1. 歌詞検索UtaTen
  2. 北島三郎
  3. 北島三郎の歌詞一覧

北島三郎の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年5月9日

281 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

まつり

北島三郎

作詞:なかにし礼

作曲:原譲二

歌詞:男は祭りを そうさ かついで 生きてきた 山の神

函館の女

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:はるばるきたぜ 函館へ さかまく波を のりこえて あとは追うなと

詠人(おじゃる丸 OP)

北島三郎

作詞:大地土子

作曲:大地土子

歌詞:季節 めくれば 遠い道のりは 思い通りに いかない時もある

生かされて

北島三郎

作詞:鈴木紀代

作曲:原譲二

歌詞:昭和 平成 令和へと 時節も移り 道のりは

平成音頭

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:のぼる朝日も つやつやつやと (アッ ソレ ソレ

雨だれぽったん

北島三郎

作詞:野村俊夫

作曲:船村徹

歌詞:雨だれぽったん 見ていると あの娘の顔が つぎつぎに 浮かんで消えて

帰ろかな

北島三郎

作詞:永六輔

作曲:中村八大

歌詞:淋しくて 言うんじゃないが 帰ろかな 帰ろかな 故郷のおふくろ

なみだ船

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:涙の終りの ひと滴 ゴムのかっぱに しみとおる どうせおいらは

黒潮漁歌かつお船

北島三郎

作詞:大屋敷正見..

作曲:島津伸男

歌詞:薩摩生れの 黒潮育ち かけて磨いた 根性かもめ 男度胸の

陽だまり人情

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:天はいつでも 誠を照らす 泣いちゃいけない 夢をもて かなしむ人見りゃ

北島三郎

作詞:志賀大介

作曲:船村徹

歌詞:あかね雲 ちぎれ雲 あの山越えて 何を見た あの川越えて

金色夜叉

北島三郎

作詞:宮島郁芳

作曲:後藤紫雲

歌詞:熱海の海岸 散歩する 貫一お宮の 二人連れ 共に歩むも

北島三郎

作詞:関沢新一

作曲:中村典正

歌詞:運のない奴ァ どこまでも 振った賽の目 凶と出る じたばたしたって

男の人生

北島三郎

作詞:いではく

作曲:原譲二

歌詞:花の咲く道 茨の道も 人はそれぞれ 運命を歩く 義理を背負って

しぐれ道

北島三郎

作詞:下地亜記子

作曲:原譲二

歌詞:いつか来る春 来ない春 待ってさがして 夜が更ける ぬくもりに

北島三郎

作詞:野村耕三

作曲:池山錠

歌詞:川の流れと 人の世は 澱みもあれば 渓流もある 義理の重さを

与作

北島三郎

作詞:七澤公典

作曲:七澤公典

歌詞:与作は木をきる ヘイヘイホー ヘイヘイホー こだまは かえるよ

神奈川水滸伝

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:光り輝く 表の顔を 裏で支える バカが居る だからいいのさ

人生は

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:人はさだめに 添いながら 未来の自分を 追いかける 変わる景色の

北島三郎

作詞:木下龍太郎

作曲:弦哲也

歌詞:勝手気ままに 育った麦は 雪の重さに 耐え切れぬ 足で踏むのも

北のわかれ雪

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:寒いな 雪の夜は こころも凍れる まして 流れる身は

北島三郎

作詞:野村耕三

作曲:原譲二

歌詞:雪の降る日も 雨の日も 竹は節目で 伸びてゆく 人もまた

がまん坂

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:俺がやらなきゃ 誰がやる 廻り道だぜ 風が吹く 傷つきながらも

向かい風

北島三郎

作詞:鈴木紀代

作曲:原譲二

歌詞:広い世間の 片隅で 日暮れに吹く風 向かい風 先の見えない

北島三郎

作詞:竹内美子絵..

