1. 歌詞検索UtaTen
  2. 北島三郎
  3. 北島三郎の歌詞一覧

北島三郎の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年5月18日

281 曲中 201-250 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

あじさい情話

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:心変わりは 憎くても 逢えばおまえが 離せまい 俺の負けだよ

箱根のおんな

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:あなたを捨てた 報いでしょうか 男にゃ泣いたと 風便り 白から赤へ

女房

北島三郎

作詞:木下龍太郎

作曲:原譲二

歌詞:一緒に歩いた 苦労で決まる 夫婦の値打ちと 言うものは そんな科白を

根っこ

北島三郎

作詞:鈴木紀代

作曲:原譲二

歌詞:咲いた花だけ 人は観て きれいな花だと もてはやす 花には枝あり

北島三郎

作詞:沢村友美也

作曲:原譲二

歌詞:辛い時にも 逃げてはならぬ どんとぶつかれ 花も咲く 若い涙は

清き流れ

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:はるかより はるかへ つづく 歳月を重ねて 二千年

北島三郎

作詞:野村耕三

作曲:原譲二

歌詞:雪の降る日も 雨の日も 竹は節目で 伸びてゆく 人もまた

激唱 ~青函トンネル~

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:生まれたからには 死ぬまで生きて 誰にもやれない バカをやれと 燃える親父の

小春日和

北島三郎

作詞:志賀大介

作曲:原譲二

歌詞:おまえの分だけ しあわせが あったらそれで いいと言う そんなあなたの

なごやの女

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:寒かないかとだきよせて ぬいだ上衣を着せてやる 俺の負けだよ どうにもならぬ 恋にくるしい

浪曲太鼓

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:なにがなにして なんとやら 唄の文句じゃ ないけれど 男一匹

男道

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:どこから吹いてくる 葵の風が 弱音はいたら負けと 背中にからみつく じんと

波止場

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:市川昭介

歌詞:泣きたいときにも 笑わにゃならぬ 男というものつらいもの 俺も人の子 鋼じゃないぜ

さぶ

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:(セリフ) 「本当の職人仕事は 血を絞り骨を削って 得るものだ (セリフ)

ソーラン仁義

北島三郎

作詞:畔田耕吉

作曲:成田武夫

歌詞:手前生まれは ソーラン節の 歌でなじみの 北海生まれ 夜の酒場を

酒場のブルース

北島三郎

作詞:伊藤美和

作曲:原譲二

歌詞:タワーの灯りを 見るたびに あの日のことを 思い出す 夢を語った

我慢ひとすじ

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:辛さこらえて 鍛えたこの身 負けてたまるか 引くもんか それが男の

四季の山

北島三郎

作詞:川井倭文子

作曲:弦哲也

歌詞:[男]雪どけ水の 沢の音 [男]青空見上げる

夜半の風

北島三郎

作詞:下地亜記子

作曲:原譲二

歌詞:おまえと最後に 別れたあの日 涙まじりの 茶碗酒 そしてひと夏

今日より明日へ… おれの道

北島三郎

作詞:下地亜記子

作曲:原譲二

歌詞:笑われて 教えられ たたかれて あぁ強くなる 雨風

おしどり峠…

北島三郎

作詞:鈴木紀代

作曲:原譲二

歌詞:胸突き八丁の 浮き世の坂を よくぞここまで 登って来たな おまえの汗と

男の季節

北島三郎

作詞:大屋詩起

作曲:原譲二

歌詞:山背が吼えれば いきなり風吹 ひと荒れきそうな 空模様 沖はこれから

泪の坂道

北島三郎

作詞:大屋詩起

作曲:原譲二

歌詞:曲がりくねって どこまで続く 浮き世七坂 いばら道 運ぶ一足

無事でよかった

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:忘れはしない 季節は移り変わり 戻れない人生 振り返る あの頃は

青雲五人男

北島三郎

作詞:良池まもる

作曲:島津伸男

歌詞:君がやるなら 俺もやる 俺が泣くときゃ 君も泣く 生まれ故郷は

百年の蝉

北島三郎

作詞:田久保真見

作曲:原譲二

歌詞:季節はずれの 一本杉で 命を終える 蝉を見た 我慢七年

ギター船

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:ギターひこうよ 月のデッキで ギターひこうよ あのひとが すきだった

