瀬川瑛子の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 瀬川瑛子
  3. 瀬川瑛子の歌詞一覧

瀬川瑛子の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月28日

83 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

笑いじわ

瀬川瑛子

作詞: 阿木燿子

作曲: 宇崎竜童

歌詞:悲しい時にも 笑う癖 ついてる女は 紺が似合う セーラー服着た

涙の影法師

瀬川瑛子

歌詞:すがりつく手を ふり切って 闇に消えゆく 影法師 唇かんで

私乃悲川

瀬川瑛子

作詞: 白鳥園枝

作曲: 関野幾生

歌詞:この川の ほとりに立てば 身を切るような 別れ風 愛はどうして

憂き世川

瀬川瑛子

作詞: 吉岡治

作曲: 北原じゅん

歌詞:昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰より あんたがわかる ひとりじゃ重い

わすれ宿

瀬川瑛子

作詞: 中山大三郎

作曲: 船村徹

歌詞:これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは 書き入れる 窓の外

年々歳々

瀬川瑛子

歌詞:あんなに大酒 呑んでたひとが このごろちょっと 弱くなってさ 酔えばわたしの

命くれない

瀬川瑛子

作詞: 吉岡治

作曲: 北原じゅん

歌詞:生まれる前から 結ばれていた そんな気がする 紅の糸 だから死ぬまで

命の絆

瀬川瑛子

作詞: 原譲二

作曲: 原譲二

歌詞:苦労が幾重も かさなることで 夫婦の絆は 太くなる 浮かんで寄り添う

潮騒の町

瀬川瑛子

作詞: 星野哲郎

作曲: 新井利昌

歌詞:燃える不知火 お酒に浮かべ 一緒に飲めば 結ばれる ふたりでつくった

春の海

瀬川瑛子

作詞: 星野哲郎

作曲: 新井利昌

歌詞:鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と 呼ぶ頃は 何のつらかろ

思い出みれん

瀬川瑛子

歌詞:ばかと言われる 幸せもある もっと 尽くして みたかった

月夜舟

瀬川瑛子

歌詞:神さまが 逢わせてくれた この人と 我慢くらべの みちゆきでした

これからですね

瀬川瑛子

歌詞:ほんとに お疲れさまでした がんばりましたね 長い間 あなたが生まれた

長崎の夜はむらさき

瀬川瑛子

作詞: 古木花江

作曲: 新井利昌

歌詞:雨にしめった 讃美歌の うたが流れる 浦上川よ 忘れたいのに

旅の駅

瀬川瑛子

作詞: 円香乃

作曲: 新井利昌

歌詞:「おにいさん…どこまで行くの」 「次の列車で 行けるとこ」 雪に埋もれた 待合室で

恋問川

瀬川瑛子

作詞: 木下龍太郎

作曲: 原譲二

歌詞:ぬくもり消えた 女の胸は 重ね着しても まだ寒い 出直すための

むすめ上州鴉

瀬川瑛子

作詞: 吉岡治

作曲: 岡千秋

歌詞:肩に重たい 振り分け荷物 風が冷たい 上州鴉 なんの憂き世に

いのちの人よ

瀬川瑛子

作詞: 伊藤薫

作曲: 伊藤薫

歌詞:岬に立てば 風が吹く 行きどまり 波の音 遠い遠い

愛の川

瀬川瑛子

作詞: 原譲二

作曲: 原譲二

歌詞:あなたの為なら この命 捨てても惜しくない 死ぬ程好きだから 確かめながら

おしどり春秋

瀬川瑛子

歌詞:煤の付きようで 年季が判る 路地の酒場も 人の世も 俄づくりじゃ

人生つづら坂

瀬川瑛子

歌詞:ひとつ越えても その先に 続く七坂 忍ぶ坂 明日を手さぐり

花と嵐

瀬川瑛子

作詞: 水木れいじ

作曲: 叶弦大

歌詞:花と嵐の うき世の河を 越えてあなたと 十余年 過ぎてしまえば

父娘酒

瀬川瑛子

歌詞:どの面下げて 帰ってきたと 叱る父さん 目に涙 詫びる言葉も

相生の雨

瀬川瑛子

作詞: 森坂とも

作曲: 徳久広司

