1. 歌詞検索UtaTen
  2. 加藤登紀子
  3. 加藤登紀子の歌詞一覧

加藤登紀子の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年5月9日

161 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

時には昔の話を(紅の豚 ED)

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:加藤登紀子

歌詞:時には昔の話をしようか 通いなれた なじみのあの店 マロニエの並木が窓辺に見えてた コーヒーを一杯で一日

知床旅情

加藤登紀子

作詞:森繁久弥

作曲:森繁久弥

歌詞:知床の岬に はまなすの 咲くころ 思い出しておくれ 俺たちの事を

広島 愛の川

加藤登紀子

作詞:中沢啓治

作曲:山本加津彦

歌詞:愛を浮かべて川流れ 水の都の広島で 語ろうよ 川に向って 怒り、悲しみ、優しさを

ダニーボーイ

加藤登紀子

作詞:アイルランド民謡..

作曲:アイルランド民謡

歌詞:夏は去り バラの花も散り あなたは今出てゆく 角笛の呼んでる響きを おお

蒙古放浪の歌

加藤登紀子

作詞:村岡昊

作曲:園山民平

歌詞:心猛くも 鬼神ならず 人と生まれて 情はあれど 母をみ捨てて

百万本のバラ

加藤登紀子

作詞:A.Vaznesenskij

作曲:R.PAULS

歌詞:小さな家とキャンバス 他には何もない 貧しい絵かきが 女優に恋をした 大好きなあの人に

琵琶湖周航の歌

加藤登紀子

作詞:小口太郎

作曲:イギリス民謡

歌詞:我は湖の子 放浪の 旅にしあれば しみじみと 昇る狭霧や

二本の糸

加藤登紀子

作詞:永六輔..

作曲:加藤登紀子

歌詞:二本の糸が奏で歌う 天と地、空と海、風と雲、森と川 二本の糸が語り歌う 花と鳥、男と女、夫と妻、親と子

未来への詩(NHK「ラジオ深夜便」"深夜便のうた")

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:加藤登紀子

歌詞:Pray Forever, Sing For Future

赤い風船

加藤登紀子

作詞:水木かおる

作曲:小林亜星

歌詞:赤い風船 手にもって 走ったり

芭蕉布

加藤登紀子

作詞:吉川安一

作曲:普久原恒勇

歌詞:海の青さに 空の青 南の風に 緑葉の 芭蕉は情に

宛のない手紙

加藤登紀子

作詞:ぺク..

作曲:ぺク..

歌詞:おまえの肩を抱きとめて たったひとつ尋ねたいことがある どうしてあなたは死んだのか どうしてあなたは敗れたのか

さくらんぼの実る頃(映画 紅の豚 主題歌)

加藤登紀子

作詞:J.B.Clement

作曲:A.Renard

歌詞:Quand nous chanterons le temps

子連れ狼

加藤登紀子

作詞:小池一雄

作曲:吉田正

歌詞:「小高い丘の城跡のくずれかけた東家で その子は父を待っていた。 この日の朝には帰るはずの父であった。 それが三ツ目の朝となり、四ツ目の夜が来て、 五ツ目の朝が雨だった。」

思春記

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:加藤登紀子

歌詞:愛がまぶしすぎて あなたが遠くに見えるわ 言葉で言えないこの想い どうしたら届くの 海の風の中を

ANAK(息子)

加藤登紀子

作詞:Freddie Aguilar..

作曲:Freddie Aguilar

歌詞:母の胸に抱かれて おまえは生まれた 喜びの朝をはこんで 寝顔を見つめるだけで うれしさがあふれる

海辺の恋

加藤登紀子

作詞:佐藤春夫

作曲:小椋佳

歌詞:こぼれ松葉をかきあつめ おとめのごとき君なりき こぼれ松葉に火をはなち わらべのごときわれなりき

酒は大関

加藤登紀子

作詞:小林亜星

作曲:小林亜星

歌詞:白い花なら百合の花 人は情と男だて 恋をするなら命がけ 酒は大関 心意気

あまのじゃく

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:加藤登紀子

歌詞:「大丈夫」って言ったけど 「大丈夫じゃないよ」って聞こえたよ 「頑張ってね」って言うかわりに 「頑張らなくていいよ」って笑うのね

夜の通行人に捧ぐ Hommage au passant d'un soir

加藤登紀子

作詞:Yves Duteil..

作曲:Yves Duteil

歌詞:あの夜が僕の すべてのはじまり そんなことなど 気づくはずもない ただ淋しくて

ふるさとは忘れない

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:加藤登紀子

歌詞:どこまでも遠く 果てしない旅路を 何を求め見つめて 何をさがしているの ふるさとは

この空を飛べたら

加藤登紀子

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

歌詞:空を飛ぼうなんて 悲しい話を いつまで考えているのさ あの人が突然 戻ったらなんて

美しき20歳

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:加藤登紀子

歌詞:はじめてのキス こわされた窓 かわした約束 感じたまま

私のヴァンサンカン

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:加藤登紀子

歌詞:こんな日があったことなど いつか 誰もが忘れてしまうだろう もう二度と逢えるはずのない人の 淋しい横顔見つめていた

黒い瞳の

加藤登紀子

作詞:ロシア民謡..

