれたことよりも 約束を忘れられたことが 少し悲しい

修羅シュシュシュ!

前川清

作詞:高橋久美子

作曲:水野良樹

歌詞:大人になんてなれないまま 大人になってしまったな みんな多分そんな感じだろ? 修業は永遠に続くみたい 逆上がりは

人生の小瓶 -OH MY LOVELY DAY-

前川清

作詞:伊集院静

作曲:都志見隆

歌詞:大人になるというのは 何かを忘れること 出せなかったラブレター 夢のようににじむ あなたが

ステキで悲しい

前川清

作詞:水野良樹

作曲:水野良樹

歌詞:そして愛は愛のままで 消えていくの ステキで悲しい 軽くなった こころ抱いて

せめて今夜だけは

前川清

作詞:伊勢正三

作曲:脇山和夫

歌詞:せめて今夜だけは 酔ったふりをして 貴方に抱かれる夢を見ながら眠らせて 忘れたはずの恋なのに

そして、神戸

前川清

作詞:千家和也

作曲:浜圭介

歌詞:神戸 泣いて どうなるのか 捨てられた我身が みじめになるだけ

黄昏の匂い

前川清

作詞:荒木とよひさ

作曲:都志見隆

歌詞:あなたの愛は ときめく匂い 逢えるその日は 窓辺に花を置き うれしい心と

抱きしめて

前川清

作詞:大津あきら

作曲:浜圭介

歌詞:別れの前にもいちど あなたの笑顔 見させて それで戯いだ季節を 忘れてしまいたいから

天使のえくぼ

前川清

作詞:荒木とよひさ

作曲:近江孝彦

歌詞:恋にやつれて 泣いてる人よ 夢にはぐれて いるなら 胸にしまった

東京砂漠

前川清

作詞:吉田旺

作曲:内山田洋

歌詞:空が哭いてる 煤け汚されて ひとはやさしさを どこに棄ててきたの だけどわたしは

時の想い

前川清

作詞:前川清

作曲:BOUNCEBACK

歌詞:引き出しの 奥にしまう なつかしい あなたの時計 古びた

中の島ブルース

前川清

作詞:斉藤保

作曲:吉田佐

歌詞:赤いネオンに 身をまかせ 燃えて花咲く アカシアの あまい香りに

長崎は今日も雨だった

前川清

作詞:永田貴子

作曲:彩木雅夫

歌詞:あなたひとりに かけた恋 愛の言葉を 信じたの さがし

夏の花よ

前川清

作詞:阿久悠

作曲:三木たかし

歌詞:お前を抱いたら 軽い 軽い こんなにも 泣いてくらす時が長過ぎて

前川清

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

歌詞:忘れようと 心を決めたのは ひと足の途絶えだした 公園通り メッキだらけの

涙しぐれ

前川清

作詞:角川博

作曲:角川博

歌詞:愛し疲れて 私の胸で 子供みたいに 眠っていたわ 朝が来たなら

初恋 Love in fall

前川清

作詞:糸井重里

作曲:酒井省吾

歌詞:初めての恋を 初恋といいます いたたまれないほどに 会いたくて

花の時・愛の時

前川清

作詞:なかにし礼

作曲:三木たかし

歌詞:君が部屋を出たあと ぼくはじっと動かない あたりにただよう 君の残り香を 胸に吸い込み

花微笑

前川清

作詞:荒木とよひさ

作曲:都志見隆

歌詞:人がうらやむ 幸福の隣りには 悲しみがどこかに 潜んでるよ 君はいつでも

流行歌

前川清

作詞:岡田冨美子

作曲:市川昭介

歌詞:夢を肴に飲むだけ飲んで 酔っぱらった夜更けは 悲しいくらい おまえが恋しい 逢いたくてつらい

春の旅人

前川清

作詞:伊集院静

作曲:都志見隆

歌詞:雪解けの 窓に映る あなたのまぶしい顔に 涙きらりと見えて また春

薔薇のオルゴール

前川清

作詞:ちあき哲也

作曲:杉本真人

歌詞:やっと忘れかけた頃に こんな風に 逢いに来るひと 上目遣い 今も好きか

