加藤登紀子の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 加藤登紀子
  3. 加藤登紀子の歌詞一覧

加藤登紀子の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月29日

166 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

時には昔の話を(紅の豚 ED)

加藤登紀子

歌詞:時には昔の話をしようか 通いなれた なじみのあの店 マロニエの並木が窓辺に見えてた コーヒーを一杯で一日

知床旅情

加藤登紀子

作詞: 森繁久弥

作曲: 森繁久弥

歌詞:知床の岬に はまなすの 咲くころ 思い出しておくれ 俺たちの事を

琵琶湖周航の歌

加藤登紀子

作詞: 小口太郎

歌詞:我は湖の子 放浪の 旅にしあれば しみじみと 昇る狭霧や

百万本のバラ

加藤登紀子

作詞: A.Vaznesenskij

作曲: R.PAULS

歌詞:小さな家とキャンバス 他には何もない 貧しい絵かきが 女優に恋をした 大好きなあの人に

蒙古放浪の歌

加藤登紀子

作詞: 村岡昊

作曲: 園山民平

歌詞:心猛くも 鬼神ならず 人と生まれて 情はあれど 母をみ捨てて

黒い瞳の

加藤登紀子

歌詞:黒い瞳の 若者が 私の心を とりこにした

ダニーボーイ

加藤登紀子

歌詞:夏は去り バラの花も散り あなたは今出てゆく 角笛の呼んでる響きを おお

ANAK(息子)

加藤登紀子

歌詞:母の胸に抱かれて おまえは生まれた 喜びの朝をはこんで 寝顔を見つめるだけで うれしさがあふれる

寝た子を起こす子守唄

加藤登紀子

作詞: 阿木燿子

作曲: 宇崎竜童

歌詞:夜更けのラジオ 小さくして 溜息をついている 出した葉書読まれなくても 今は慰めさ

愛のくらし

加藤登紀子

作詞: 加藤登紀子

作曲: T.Children ..

歌詞:この両手に 花をかかえて あの日 あなたの 部屋をたずねた

芭蕉布

加藤登紀子

歌詞:海の青さに 空の青 南の風に 緑葉の 芭蕉は情に

酒がのみたい

加藤登紀子

作詞: Barton Crane

作曲: Barton Crane

歌詞:酒飲みは 酒飲めよ 酒があれば オイ 怠け者

夜の通行人に捧ぐ Hommage au passant d'un soir

加藤登紀子

作詞: Yves Duteil

作曲: Yves Duteil

歌詞:あの夜が僕の すべてのはじまり そんなことなど 気づくはずもない ただ淋しくて

18の頃 -Chez Maria-

加藤登紀子

歌詞:Chez Maria いとしい日々を Chez Maria

愛の讃歌

加藤登紀子

歌詞:もしも空が裂けて 大地が崩れ落ちても 私はかまわない あなたといるなら あなたの腕の中で

さくらんぼの実る頃(映画 紅の豚 主題歌)

