1. 歌詞検索UtaTen
  2. 小林旭
  3. 小林旭の歌詞一覧

小林旭の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年4月16日

109 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

憧れのハワイ航路

小林旭

作詞:石本美由起

作曲:江口夜詩

歌詞:晴れた空 そよぐ風 港出船の ドラの音愉し 別れテープを

自動車ショー歌

小林旭

作詞:星野哲郎

作曲:叶弦大

歌詞:あの娘を ペットに したくって ニッサンするのは パッカード

昔の名前で出ています

小林旭

作詞:星野哲郎

作曲:叶弦大

歌詞:京都にいるときゃ 忍と呼ばれたの 神戸じゃ渚と 名乗ったの 横浜の酒場に

東京の花売娘

小林旭

作詞:佐々詩生

作曲:上原げんと

歌詞:青い芽をふく 柳の辻に 花を召しませ 召しませ花を どこか寂しい

やどかりの歌

小林旭

作詞:星野哲郎

作曲:四方章人

歌詞:背の荷物も おろさぬうちに またも旅かよ やどかりは 小石だらけの

アキラのダンチョネ節

小林旭

作詞:西沢爽

作曲:遠藤実

歌詞:逢いはせなんだか 小島の鴎 可愛あの娘の 泣き顔に いやだ

白い花の咲く頃

小林旭

作詞:寺尾智沙

作曲:田村しげる

歌詞:白い花が咲いてた ふるさとの遠い夢の日 さよならと言ったら 黙ってうつむいてた おさげ髪

ゴルフショー歌

小林旭

作詞:星野哲郎

作曲:叶弦大

歌詞:(アスーイスイ アスーイスイ) ターフで紳士な ゴルファの皆さん

夕陽

小林旭

作詞:内館牧子

作曲:ひうら一帆

歌詞:こわれた夢は小舟に 乗せて海へ流そう 夕焼け小焼 沈む陽メラメラ 夢を焼き去れ

鈴懸の径

小林旭

作詞:佐伯孝夫

作曲:灰田有紀彦

歌詞:友と語らん 鈴懸の径 通いなれたる 学舎の街 優しい小鈴

アカシアの雨がやむとき

小林旭

作詞:水木かおる

作曲:藤原秀行

歌詞:アカシアの雨にうたれて このまま死んでしまいたい 夜が明ける 日がのぼる 朝の光りのその中で

腕に虹だけ

小林旭

作詞:内館牧子

作曲:ひうら一帆

歌詞:強がり生きてくしかないね 絶望するのは たやすいが 淋しくて 一人笑うと

カチューシャの唄

小林旭

作詞:島村抱月..

作曲:中山晋平

歌詞:カチューシャ可愛いや 別れのつらさ せめて淡雪 とけぬ間と 神に願いを

恋暦

小林旭

作詞:さくらちさと..