火遊び

前川清

作詞:田久保真見

作曲:都志見隆

歌詞:抱かれるために髪を洗って 逢いにゆくのが ふいに淋しい 男なんてずるい

ひまわり

前川清

作詞:福山雅治

作曲:福山雅治

歌詞:夢を見ていました あなたと暮らした夏 それは かけがえのない 永遠の季節のこと

フィクションのように

前川清

作詞:竹花いち子

作曲:井上大輔

歌詞:眠れぬまま ひとりの朝へ 吸い込まれてく あせる 気持ちはリフレイン

フライト

前川清

作詞:さいとう大三

作曲:馬飼野俊一

歌詞:リムジンバスが 遠ざかる あなたを残して 街から このまま二人

故郷の花のように

前川清

作詞:麻こよみ

作曲:金田一郎

歌詞:あなたの愛を 確かめたくて 背中をむけて 拗ねてた あの日

蛍…どこかで

前川清

作詞:福士久美子

作曲:井上大輔

歌詞:いつか来た道を 歩いてみれば 恋しく揺れる あなたの面影 こぼれた涙が

前川清

作詞:荒木とよひさ

作曲:徳久広司

歌詞:女性ひとりで 生きることより もっと淋しく させるのは 窓に差し込む

真夏の果実

前川清

作詞:桑田佳祐

作曲:桑田佳祐

歌詞:涙があふれる 悲しい季節は 誰かに抱かれた夢を見る 泣きたい気持ちは言葉に出来ない 今夜も冷たい雨が降る

マンハッタン

前川清

作詞:秋谷銀四郎

作曲:彩木雅夫

歌詞:この街では 誰もが皆 蒼い旅人 愛に迷う 物語は

みぞれ

前川清

作詞:近田春夫

作曲:都志見隆

歌詞:投げ出せば終わる そんな恋 しがみつくだけの そんな恋 あなたやさしさを

南風通信

前川清

作詞:立花美雪

作曲:杉内信介

歌詞:おまえに会いに みんな 海に来たよ おまえが 昔

都風

前川清

作詞:久保田洋司

作曲:谷本新

歌詞:昔 都があった ここを あの人も歩いた かつて誰かの

昔があるから

前川清

作詞:杉紀彦

作曲:曽根幸明

歌詞:ふりかえる径に 風が吹く 冷たすぎる 風が吹く 苦労話は

もっと愛して

前川清

作詞:紘毅

作曲:谷本新

歌詞:どうでした人生 長い長い道を歩いていた 振り返る想いが なぜかめぐってくるの

夜間飛行

前川清

作詞:五木寛之

作曲:都志見隆

歌詞:街のあかり遠く この胸にまたたく こわれた 夢 地上に

雪列車

前川清

作詞:糸井重里

作曲:坂本龍一

歌詞:匂うように 笑うように 雪が降る 白い景色 逃げるように

夢一秒

前川清

作詞:荒木とよひさ

作曲:都志見隆

歌詞:夢に生まれ 夢で終る それが恋だけど あなたには 幸福の

夢の隣り

前川清

作詞:坂口照幸

作曲:弦哲也

歌詞:心が見えない 暖かいひとの心が… 星空またたく 摩天楼の街ほど 愛がただ欲しい

夢物語

前川清

作詞:紘毅

作曲:紘毅

歌詞:深い闇に迷い込んで ただ一人たたずんでる 遠くから聞こえた声に 振り返って目を凝らした

ゆれて博多で

前川清

作詞:井田実

作曲:上野浩司

歌詞:些細なことが きっかけで あなたと過ごした この街で ひとり飲んでる

よろこびの予感

前川清

作詞:橋本淳

作曲:筒美京平

歌詞:甘えさせて あげたかった 喜ばせて あげたかった さよならをしても

流木

前川清

作詞:近田春夫

作曲:都志見隆

歌詞:流れながれて 旅を終えたとき 戻るあてなど すてたつもりでも 風にまかれて

前川 清(まえかわ きよし、本名同じ、1948年8月19日 - )は日本の歌手、タレント、俳優である。血液型はO型。長男は歌手の前川紘毅で、姪の義弟に元俳優の加勢大周がいる。 長崎県佐世保市松山町出身。長崎南山高等学校中退。 wikipedia