加藤登紀子

作詞: J.B.Clement

作曲: A.Renard

歌詞:Quand nous chanterons le temps

私は一人片隅で Et moi dans mon coin

加藤登紀子

歌詞:あなた あなた きっと好きなのね あの娘の事が 気になるのね

美しき20歳

加藤登紀子

歌詞:はじめてのキス こわされた窓 かわした約束 感じたまま

この空を飛べたら

加藤登紀子

歌詞:空を飛ぼうなんて 悲しい話を いつまで考えているのさ あの人が突然 戻ったらなんて

誰も誰も知らない

加藤登紀子

歌詞:愛し 愛し 愛しあっても 何故か 何故か

ラ・ボエーム La boheme

加藤登紀子

歌詞:二十歳の頃の話をしよう あの頃僕は 小さな部屋で 君と暮らした リラの花が

悲しみよ河になれ

加藤登紀子

歌詞:水の流れに 身をしずめ まぶしい日射しに 目をとじれば 遠いあの日の

愛のよろこび Plaisir d'amour

加藤登紀子

歌詞:愛のよろこび そのかがやきが 長い旅路をてらす光 ふたつの

時代おくれの酒場

加藤登紀子

歌詞:この街には不似合な 時代おくれのこの酒場に 今夜もやって来るのは ちょっと疲れた男たち 風の寒さをしのばせた

黒の舟唄

加藤登紀子

作詞: 能吉利人

作曲: 桜井順

歌詞:男と女の間には ふかくて暗い河がある 誰も渡れぬ河なれど エンヤコラ 今夜も舟を出す

命結-ぬちゆい

加藤登紀子

歌詞:はなれても 忘れない 美しい このふるさと 山に咲く

戦争は知らない

加藤登紀子

歌詞:野に咲く花の 名前は知らない だけども野に咲く 花が好き ぼうしにいっぱい

ひとり寝の子守唄

加藤登紀子

歌詞:ひとりで 寝る時にゃよォー ひざっ小僧が寒かろう おなごを抱くように あたためておやりよ

花筐~Hanagatami~

加藤登紀子

歌詞:別れがくる前に もいちど抱きしめて 最後のくちづけが 永遠に消えない花筐

海辺の旅

加藤登紀子

作詞: 岩谷時子

作曲: 木下忠司

歌詞:ひかりの空へ ひびけ愛の歌 こころの海を 白い船がゆく 幸せはなぜか

未来への詩(NHK「ラジオ深夜便」"深夜便のうた")

加藤登紀子

歌詞:Pray Forever, Sing For Future

バラ色の人生

加藤登紀子

作詞: Edith Piaf

作曲: Louiguy

歌詞:どんな苦しみが 身を引き裂こうと 愛がある限り すべてはバラ色 あなたの胸に抱かれてると

東崎

加藤登紀子

作詞: 喜納昌吉

作曲: 喜納昌吉

歌詞:与那国ぬ 島に渡てぃ 東崎 登てぃ

されどわが心

加藤登紀子

歌詞:去りゆくものは 日々にうとし 花の生命は短い 燃える炎は いつか消え

鳳仙花

加藤登紀子

作詞: 金享俊 ..

作曲: 洪欄坂

歌詞:ウルミデソン ボンソンファヤ ネモヤンイ チョリャンハダ キルゴギンナル

つなぐ命

加藤登紀子

歌詞:光を浴びて芽ぐむ花 恵みの雨に踊る木々 自由に空を泳ぐ鳥 水面に跳ねる魚たち ちいさな命

おくりもの

加藤登紀子

歌詞:あなたにあげたいもの いちばんあげたいもの 春には わたしのそだてた花 夏には

別れの数え唄

加藤登紀子

歌詞:ひとつ 日が暮れて ふたつ 船が出る みっつ

酒は大関

加藤登紀子

作詞: 小林亜星

作曲: 小林亜星

歌詞:白い花なら百合の花 人は情と男だて 恋をするなら命がけ 酒は大関 心意気

自由に生きるってどんなことだろう

加藤登紀子

歌詞:大きなものにまかれたくないと しこしこ自分らしく生きて来たんだ 強いものから逃げて来たわけじゃないが 強くなればなるほど無理をさせられる

孤独 Solidao

加藤登紀子

歌詞:地獄に堕ちたわ あなたを愛した時から 誘惑 裏切り はてしない孤独

La Vie -今ここにいること-

加藤登紀子

歌詞:Dans la vie, ce voyage

江の川晩歌

加藤登紀子

歌詞:誰が名付けたかこの川を あばれ川と人は言う 喜び悲しみ憧れを 悠揚はぐくむ江の川

花はどこへ行った

加藤登紀子

作詞: ピート ..

作曲: ピート ..

歌詞:どこへ行ったの 野に咲く花は 遠い昔 そして今も 野に咲く花は

大きな樹の物語

加藤登紀子

歌詞:100年後も生きてるだろう 大きな樹の物語 雨の日の記憶も晴れの火照りも 刻まれて行く大きな樹の歌に

いく時代かがありまして

加藤登紀子

歌詞:いく時代かがありまして 茶色い戦争もありました いく時代かがありまして 死んだ人もありました いく時代かがすぎてゆき

わが人生に悔いなし

加藤登紀子

歌詞:鏡に映る わが顔に グラスをあげて 乾杯を たった一つの

野ばらの夢

加藤登紀子

歌詞:ゆくあてのない涙 何処へ流れてゆく 消えない面影 どれほど見つめて 砂漠の旅のように

ロンド -輪舞-

加藤登紀子

作詞: 加藤登紀子

作曲: 星勝

歌詞:人生はロンド まわる まわる かなしみ よろこび

富士山だ

加藤登紀子

作詞: 阿久悠

作曲: 加藤登紀子

歌詞:富士山だ 富士山だ 富士山だ 富士山だ 富士山だ

加藤 登紀子(かとう ときこ、本名:藤本 登紀子、1943年12月27日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、女優。「おときさん」の愛称で親しまれている。 現在は星槎大学共生科学科の客員教授でもある。次女は歌手のYae。血液型O型。 wikipedia