1. 歌詞検索UtaTen
  2. THE BACK HORN
  3. THE BACK HORNの歌詞一覧

THE BACK HORNの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年5月20日

229 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

罠(機動戦士ガンダム00 ED)

THE BACK HORN

歌詞:絶望は甘い罠 鎖されたその扉 心が戦場だから誰にも救えない ゼンマイの心臓が運命に操られ

マテリア

THE BACK HORN

歌詞:シャンデリアの雨 頬を濡らす バラ色の部屋で シルクのドレス 絡みついた

レクイエム

THE BACK HORN

歌詞:ああ 鋼鉄の雨が降る血の海で ずっともがいてた黒蟻が沈んでく ああ

ソーダ水の泡沫

THE BACK HORN

作詞: 松田晋二

作曲: 岡峰光舟

歌詞:ずっと僕ら 笑って 寄り添うように 離れないから そっと僕ら

ひょうひょうと

THE BACK HORN

歌詞:光の中行くのなら 心には三日月を さらされし道こそ 静かに見据える

ネバーエンディングストーリー

THE BACK HORN

作詞: 山田将司

作曲: 山田将司

歌詞:夕方 オマエと二人 たまにゃこうして 酒でも呑んで 何年経っただろう変わってないな

セレナーデ Live at NHK HALL in 2007

THE BACK HORN

歌詞:白鳥になれなかったバレリーナが 龍の中 ヒステリックに踊る夜 白い胸は満月の様 黒いバイオリンで引き裂きたい

コバルトブルー

THE BACK HORN

歌詞:この夜が明ける頃 俺達は風になる 勿忘の花びらを舞い上げて吹き抜ける 闇の沈黙に十六夜の月

閉ざされた世界(機動戦士ガンダム00-A wakening of the Trailblazer- OP)

THE BACK HORN

歌詞:赤く濡れた指先でサイは振られ 宇宙へ落ちてゆく 深く深く 二度と帰れない闇の彼方へ

白夜

THE BACK HORN

歌詞:君にさよならを告げて俺は晴れて自由になった 縛られて嫌になって 砂埃 唾を吐いた

サニー

THE BACK HORN

歌詞:黒い大きな壁を歩こう 夜明けとともに 見ろよ流線型は 人を殺す時の気持ちさ

舞い上がれ

THE BACK HORN

作詞: 菅波栄純 ..