作曲:ロシア民謡

歌詞:黒い瞳の 若者が 私の心を とりこにした

別れの数え唄

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:加藤登紀子

歌詞:ひとつ 日が暮れて ふたつ 船が出る みっつ

リリー・マルレーン

加藤登紀子

作詞:Hans Leip..

作曲:Nohert Schultze

歌詞:ガラス窓に灯がともり きょうも町に夜がくる いつもの酒場で陽気に騒いでる リリーリリーマルレーン リリーリリーマルレーン

海からの願い

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:加藤登紀子

歌詞:生まれたばかりの魚のように 初めて知った 水の冷たさ ふるさとの 川の流れに

酔いどれ女の流れ唄

加藤登紀子

作詞:みなみらんぼう

作曲:みなみらんぼう

歌詞:酔いどれ女が 今夜もひとり 酒場でグラスを 抱いている まつげを濡らして

まっすぐ見つめたい

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:加藤登紀子

歌詞:まっすぐあなたを見つめたい 揺れる思いを胸にとめて まっすぐあなたを見つめたい あふれる愛がとどくまで 朝の日射し

時代おくれの酒場

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:加藤登紀子

歌詞:この街には不似合な 時代おくれのこの酒場に 今夜もやって来るのは ちょっと疲れた男たち 風の寒さをしのばせた

帰りたい帰れない

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:加藤登紀子

歌詞:淋しかったら 帰っておいでと 手紙をくれた 母さん元気 帰りたい

わが麗しき恋物語 Ma plus belle histoire d'amour

加藤登紀子

作詞:Barbara..

作曲:Barbara

歌詞:あなたにだけは 全部つたえたいの 私の恋物語 はじめての恋はまだ十五の少女 青いひざ抱いてた

風の舟唄

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:佐藤勝

歌詞:あんたの背中に 赤い夕陽がおちて ヒュアラリー 西の山々 もう暗い

愛がとどかない

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:VOICE

歌詞:カラカラまわってる 迷い子の風車 朝焼けが染めている 鏡の中 誰よりも浮気な

大きな樹の物語

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:加藤登紀子

歌詞:100年後も生きてるだろう 大きな樹の物語 雨の日の記憶も晴れの火照りも 刻まれて行く大きな樹の歌に

ともだち あなた 戦う心

加藤登紀子

作詞:永六輔..

作曲:加藤登紀子

歌詞:淋しさには耐えられる 悲しみにも耐えてみよう 苦しさにも耐えてみた 耐えてみたんだ でも耐えられない

山はふるさと(祝日 「山の日」 制定記念曲)

加藤登紀子

作詞:吉井省一

作曲:都倉俊一

歌詞:山はわたしに教えてくれる 森の緑のやさしさを 山はみんなに話してくれる 強く生きてく喜びを

永六輔 加藤登紀子に送る未発表歌詞

加藤登紀子

作詞:永六輔

作曲:加藤登紀子

歌詞:淋しさには耐えられる 悲しみにも耐えてみよう 苦しさにも耐えてみて 耐えて耐えて 耐えられないのは虚しさ

川は流れる

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:加藤登紀子

歌詞:川は流れる ずっとずっと昔から ただひたすらに だまりこんだままで どこから来て

パダンパダン

加藤登紀子

作詞:H.Contet..

作曲:N.Glanzberg

歌詞:夜でも昼でも つきまとうあの歌 生まれたばかりの 遠い昔から 愛した男たちの

My Song My Love

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:加藤登紀子

歌詞:My Song My Love 言葉はもう

今どこにいますか

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:加藤登紀子

歌詞:今どこにいますか 寒くはないですか お腹はすいてませんか 眠る場所はありますか

千の風になって

加藤登紀子

作詞:不詳..

作曲:新井満

歌詞:私のお墓の前で 泣かないでください そこに私はいません 眠ってなんかいません 千の風に

少年は街を出る

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:採譜:加藤登紀子

歌詞:朝焼けのこの街を 一人出かけてゆく 片手に荷物をさげ 口笛吹きながら

寝た子を起こす子守唄

加藤登紀子

作詞:阿木燿子

作曲:宇崎竜童

歌詞:夜更けのラジオ 小さくして 溜息をついている 出した葉書読まれなくても 今は慰めさ

愛さずにはいられない

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:加藤登紀子

歌詞:愛なんてどうでもいいと 言ってた私 それは嘘 好きな人が そこにいたら

18の頃 -Chez Maria-

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子

作曲:加藤登紀子

歌詞:Chez Maria いとしい日々を Chez Maria

雑踏

加藤登紀子

作詞:M.Rivgauche..

作曲:A.Cabral

歌詞:覚えていますかあなたは あの夜の出来事 うかれた街のにぎわいに 疲れ果てて一人 よろめく私を突然に

人生にようこそ! -Viens vivre

加藤登紀子

作詞:加藤登紀子..

作曲:三井誠

歌詞:Du haut de cette colline

加藤 登紀子(かとう ときこ、本名:藤本 登紀子、1943年12月27日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、女優。「おときさん」の愛称で親しまれている。 現在は星槎大学共生科学科の客員教授でもある。次女は歌手のYae。血液型O型。 wikipedia