歌詞:思えば苦労の 雨降りつづき 越えた月日の 愛おしさ ひとつの傘を

あなたがいいの

瀬川瑛子

歌詞:こころ通わす 絆の糸は 切れたりしない 解けない おなじ夢みて

口紅水仙

瀬川瑛子

歌詞:人恋う涙が あることを あなたに出逢って 知りました 風に吹かれて

GO!GO!侍ニッポン~私も輝きます~

瀬川瑛子

歌詞:(ハイ) 愛しの土方様 あなたは強い人 走る走る走る走る 夢を求めて

また逢えそうなブルース

瀬川瑛子

歌詞:いやだ… やだ… やだ もう恋なんか いつも

みんないい女

瀬川瑛子

作詞: かず翼

作曲: 円広志

歌詞:誰だって泣きながら 眠った夜がある 悲しみに遭わずに 生きては行けない 幸せの後ろ影

雨、降りやまず

瀬川瑛子

作詞: たかたかし

作曲: 浜圭介

歌詞:あんた、疲れましたか 人生は 難儀ですね 雨はいまも 降りやまず

涙は女の化粧水

瀬川瑛子

作詞: 新本創子

作曲: 幸耕平

歌詞:あれから二年の冬が過ぎます 女の倖せ置きざりに 悔やんで苦しみ泣きながら も一度逢える時を待つ 好きだから抱いて

ふるさと景色

瀬川瑛子

作詞: 原譲二

作曲: 原譲二

歌詞:流れ雲 ちぎれ雲 あかね雲 みつめて 泣いた

白い宿

瀬川瑛子

歌詞:一夜に二夜に 降り積もる 雪で小枝が また折れる これが最後の

一念草

瀬川瑛子

歌詞:ひとりで生きていた おんなのこの胸に 夢を一輪 灯して 灯してくれたひと

おんなの絆

瀬川瑛子

作詞: 沢村友美也

作曲: 原譲二

歌詞:いつでも一緒に いられたら この世で一番 幸せでしょう 咲いて人目を

函館の雨はリラ色

瀬川瑛子

作詞: 星野哲郎

作曲: 新井利昌

歌詞:うれしいときも 涙がでると おしえてくれた あのひとと いっしょにぬれた

帰らぬ夢

瀬川瑛子

作詞: 星野哲郎

作曲: 船村徹

歌詞:お手紙は 女の名前で 下さいと 書かれた文字の なつかしや

ひろしま、そして雨ン中

瀬川瑛子

作詞: 三宅立美

作曲: 船村徹

歌詞:男ごころを冷たく濡らす 夜のひろしま 雨ン中 好きでした生命をかけた恋でした その君が

桜雨~さくらあめ~

瀬川瑛子

歌詞:ひとひらふたひら 舞い降る桜花を そっと両手で 受けとめる ひとときの

人生晴れたり曇ったり

瀬川瑛子

作詞: 吉岡治

作曲: 弦哲也

歌詞:惚れて 惚れて みんな程よく まとまったらば 人間

夫婦松

瀬川瑛子

作詞: 里村龍一

作曲: 中村典正

歌詞:雪をかぶった 松の木は 惚れたあんたの 艶姿 裸一貫

夢の中で

瀬川瑛子

作詞: 伊藤薫

作曲: 伊藤薫

歌詞:夢の中で ひどく泣いて 目覚めても まだ涙 止まらない

二人羽織

瀬川瑛子

作詞: 遙北斗

作曲: 山口正光

歌詞:何年経つでしょ 連れ合って 手さぐりだらけの この暮らし 二人羽織の

泣きたい夜

瀬川瑛子

作詞: 麻こよみ

作曲: 原譲二

歌詞:故郷からも 見えるでしょうか ビルの谷間の 星ひとつ 変わりは

あなたのそばに

瀬川瑛子

作詞: 麻こよみ

作曲: 原譲二

歌詞:笑顔がいいねと あなたに言われ いつでも笑って 生きて来た 浮き世

契り花

瀬川瑛子

作詞: 新本創子

作曲: 新井利昌

歌詞:逢ったはじめに 女房にきめた あんたに云われりゃ また泣ける ふたりは赤い

夢のように 日は過ぎて

瀬川瑛子

作詞: 幸田りえ

作曲: 西つよし

歌詞:風が吹いて 木漏れ日が この肩を あたためる 生きることで

しあわせ暦

瀬川瑛子

歌詞:この胸の 根雪も溶けて こころにやさしい 春の風 あなたに出逢えて

おしどり酒

瀬川瑛子

歌詞:うき世しぐれに 吹きよせられて 似た者どうしで 雨やどり それが合縁

小樽化粧

瀬川瑛子

歌詞:いのち煌々 燃やしてみても 雪虫はかない 北の虫 みれん面影

瀬川 瑛子(せがわ えいこ、本名:清水 瑛子、旧姓:(瀬川)、1947年7月6日 - )は、日本の演歌歌手・女優。歌手瀬川伸の次女。身長168cm、血液型B型。既婚。 wikipedia