市川由紀乃の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 市川由紀乃
  3. 市川由紀乃の歌詞一覧

市川由紀乃の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月28日

132 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

おんな北港

市川由紀乃

歌詞:男の肩越し 窓越しに 一つ 二つ ホラ

海峡出船

市川由紀乃

歌詞:あなたの駅に 戻れぬように 列車を捨てた 港駅 未練の糸を

都わすれ

市川由紀乃

作詞: 吉田旺

作曲: 幸耕平

歌詞:都落ちだと 嗤われたって いいのいいのよ あなたとふたり 捨てるのよ東京を

女の潮路

市川由紀乃

作詞: 麻こよみ

作曲: 岡千秋

歌詞:最果ての 港に雪が降る ひとりで海鳴り 聞く夜更け あの日

命咲かせて

市川由紀乃

作詞: 石原信一

作曲: 幸耕平

歌詞:女心の 陽だまりに 情けしみます あなたがしみる まぶた閉じれば

折鶴

市川由紀乃

作詞: 安井かずみ

作曲: 浜圭介

歌詞:誰が教えてくれたのか 忘れたけれど折鶴を 無邪気だったあの頃 今は願いごと 折ってたたんで裏がえし

港町哀歌

市川由紀乃

作詞: 岡田冨美子

作曲: 幸耕平

歌詞:夢と知りつつ燃えました 紅差し指をやさしく噛めば 遠い汽笛が夕日を落とす 忘れ旅です 北の港町

由紀乃太鼓

市川由紀乃

歌詞:ハアー 生まれ関東 武蔵の国は いまじゃ呼び名も 彩の国

めばり川

市川由紀乃

作詞: 吉田旺

作曲: 幸耕平

歌詞:恋が終って 夜が更けりゃ とまり木迷子の 眸が濡れる からかわないでよ

心かさねて

市川由紀乃

作詞: 石原信一

作曲: 幸耕平

歌詞:愛をください 小さな愛を 寒い心に 灯りをひとつ 今は冷たい

織田信長

市川由紀乃

作詞: 北村桃児

作曲: 春川一夫

歌詞:生まれ育った此の日の本を 乱れ乱してなるものか 駒よいななけ信長の 鎧の胸に懸けた夢 征くは嵐の桶狭間

名月浅太郎

市川由紀乃

歌詞:一目見たさに 故郷に戻りゃ 昔ながらの 上州月夜 浮かれ囃しも

なごり歌

市川由紀乃

作詞: 吉田旺

作曲: 幸耕平

歌詞:オンボロロン ぼろぼろの ギター残して 行ったまま 帰らない

あなたがそばに

市川由紀乃

作詞: 石原信ー

作曲: 幸耕平

歌詞:静かな夜が来る 終りのベルが鳴る あなたがいた席も 明かりが消えてゆく 目を閉じつぶやくの

瀬戸の花嫁

市川由紀乃

作詞: 山上路夫

作曲: 平尾昌晃

歌詞:瀬戸は日暮れて 夕波小波 あなたの島へ お嫁にゆくの 若いと誰もが

緋牡丹博徒

市川由紀乃

作詞: 渡辺岳夫

作曲: 渡辺岳夫

歌詞:娘盛りを 渡世にかけて 張った体に 緋牡丹燃える 女の

横笛物語

市川由紀乃

作詞: 木下龍太郎

作曲: 弦哲也

歌詞:なんで逢っては 呉れぬのですか 一目だけでも いいものを 男ごころの

おんなの純情

市川由紀乃

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:あなたのそばに そばにいられたら わたしはどんなに 幸福でしょう きれいばかりが