作曲:四方章人

歌詞:いろいろお世話に なりました 今夜 京都に 帰ります

北帰行

小林旭

作詞:宇田博

作曲:宇田博

歌詞:窓は 夜露に濡れて 都 すでに遠のく 北へ帰る

昭和・男道

小林旭

作詞:宇山清太郎

作曲:四方章人

歌詞:くやしまぎれの 冷や酒二合 呑んで抑える 肚の虫 意地を通して

恋の山手線

小林旭

作詞:小島貞二

作曲:浜口庫之助

歌詞:上野オフィスの 可愛い娘 声は鶯 谷わたり 日暮里笑った

ゆきこ

小林旭

歌詞:だれも知らない路地裏の 汚れなき花のような ゆきこは純な純な娘だったよ なれない手つきでセーターを あんでる姿が目に浮ぶ

夜の旅人

小林旭

作詞:さいとう大三

作曲:叶弦大

歌詞:夜が今夜も やってくる 街に酒場に この胸に 人は涙を流すから

琵琶湖周航の歌

小林旭

作詞:小口太郎

作曲:小口太郎

歌詞:我は湖の子 放浪の 旅にしあれば しみじみと 昇る狭霧や

夕子

小林旭

歌詞:話してごらん 泣かないで 小さな胸に かなしみを 包んでひとり

泣いて昔が返るなら

小林旭

作詞:星野哲郎

作曲:叶弦大

歌詞:昔 恋しい 伊勢佐木町の 夜はあなたの おもいでばかり

ダンチョネ節

小林旭

作詞:神奈川県民謡

作曲:神奈川県民謡

歌詞:沖の鴎と 飛行機乗りは どこで散るやらネ はてるやら ダンチョネ

最后にもひとつ

小林旭

作詞:喜多條忠

作曲:大野克夫

歌詞:初めてお前に会った時 最后の女にしたいと思った 古いコートを着て行くのかい 化粧もしないで仔犬を抱いて

惚れた女が死んだ夜は

小林旭

作詞:みなみ大介

作曲:杉本真人

歌詞:なぐさめなんかは ほしくない 黙って酒だけ おいてゆけ 惚れた女が

もう一度一から出なおします

小林旭

作詞:星野哲郎

作曲:叶弦大

歌詞:雨の長崎を あとにしたときは 夜の尾道で 降りるはずでした あなたを奪った

やせがまん

小林旭

歌詞:背中を向けた女には とげある言葉を投げるなよ 煙草を二本 灰にして やさしく送ってやるがいい

越前挽歌

小林旭

作詞:吉田旺

作曲:徳久広司

歌詞:哭くな荒磯の海燕 夕陽が落ちる ひびけ男の嘆き唄 越前岬に いまさら呼んでも

旅空夜空 ~言うもはずかし~

小林旭

作詞:阿久悠

作曲:宇崎竜童

歌詞:久しく涸れた くちびるに 憂いの酒を ひとしずく 仰げば

アキラのさらばシベリア鉄道

小林旭

作詞:松本隆

作曲:大瀧詠一

歌詞:哀しみの裏側に何があるの? 涙さえも凍りつく白い氷原 誰でも心に冬を かくしてると言うけど あなた以上冷やかな人はいない

アキラのズンドコ節

小林旭

作詞:西沢爽

作曲:不詳..

歌詞:街のみんなが ふりかえる 青い夜風も ふりかえる 君と僕とを

女を忘れろ

小林旭

作詞:野村俊夫

作曲:船村徹

歌詞:ダイス転がせ ドラムを叩け やけにしんみり する夜だ 忘れろ

ついて来るかい

小林旭

作詞:遠藤実

作曲:遠藤実

歌詞:ついて来るかい 何も聞かないで ついて来るかい 過去のある僕に 君を愛していればこそ

北上夜曲

小林旭

作詞:菊地規

作曲:安藤睦夫

歌詞:匂い優しい 白百合の 濡れているよな あの瞳 想い出すのは

銀座旋風児

小林旭

作詞:吉沢ひかる

作曲:小川寛興

歌詞:風が呼んでる マイトガイ 俺がいやだと 言ったって 誰かが俺を

さすらいの道

小林旭

作詞:伊藤アキラ

作曲:森田公一

歌詞:男は背中に 顔がある すぎた昔を みつめてる いくら口では

赤いトラクター

小林旭

作詞:能勢英男

作曲:米山正夫

歌詞:風に逆らう 俺の気持を 知っているのか 赤いトラクター 燃える男の

熱き心に

小林旭

作詞:阿久悠

作曲:大瀧詠一

歌詞:北国の旅の空 流れる雲 はるか 時に 人恋しく

川は流れる

小林旭

作詞:横井弘

作曲:桜田誠一

歌詞:病葉を 今日も浮かべて 街の谷 川は流れる ささやかな

野球小僧

小林旭

作詞:佐伯孝夫

作曲:佐々木俊一

歌詞:野球小僧に 逢ったかい 男らしくて 純情で もえるあこがれ

古城の月

小林旭

作詞:阿久悠

作曲:小椋佳

歌詞:ひとり 古城にたたずめば 時の流れの音がする むかし詩を読む人がいて 哀れといった月の影

さすらい

小林旭

作詞:西沢爽

作曲:補作曲:狛林正一

歌詞:夜がまた来る 思い出つれて おれを泣かせに 足音もなく なにをいまさら

あれから

小林旭

作詞:阿久悠

作曲:鈴木キサブロー

歌詞:心が純で 真直ぐて キラキラ光る 瞳をしてた はにかみながら語る

ゴンドラの唄

小林旭

作詞:吉井勇

作曲:中山晋平

歌詞:いのち短し恋せよおとめ 朱き唇あせぬ間に 熱き血潮の冷えぬ間に 明日の命はないものを

さすらいの旅路

小林旭

作詞:星川裕二

作曲:徳久広司

歌詞:一途な夢 追いかけながら 荒くれた 日々よ 愚か

夜明けのうた

小林旭

作詞:岩谷時子

作曲:いずみたく

歌詞:夜明けのうたよ 私の心の きのうの悲しみ 流しておくれ 夜明けのうたよ

人生思い出橋

小林旭

作詞:さくらちさと

作曲:鈴木キサブロー

歌詞:川は流れる 雲を浮かべ 時は過ぎゆく 果てしなく 心を燃やした

宵待歌

小林旭

作詞:阿久悠

作曲:鈴木キサブロー

歌詞:宵待ちの 花ひとつ 面影似て 君が胸によみがえる やわ肌の

人生なんぼ節!

小林旭

作詞:高田ひろお

作曲:杉本眞人

歌詞:惚れっぽいのさ あいつ 下手な鉄砲 撃ちつづけ ふられ

女房きどり

小林旭

作詞:星野哲郎

作曲:叶弦大

歌詞:あなたは着物が 好きだから 着物にしたのと いう女 そんなに飲んでは

小林 旭(こばやし あきら、1938年11月3日 - )は、日本の俳優、歌手である。本名は同じ。身長180cm、体重98kg、血液型AB型。特技は柔道五段、ゴルフ。愛称は、マイトガイ。 wikipedia