1. 歌詞検索UtaTen
  2. 氷川きよし
  3. 氷川きよしの歌詞一覧

氷川きよしの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年4月17日

486 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

限界突破xサバイバー(フジテレビ「ドラゴンボール超」オープニング曲)

氷川きよし

作詞:森雪之丞

作曲:岩崎貴文

歌詞:興奮すっゾ!宇宙へ GO! 最先端の"夢中"をどう! この手に掴むよ 素っ頓狂に笑ってタイ!

南風

氷川きよし

作詞:かず翼

作曲:水森英夫

歌詞:希望をひとつ 列車に乗せて もいちど夢を 走らせた 名前も知らずに

きよしのズンドコ節

氷川きよし

作詞:松井百利夫

作曲:水森英夫

歌詞:(ズン ズン ズン ズンドコ ズン

おんな花笠 紅とんぼ

氷川きよし

作詞:松井由利夫

作曲:水森英夫

歌詞:風の吹きよで てのひら返す 人の心と 枯落葉 そんな浮世を

炭坑節

氷川きよし

作詞:高橋掬太郎

作曲:福岡県民謡

歌詞:月が出た出た 月が出た (ヨイヨイ) 三池炭坑の 上に出た

おてもやん

氷川きよし

作詞:熊本県民謡

作曲:熊本県民謡

歌詞:おてもやん あんたこの頃 嫁入りしたでは ないかいな 嫁入りしたこたァ

たわむれのエチュード

氷川きよし

作詞:松井五郎

作曲:水森英夫

歌詞:翳りの月に 身を隠し 思わずふれた 指の先

雨とルージュ

氷川きよし

作詞:かず翼

作曲:国安修二

歌詞:さよならと言葉では 言えたのにどうして ここから動けない 瞳のその奥に まだ愛を探してる

一番星よ こんばんは

氷川きよし

作詞:喜多條忠

作曲:蔦将包

歌詞:一番星よ こんばんは そこから見える 東京の スカイツリーは

恋初めし

氷川きよし

作詞:永井龍雲

作曲:永井龍雲

歌詞:ひとはひとを 好きになり こころの不思議を 悟る 風そよぐ花

男花

氷川きよし

作詞:梅原晃..

作曲:梅原晃

歌詞:荒れ狂う 怒号の海が 掻き立てる この胸を 男の夢だと啖呵を切って

箱根八里の半次郎

氷川きよし

作詞:松井由利夫

作曲:水森英夫

歌詞:廻し合羽も 三年がらす 意地の縞目も ほつれがち 夕陽背にして

龍翔鳳舞

氷川きよし

歌詞:龍がうねって 鳳が舞う 心は果てない 天空であれ 行く手さえぎる

惚れて一生

氷川きよし

作詞:たきのえいじ

作曲:宮下健治

歌詞:西の祇園に 東の三社 恋の門出の 華舞台 一億二千の

貴男がすべて・・・

氷川きよし

作詞:仁井谷俊也

作曲:宮下健治

歌詞:あなた愛して 傷ついた それでもいいのよ 好きだから 泣いて涙も

きよしのソーラン節

氷川きよし

作詞:松井由利夫

作曲:水森英夫

歌詞:ヤーレンソーランソーランソーラン ソーランソーラン ハイハイ 空の青さを ドカンと浴びりゃ

刃傷松の廊下

氷川きよし

作詞:藤間哲郎

作曲:桜田誠一

歌詞:勅使下向の 春弥生 いかに果さん 勤めなん 身は饗応の

面影の都

氷川きよし

作詞:仁井谷俊也

作曲:杜奏太朗

歌詞:水の都の 黄昏どきは あの人 この人 空似の人が行く

ダイナマイトが百五十屯

氷川きよし

作詞:関沢新一

作曲:船村徹

歌詞:烏の野郎 どいていな とんびの間抜けめ 気をつけろ 癪なこの世の

人情取手宿

氷川きよし

作詞:松井由利夫

作曲:水森英夫

歌詞:化粧回しに 男の意地を かけて夢みて ひと昔 利根の流れは

詩吟・春望~白雲の城

氷川きよし

作詞:杜甫..