逢いたいなぁ

市川由紀乃

歌詞:どんなに 心 ふるえても あなたがいるから 歌えます

国定忠治

市川由紀乃

歌詞:(台詞) 「赤城の山も今夜を限り、生れ故郷の国定の村や、縄張りを捨て、国を捨て、 可愛い子分の手前達とも別れ別れになる道途だ。」 強い者だけ

天城越え

市川由紀乃

作詞: 吉岡治

作曲: 弦哲也

歌詞:隠しきれない 移り香が いつしかあなたに 浸みついた 誰かに盗られる

能登絶唱

市川由紀乃

歌詞:袂でかばう 頬を打つ 能登半島は あられ雪 負けて弱音を

うたかたの女

市川由紀乃

作詞: たかたかし

作曲: 幸耕平

歌詞:どこであなたは 飲んでるの 時計の日付が 変わります 好きといわれて

なみだの桟橋

市川由紀乃

作詞: 杉紀彦

作曲: 市川昭介

歌詞:どこへ行くとも 言わないで 夜明けあの人 船の上 雨のデッキに

越前恋吹雪

市川由紀乃

歌詞:吠えるよに 波が逆巻く 押しよせる 涙が凍る 日本海

かげろう橋

市川由紀乃

作詞: 石原信一

作曲: 幸耕平

歌詞:かげろう燃え立つ 橋の上 あなたが消えてく 伸ばした指先 すり抜けて

秘桜

市川由紀乃

作詞: 吉田旺

作曲: 幸耕平

歌詞:まさか本気じゃないですね 弱音まじりの 別れ文 生きてゆけない ひとりでは

雪恋華

市川由紀乃

作詞: 石原信一

作曲: 幸耕平

歌詞:愛することが なぜ罪になる 追われてふたりは 冬の旅 別れ言葉を

あの鐘を鳴らすのはあなた

市川由紀乃

作詞: 阿久悠

作曲: 森田公一

歌詞:あなたに逢えてよかった あなたには希望の匂いがする つまずいて傷ついて泣き叫んでも さわやかな希望の匂いがする 町は今眠りの中

ペッパー警部

市川由紀乃

作詞: 阿久悠

作曲: 都倉俊一

歌詞:ペッパー警部 邪魔をしないで ペッパー警部 私たちこれから いいところ

氷雨

市川由紀乃

歌詞:飲ませてください もう少し 今夜は帰らない 帰りたくない 誰が待つと言うの

雨と涙に濡れて

市川由紀乃

作詞: たかたかし

作曲: 幸耕平

歌詞:夜の盛り場通り 傘もささないで 路地にかくれてひとり 私泣いてます 捨てた指輪が

流氷波止場

市川由紀乃

作詞: 喜多條忠

作曲: 幸耕平

歌詞:あなたどうして わたしを捨てた 北の果てです オホーツク やせた三日月

母ちゃんの浜唄

市川由紀乃

歌詞:夜がしらじら 明ける頃 姉さんかぶりで 浜仕事 投げ捨てられた

懐かしいマッチの炎

市川由紀乃

作詞: 阿久悠

作曲: 幸耕平

歌詞:ああ 懐かしいあの時代 一本のマッチの炎の中に・・・ 月が雲間に隠れて

女いちりん

市川由紀乃

作詞: 志賀大介

作曲: 宮下健治

歌詞:雨が降ったら 濡れましょう 風が吹いたら 揺れましょう それが浮世の

隠れ咲き

市川由紀乃

歌詞:離れ離れに 座っても 揃って降りる 湯の駅は いまも迷って

絆坂

市川由紀乃

歌詞:あなたと流した 涙の数で 幸せ決まると 人は言う 離さないでね

お市の方

市川由紀乃

作詞: 木下龍太郎

作曲: 岡千秋

歌詞:琵琶湖のほとり 妻として 暮らした月日 幻か お市の春は

寿 祝い唄

市川由紀乃

歌詞:お前達者でナー あんたも無事でヨー そろたそろたよ 笑顔の花が 今日はめでたい

最愛のひと

市川由紀乃

歌詞:も一度逢えるならば 離しはしないと 幾度思っただろう 悔み続けてた 一番好きな人は

鴨川の月

市川由紀乃

歌詞:紅を引く度 くちびるが あなた恋しと 淋しがる どうかお願い

ろくでなし

市川由紀乃

歌詞:古いこの酒場で たくさん飲んだから 古い思い出は ボヤケてきたらしい 私は恋人に捨てられてしまった

好きになった人

市川由紀乃

作詞: 白鳥朝詠

作曲: 市川昭介

歌詞:さよならさよなら 元気でいてね 好きな二人は いつでも逢える たとえ別れて

蝉しぐれ

市川由紀乃

作詞: 阿久悠

作曲: 幸耕平

歌詞:夏の日の 昼さがり 蝉しぐれ 聴きながら いとしい

年の瀬あじさい心中

市川由紀乃

作詞: 阿久悠

作曲: 幸耕平

歌詞:希望がないのなら 私が一緒に死んであげてもいい 年の瀬だもの それも似合う あじさい荘も

異邦人

市川由紀乃

歌詞:子供たちが空に向かい 両手をひろげ 鳥や雲や夢までも つかもうとしている その姿はきのうまでの

ここに幸あり

市川由紀乃

歌詞:嵐も吹けば 雨も降る 女の道よ なぜ険し 君を頼りに

唐獅子牡丹

市川由紀乃

作詞: 水城一狼 ..

作曲: 水城一狼

歌詞:義理と人情を 秤にかけりゃ 義理が重たい 男の世界 幼なじみの

残侠子守唄

市川由紀乃

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:『今日日「寄らば大樹の陰」とかいう言葉が 巾をきかせているようでございます。 楽をしようとする心が、 人間をだめにするのじゃないでしょうか。』 北の風吹きゃ北をむき

市川 由紀乃(いちかわ ゆきの、1976年1月8日 - )は、埼玉県さいたま市(旧・浦和市)出身の演歌歌手。本名・松村 真利(まつむら まり)。身長は170.5 cm、星座はやぎ座、血液型はA型。作曲家・市川昭介の門下で、「市川」も彼からもらった。所属レコード会社はキングレコード。所属事務所は芸映。 wikipedia