作曲:中村千里

歌詞:大森林に 立ち向い 斧をふるたび おやじを想う 白い大地に

北の大地

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:(アー…アー…) (アアー…) はるかなる 北の空 木霊も叫ぶ

加賀の女

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:君と出逢った 香林坊の 酒場に赤い 灯がともる ああ

その名はこゆき

北島三郎

作詞:数丘夕彦

作曲:原譲二

歌詞:北の女を くどくなら 秋の終りに するがいい ひとり冬越す

花と狼

北島三郎

作詞:奥野椰子夫

作曲:関野幾生

歌詞:義理と 人情のだんだら格子 惚れてまたいだこの敷居 苦労くの字にからだを曲げて みがく

喧嘩辰

北島三郎

作詞:有近朱実

作曲:関野幾生

歌詞:恋とゆう奴あどえらい奴だ 俺を手玉に とりやがる 惚れてなるかと力んじゃみたが 泣かぬつもりを泣かされて

夢人(おじゃる丸 満月ロード危機一髪 ED)

北島三郎

作詞:大地土子

作曲:大地土子

歌詞:(Na Na Na…) 花は咲き誇り 鳥は歌いだす

北島三郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:原譲二

歌詞:この世には 眼には見えない橋がある 親子を繋ぐ 橋がある 這えば立て

海鳥の島

北島三郎

作詞:中山大三郎

作曲:中村千里

歌詞:潮が変われば にしんがもどる にしんがもどれば せがれがもどる じいさんひとり

花の生涯

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:人は何かに 打ち込むときの 姿がいちばん 美しい これが仕事と

男の夢

北島三郎

作詞:大屋詩起

作曲:原譲二

歌詞:意地を通した 一念が 錆びた魂を 磨くのさ やると決めたら

越後情話

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:角巻の 雪を払いながら 熱燗にしてと 女は声をかける おちょぼ唇してさ

北の漁場

北島三郎

作詞:新條カオル

作曲:櫻田誠一

歌詞:いのち温めて 酔いながら 酒をまわし飲む 明日の稼ぎを 夢に見て

漁歌

北島三郎

作詞:山田孝雄

作曲:浜圭介

歌詞:俺が網を引くのはよ 可愛い女房と子供によ 腹一杯 飯を 食わすためなんだよ

女がひとり

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:貴女を死ぬ程 愛したことは 今でも本当に 幸せでした 季節は流れて

のぼり坂

北島三郎

作詞:北川文化

作曲:原譲二

歌詞:いつかおふくろ 言っていた 笑う門には 福が来る 人には寄り添い

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:流れる雲の 移り気よりも 動かぬ山の 雪化粧 ガンコ印の

令和音頭

北島三郎

作詞:麻こよみ

作曲:原譲二

歌詞:ハァー 昇る太陽 燦々と 変わる時代の 幕が開く

北島三郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:原譲二

歌詞:母さん おふくろ 母ちゃんと 呼び名はいろいろ あるけれど

剛気

北島三郎

作詞:木津夢人

作曲:木津夢人

歌詞:のぼる朝日を 夷隅にうけて はるか輝く 箱根富士 天下とうとび

俺がやらなきゃ誰がやる

北島三郎

作詞:八反ふじを

作曲:島津伸男

歌詞:強い強いと おだてちゃ困る 強いばかりが 能じゃない 馬鹿を承知の

北島三郎

作詞:木下龍太郎

作曲:原譲二

歌詞:ここでいいなら 頂上だけど 先を見上げりゃ まだ中半 男なりゃこそ

北海太鼓

北島三郎

作詞:星の哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:根性だけでは だめだけど やる気がなけりゃ もっとだめ 八分の斗志

人在りて

北島三郎

作詞:志賀大介

作曲:原譲二

歌詞:運を天から 貰うには 努力印しの 手形がいるぜ 右も左も

浪人独り旅

北島三郎

作詞:結束信二

作曲:阿部皓哉

歌詞:蒼い風が 吹いていた 白い雲が 呼んでいる 噂尋ねて

親のない子の子守唄

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:ねんねん ねんねこ ねんころり 親のない子の 子守唄

北島 三郎(きたじま さぶろう、1936年(昭和11年)10月4日 - )は、日本の演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家、馬主。 『函館の女』に始まる「女」シリーズ、『兄弟仁義』などの「任侠」シリーズなど、数多くのヒット曲がある。 一般にはサブちゃんという愛称で呼ばれているが、原 譲二(はら じょうじ)のペンネームでも知られ、自身の楽曲の作詞・作曲ばかりでなく自身の舞台のシナリオ・演出や、北島ファミリーはじめ、他の演歌歌手への楽曲提供等、マルチな活動を精力的に行っている。 作曲家・船村徹門下出身で、門下生で作る「船村徹同門会」(会長・鳥羽一郎)では名誉相談役を務める。 wikipedia