1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉幾三
  3. 吉幾三の歌詞一覧

吉幾三の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年4月1日

267 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

俺ら東京さ行ぐだ

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:テレビも無ェ ラジオも無ェ 自動車もそれほど走って無ェ ピアノも無ェ バーも無ェ

人生

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:何の夢追い 生きて来た 何が欲しくて 生きている 人は裸で

TSUGARU

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:おめだの爺コ婆々 どしてらば? 俺えの爺コ婆々 去年死んだネ おめだの兄さま

哀のブルース

吉幾三

作詞:里村龍一

作曲:吉幾三

歌詞:強く強く抱いてよ 身体からだ 折れるまで 誰に何と言われても あなただけは

山谷ブルース

吉幾三

作詞:岡林信康

作曲:岡林信康

歌詞:今日の仕事は つらかった あとは焼酎を あおるだけ どうせどうせ

酒よ

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:涙には幾つもの 想い出がある 心にも幾つかの 傷もある ひとり酒

これが本当のゴルフだ!!パート2

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:ハァ~ どうなるか どうでるか メンバー全員シングルだ ティーショット

かあさんへ

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:あなたの背中で…かあさん あなたの腕で…かあさん あなたの笑顔で…かあさん あなたへ愛しさ知った

風に吹かれて…~「ワークマン」CMヴァージョン~

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:お前とあの時 出逢ったあの日 季節は春先 ちっちゃな町で 広がる未来と

尽くさんかい

吉幾三

作詞:桂ざこば..

作曲:吉幾三

歌詞:女房はダンナに尽くさんかい! 女房はダンナに尽くさんかい! 尽くして 尽くして 尽くさんかい!

津軽平野

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:津軽平野に 雪降る頃はヨー 親父一人で 出稼ぎ仕度 春にゃかならず

あんた

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:コップ一杯 飲む酒も なぜか淋しい 今日の酒 外は冷たい

Dream~「新日本ハウス」CMヴァージョン~

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:住みなれた 我が家を 雲と 青空の下 しばらく

情炎

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:どうせあんたは 他者のひと 夜明け来る前 帰るひと 窓をたたいて

うちのかみさん

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:うちのかみさん 夜更かし好きで 早く起こすと あぁ もう!

俺はぜったいスーパースター

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:風吹く北の町 夜汽車にゆりゆられ 都会あこがれ来たけれど 何んにも出来ないよ 仕事転々と

旅の宿

吉幾三

作詞:岡本おさみ

作曲:吉田拓郎

歌詞:浴衣のきみは尾花の簪 熱燗徳利の首つまんで もういっぱいいかがなんて みょうに色っぽいね

父子じゃないか

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:男だろう 飲みなよ 泣けるだけ 泣きなよ… 父親でよきゃ

四季…津軽

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:春…北のヨ… 野からヨ…雪解け 夢がヨ…花へと 咲くよナ 咲くよナ

女のかぞえ唄

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:潮風乗って 港のカモメ あの人 恋しいと 泣いている

ありがとうの唄

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:愛されて夢を見て ひとりで走ってた 振り返りゃ何もかも 遠くに見えていた 人は皆

男酔い

吉幾三

作詞:喜多條忠

作曲:杉本眞人

歌詞:男だ 女だ 言う気はないが 女にゃわからぬ 酒がある

北限海峡

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:見えるものとは 地平線と 遥か彼方を 行き交う船と 吹雪その中

羅臼

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:ヨーイショ ヨーイショ ヨーイショ ヨーイショ あんたは

涙…止めて

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:涙止めて 世界中の涙を 夢を見たい この先の夢 過去と未来

と・も・子・・・

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:とも子と二人で暮らしてた頃、ハッピーでナウな日々 だった。"買物に行って来まーす"ってとも子。 "行ってらっしゃい、気いつけてね"ってわたし。 それっきりかれこれ一年にもなるべか。買物に行った きり一年も帰ってこないオナゴって、どこにいるもんだべか?

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:凍てつくような 港でひとり あんたの帰りを 待っております 流氷来る前に

酒、夜、ときどき雨

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:淋しさ紛らす 酒がいい 悲しみ忘れる 酒がいい 出来ればあなたと

あぁ…あんた川

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:夢の続きが あるのなら 連れて逃げると 言った人 川の流れが

海に抱かれに

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:あんたの背中に 爪を立てて 海鳴り聞いた みなと宿 忘れない

北・漁・港

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:冬がもうすぐ 来るのです 貴方は 旅に出るのです シベリアおろしが

さくら咲く頃に

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:さくら咲く頃は 母の手に 引かれ泣き泣き 学び舎に さくら咲く頃に

雪國

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:好きよ あなた 今でも 今でも 暦はもう少しで

おんな酒

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:雨がパラパラ あなたとふたり ひとつ傘差し 歩いたネ 運命

我が娘へ

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:叱った分だけ 愛してる 親なら誰でも そうなのさ 叱った分だけ

一夜宿

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:日本海から 吹く風が 能登の湾にも 春運ぶ いつかあなたと

男っちゅうもんは

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:少しはやんちゃで 構わない 私も 昔はそうだった 少しは

酒場にて

吉幾三

作詞:山上路夫

作曲:鈴木邦彦

歌詞:好きでお酒を 飲んじゃいないわ 家にひとり帰る時が こわい私よ あのドアを開けてみたって

夜の虫

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:私 身体に虫が居る それは夜の虫 会社そろそろ終わる頃 その虫

秋風

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:ただ傍に居るだけで 私はいいの ただもう少しだけ 夢を見させて 邪魔はしないから

望郷酒場

吉幾三

作詞:里村龍一

作曲:桜田誠一

歌詞:おやじみたいなヨー 酒呑みなどに ならぬつもりが なっていた 酔えば恋しい

エレジー

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:肩を抱き 飲んだ酒 夢語り 飲んだ酒 振り返りゃ

俺はぜったい!プレスリー

吉幾三

作詞:やまだあつし

作曲:山鉄平

歌詞:俺は田舎のプレスリー 百姓のせがれ 生まれ 青森 五所川原

裸足のおんな

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:船を追いかけ おんなはひとり 裸足のままで 湊へ走る 明日のはずヨ…

あそばれた男

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:悲しみのせて北へ走る 夜行列車は 去年もこんな事が あった気がする 夢が夢が

22才の別れ

吉幾三

作詞:伊勢正三

作曲:伊勢正三

歌詞:あなたに"さよなら"って言えるのは 今日だけ 明日になって またあなたの温かい手に ふれたらきっと

上海恋夜曲

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:~イ尓怎公了?身体好口馬?~ (あなたどうしてますか?お元気ですか?) 夕陽に染まる上海 あなたどうしてますか?

NDA![んだ!]

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:夢を抱いて東京へ オラが出て行く前の晩 田舎者だとみられるな 両親言われて 出てきたTokyo

男ってやつは…

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:ひざを合わせて 男の酒は 飲まなきゃ ならない時もある ひざを抱えて

羽根を下さい

吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:毎晩 あぁ夢では 幼いお前に 会えている 叱られ

吉 幾三(よし いくぞう、1952年11月11日 - )は、日本の演歌歌手、シンガーソングライター、作詞家、作曲家、ラッパー、タレントである。青森県北津軽郡金木町(現・五所川原市)出身。青森県在住。公式愛称はIKZO。本名は鎌田 善人(かまた よしひと)。血液型はB型。身長178cm、体重70kg。靴サイズ25.5cm。既婚。子供3人。長女は歌手のKU(くー)。次女は女優の寿三美(ことぶき みみ)。 wikipedia