作曲: THE BACK HORN

歌詞:僕らの足跡 残った雪 凍える両手を温めてた 熱い想いを抱きしめながら

ピンクソーダ

THE BACK HORN

歌詞:夜を写す蝶の羽 ネオンが滲んでる 眠らぬ獣たち 愛すべきブタどもに アジアを感じたり

ウロボロス

THE BACK HORN

作詞: 菅波栄純

作曲: 菅波栄純

歌詞:触れたい 躍動する命に 呼吸が交じるほどの距離で 触れたい 共鳴する命に

夢路

THE BACK HORN

作詞: 岡峰光舟

作曲: 岡峰光舟

歌詞:願いは一つ いつもと同じ朝 変わらない町の音 穏やかな日常

THE BACK HORN

歌詞:鏡の無い世界じゃきっと僕達は 自分を殺してしまうよ 鏡の無い世界であなたは一人ぼっち 自分を殺して誰と巡り合う

戯言

THE BACK HORN

作詞: 菅波栄純

作曲: 山田将司

歌詞:絶対秘密の口止めは 拡散希望のタグと同じ 朝日と同時に煙が上る 炎上騒ぎでお江戸は華やぐ

幸福な亡骸

THE BACK HORN

歌詞:夏の終わりの朝 喪服の行列が 蝉達の死骸を踏みつけ歩いてく 途方もなく青い空

THE BACK HORN

歌詞:遠い夏 光の中で燃えていた季節が過ぎる 俺達は出会った日から探してる 本当の声を

涙がこぼれたら

THE BACK HORN

歌詞:空の向こう 遠い誰かの孤独 夜の砂漠 デスバレーの奈落

風船

THE BACK HORN

歌詞:この心は何故変わってゆくんだろう 悲しくて泣いた 夕闇の中 さみしさがあるから汚れていくんだ 真赤な紅

THE BACK HORN

歌詞:立ち上がれ 死んでも譲れないものがある 振り向くな 後ろに道は無い 突き進め

何もない世界

THE BACK HORN

歌詞:風が吹き抜けて君は永遠になった 錆びたブランコは宙に浮かんだままで 僕だけを残し夏の日が終わる

フロイデ

THE BACK HORN

歌詞:最果ての戦場に遠吠えが響く 迫りくる地平線 蠢く鋼の音 振り向けば滲む空

人間

THE BACK HORN

歌詞:人間はカナシイ 人間はハカナイ 人間はミニクイ 人間はキレイダナ

美しい名前

THE BACK HORN

歌詞:泣きたい時ほど涙は出なくて 唇噛んでる真っ白い夜 体中に管をたくさん付けて そうかちょっと疲れて眠ってるんだね

JOY

THE BACK HORN

作詞: 松田晋二

作曲: 山田将司

歌詞:世界の音が鳴り止んだ静かな夜 心の奥でそっと君の声が響いて 自分自身を見失いそうな時ほど 大事な存在に気づかされてきた僕だ

ユートピア

THE BACK HORN

作詞: 山田将司

作曲: 菅波栄純

歌詞:ウェルカムトゥーディストピア 囁く声は傲慢で隠れもしないシャドー 続く修羅の道 戦うは誰とじゃない 挑むべきは自分自身

ディナー

THE BACK HORN

歌詞:もう帰れない 天井裏は宇宙さ あぁ 白い蝶々 調教したい美少女

THE BACK HORN

歌詞:星よ 月の雫よ 誰の道を照らすのだろう 風よ 森よ

グラディエーター

THE BACK HORN

歌詞:迷い込んだ砂漠の果て 生きる意味を無くしたまま 握りしめた剣はただ一つの誇りだった 夜に滲む罪の跡

世界を撃て

THE BACK HORN

歌詞:突風が吹いて葛藤が砕け散った 雑踏を抜けて戦場へ舞い戻った それぞれの日々が戦う意味だ 逃げ出すほど弱くないさ 拳を握る

さざめくハイウェイ

THE BACK HORN

歌詞:溢れ出す 人ゴミの中で 動けない 僕は動かない 見上げては欠伸噛み殺し

未来

THE BACK HORN

歌詞:失くした歌が心にあった いつかは僕ら消えてしまうけれど 粉雪白く 想いが積もる

太陽の花

THE BACK HORN

作詞: 松田晋二

作曲: 菅波栄純

歌詞:暗闇さえ紅く染める 命は燃え上がる太陽だ 優しい痛み 虚しい怒り 我が身を焦がして輝けよ

記憶列車

THE BACK HORN

作詞: 松田晋二

作曲: 岡峰光舟

歌詞:ゆうべの汽車に乗って あなたを探しにゆく 破れかけの写真を 胸の奥抱いたまま

tonight

THE BACK HORN

作詞: 山田将司

作曲: 山田将司

歌詞:そう ここに立って見下ろしたこの街を 離れてゆくと決めたのは 君と誓ったあの言葉だった 固まった意思を引っ提げてゆくよ

コンクリートに咲いた花

THE BACK HORN

作詞: 松田晋二

作曲: 菅波栄純

歌詞:嵐が去って 蕾が開いたら また旅が始まるんだよ 終わる為じゃない 満開に咲く兆しの向こうへ

シンメトリー

THE BACK HORN

歌詞:One more time, we celebrate

雨に打たれて風に吹かれて

THE BACK HORN

歌詞:雨に打たれて風に吹かれて 耐え抜いてゆく日々を なぞるように繰り返せば 言葉さえいつの日か忘れてく

警鐘

THE BACK HORN

歌詞:このダイナマイトみたいな悲しみを また高性能な知能が邪魔をして アンドロイドのように全自動で笑うんだ ちっぽけな宇宙の片隅で

アカイヤミ

THE BACK HORN

歌詞:暴力に口づけを 理不尽な死と共に 誰もが美しい

魚雷

THE BACK HORN

歌詞:暮れる街の影俺は潜む 愛もへったくれもない俺は生きる こうして覗き見ている 泥にまみれ休む事なく

心臓が止まるまでは

THE BACK HORN

作詞: 菅波栄純

作曲: 菅波栄純

歌詞:ハローハロー 生きるための言葉を刻もう 僕の体を切ってみたら ぬるい温度が滲み出した

閃光

THE BACK HORN

作詞: 菅波栄純

作曲: 菅波栄純

歌詞:どうか光のかけらよ 君の日々を一時でも 人生のシビアさから 痛みから守っておくれ

がんじがらめ

THE BACK HORN

作詞: 菅波栄純

作曲: 菅波栄純

歌詞:がんじがらめがらめがらめ・・・・ なんもかんもがデッドエンドで そんなこったろうと思ったから 住めば都とテント張ったら

あなたが待ってる

THE BACK HORN

歌詞:あなたが待ってると思うだけで もうそれだけであったかい 優しくなんて出来ない そんな時もあるさ

暗闇でダンスを

THE BACK HORN

作詞: 菅波栄純

作曲: 菅波栄純

歌詞:oh my soul 今日埋葬されてたまるか 迷走抜けて

ビリーバーズ

THE BACK HORN

歌詞:転がる岩石になって諦めを蹴散らして進むんだ 賢い選択とは言えねえ 断然無礼な声暴れ出す 総距離を

世界の果てで

THE BACK HORN

歌詞:時には何もかも陽射しのせいにして 深呼吸するのさ 今のらりくらり行こう 考え込む夜が下着を脱いだなら

THE BACK HORN(ザ・バックホーン)は、日本のオルタナティヴ・ロックバンドである。1998年結成。1999年にアルバム『何処へ行く』でインディーズデビューし、2001年にシングル「サニー」でメジャーデビュー。略称は「バクホン」「バクホ」など。「KYO-MEI」という言葉をテーマとして、「聞く人の心をふるわせる音楽を届けていく」という意思を掲げて活動する。 wikipedia