作曲:水森英夫

歌詞:国破れて山河在り 城春にして草木深し… 夢まぼろしの 人の世は

磯千鳥

氷川きよし

作詞:かず翼

作曲:水森英夫

歌詞:むせぶ小島の 遠灯り 呼べど帰らぬ 父母恋し ねえさん…

笑おうじゃないか

氷川きよし

作詞:原文彦

作曲:岡千秋

歌詞:谷の数だけ 山もある 落ちりゃもいち度 登りゃいい。 たかが人生

じょんがら挽歌

氷川きよし

作詞:下地亜記子

作曲:宮下健治

歌詞:船も見えない 鴎も飛ばぬ 波は砕けて しぶき飛ぶ すすり泣くのは

青春の城下町

氷川きよし

作詞:西沢爽

作曲:遠藤実

歌詞:流れる雲よ 城山に のぼれば見える 君の家 灯りが窓に

はぐれ夢

氷川きよし

作詞:かず翼

作曲:水森英夫

歌詞:思い出たどれば 心に今も あなたと言う名の 雪が降る 二人暮らした

大利根月夜

氷川きよし

作詞:横井弘

作曲:中野忠晴

歌詞:あれを御覧と 指さす方に 利根の流れを ながれ月 昔笑うて

流れ星

氷川きよし

作詞:水木れいじ

作曲:水森英夫

歌詞:どこにいる どこにいる あの女しあわせか 呼んでみる 呼んでみる

越後獅子の唄

氷川きよし

作詞:西條八十

作曲:万城目正

歌詞:笛にうかれて 逆立ちすれば 山が見えます ふるさとの わたしゃ孤児

カラスの口紅

氷川きよし

作詞:高田ひろお

作曲:佐瀬寿一

歌詞:塒 奥飛騨 深山だよ カラスが口紅 つけて飛ぶ

君は心の妻だから

氷川きよし

作詞:なかにし礼

作曲:鶴岡雅義

歌詞:愛しながらも 運命に敗けて 別れたけれど 心はひとつ ぼくの小指を

かずら橋旅唄

氷川きよし

作詞:かず翼

作曲:宮下健治

歌詞:桜が散るよな あの娘の涙 一粒しみてる 胸の中 祖谷の七谷

獅子

氷川きよし

作詞:かず翼

作曲:大谷明裕

歌詞:谷は千尋 獅子なれば 父は我が子の 勇気を試す 転がり落ちた

古城

氷川きよし

作詞:高橋掬太郎

作曲:細川潤一

歌詞:松風騒ぐ 丘の上 古城よ独り 何偲ぶ 栄華の夢を

きよしのへっちゃらマンボ

氷川きよし

作詞:仁井谷俊也

作曲:宮下健治

歌詞:ふられちゃってマンボ へっちゃらちゃらちゃらマンボ 笑いとばしてマンボ へっちゃらちゃらちゃらマンボ

天竜しぐれ

氷川きよし

作詞:仁井谷俊也

作曲:杜奏太朗

歌詞:天竜しぐれに 降られて濡れて 流れ流れの ギター弾き 明日は何処やら

限界突破×サバイバー

氷川きよし

作詞:森雪之丞

作曲:岩崎貴文

歌詞:興奮すっゾ!宇宙へGO ! 最先端の"夢中"をどう! この手に掴むよ 素っ頓狂に笑ってタイ!

氷川きよし

作詞:chalaza

作曲:chalaza

歌詞:暗闇にただひとりで堕ちてゆけば 帰らない あなたの姿 夢に見るいまでも

満天の瞳(ほし)

氷川きよし

作詞:村山由佳

作曲:大谷明裕

歌詞:満天の瞳が出会うとき 心とこころは結ばれる いつか生まれ変わっても きみをもいちど愛したい

残雪の町

氷川きよし

作詞:水木れいじ

作曲:杜奏太朗

歌詞:ふたりがいつしか 恋仲と 気づいた朝は 雪だった 風花舞い散る

港の花

氷川きよし

作詞:仁井谷俊也

作曲:桧原さとし

歌詞:愛していると 言ったじゃないか 幸せすぎると 泣いたじゃないか 三ヶ月暮らして

浅草人情

氷川きよし

作詞:松井由利夫

作曲:水森英夫

歌詞:ひとつたのむと 肩叩かれりゃ 横にゃ振れない 首根っこ そんな気性が

白雲の城

氷川きよし

作詞:松井由利夫

作曲:水森英夫

歌詞:夢まぼろしの 人の世は 流れる雲か 城の跡 苔むすままの

北の一番船

氷川きよし

作詞:かず翼

作曲:宮下健治

歌詞:ハァー 夜明け間近に 錨を巻けば ゴムの合羽に

Jewel

氷川きよし

作詞:伊藤薫

作曲:伊藤薫

歌詞:いつもと同じ朝の風も なぜか光って見えるのは あなたと出逢ったあの日から um… あたたかい

二度泣き橋

氷川きよし

作詞:喜多條忠

作曲:大谷明裕

歌詞:北の寒さに 襟立てて 駅に降り立つ 人はみな 人はみな

素敵なバースディ

氷川きよし

作詞:冬弓ちひろ

作曲:伊藤薫

歌詞:ハッピー ハッピー バースディ トゥー ユー

旅の酒

氷川きよし

作詞:森坂とも

作曲:水森英夫

歌詞:北の外れで 飲む酒は 人の温もり 燗の酒 生きてる匂いが

武田節

氷川きよし

作詞:米山愛紫

作曲:明本京静

歌詞:甲斐の山々 陽に映えて われ出陣に うれいなし おのおの馬は

口笛の港

氷川きよし

作詞:かず翼

作曲:大谷明裕

歌詞:船の灯りが またたいて 呼んでいるよに 泣く霧笛 港裏町

氷川 きよし(ひかわ きよし、1977年〈昭和52年〉9月6日 - )は、日本の演歌歌手である。 本名:山田 清志(やまだ きよし)。身長178cm。体重64kg。血液型はA型。レコード会社は日本コロムビア、芸能事務所は長良プロダクションに所属する。現代調ポップス系の楽曲を発表する際はKIYOSHI名義でも活動する。 wikipedia