ふたり咲き

北島三郎

作詞:下地亜記子

作曲:原譲二

歌詞:三々九度の 盃は 俺とおまえの 門出酒 ないないづくしが

男橋

北島三郎

作詞:倉内康平

作曲:陣内常代

歌詞:時代よこの道 架け橋は 人はきずなで わたるのさ たとえ小さな

東京湾

北島三郎

作詞:倉内康平

作曲:陣内常代

歌詞:浦賀かなたの 地平線 遠くかすんだ 大島に 揺れる面影

辰五郎しぐれ

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:時代は何代 変われども 華のお江戸に 今でも残る 粋でいなせな

おまえのことが…

北島三郎

作詞:喜多條忠

作曲:船村徹

歌詞:ひとつ男は 生き抜くために 腰をかがめて 頭を下げて 明日の米も

十九のまつり -まつりパートII-

北島三郎

作詞:なかにし礼

作曲:原譲二

歌詞:祭りの夜に あの娘が泣いたよ 別れが辛いと すがって泣いた 踊ればまぶしい

港雪

北島三郎

作詞:原譲二..

作曲:原譲二

歌詞:流れ星 北へ流れて またひとり おんなが泣いている 港酒場の

兄弟達よ

北島三郎

作詞:いではく

作曲:原譲二

歌詞:何が不満で いじけているのか 望みはいつでも 半分さ まわり道こそ

さだめ道

北島三郎

作詞:いではく

作曲:原譲二

歌詞:同じ幹から 分れた枝も 表と裏では 実もちがう たとえ日陰で

別れの一本杉

北島三郎

作詞:高野公男

作曲:船村徹

歌詞:泣けた 泣けた こらえ切れずに 泣けたっけ あの娘と別れた

俺の道

北島三郎

作詞:下地亜記子

作曲:原譲二

歌詞:笑われて 教えられ たたかれて あぁ強くなる 雨風

北島三郎

作詞:宮原哲夫..

作曲:原譲二

歌詞:受けたからには 返すが人の まこと情や 恩の道 それを一生

修羅の川

北島三郎

作詞:宮原哲夫..

作曲:原譲二

歌詞:誰の涙か 男の胸を ぬらす木の葉の 露しぐれ 筋を通して

父親

北島三郎

作詞:遠藤実

作曲:遠藤実

歌詞:おやじと云う山 でっかい山だ 恩の山々 子は越えられぬ 吹雪の港で

感謝

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:目をとじて ふり返る はるか来た道 遠い道 四角い顔した

北島三郎

作詞:大地土子

作曲:大地土子

歌詞:先を急いで 歩いても 道は険しく 果てしない 望む思いが

男の灯り

北島三郎

作詞:石本美由起

作曲:上原げんと

歌詞:紺の暖簾を 片手で分けて 声も明るく 今晩は 辛いけれども

さよなら船

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:波の瀬を 北へ北へ 走る船の 窓にふる 雪まじり

白壁の町

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:流れる 流れる 青い水面に 白壁の 影を残して

そうだろ節

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:上原げんと

歌詞:月を見てたら 逢いたくなった あ そうだろ そうだろ

なくな夜がらす

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:啼くな夜がらす悲しい声で 俺はいやだよそんな声はいやだよ 啼くな夜がらすすてた昔を 想い出すじゃないか

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:新しいもの すぐ古くなる 義理も人情も お笑い草か 昔ながらの

石松おとこ花

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:酒と喧嘩は ならぬと意見され 石松頼むと 親分の目に ここに大役

北島 三郎(きたじま さぶろう、1936年(昭和11年)10月4日 - )は、日本の演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家、馬主。 『函館の女』に始まる「女」シリーズ、『兄弟仁義』などの「任侠」シリーズなど、数多くのヒット曲がある。 一般にはサブちゃんという愛称で呼ばれているが、原 譲二(はら じょうじ)のペンネームでも知られ、自身の楽曲の作詞・作曲ばかりでなく自身の舞台のシナリオ・演出や、北島ファミリーはじめ、他の演歌歌手への楽曲提供等、マルチな活動を精力的に行っている。 作曲家・船村徹門下出身で、門下生で作る「船村徹同門会」(会長・鳥羽一郎)では名誉相談役を務める。 wikipedia